買取できないロレックスの特徴は?故障したものを売る際の注意点

公開日:2022年1月13日
最終更新日:2022年3月16日

「買取できないロレックス(ROLEX)なんてあるの?」
「店舗の営業時間に間に合わないから、高価買取をしてくれる宅配買取サービスを探している。」
「ロレックスの故障品を査定してもらう時に、箱や保証書などの付属品は必要?」

このように、持っているロレックスを買取依頼に出したいけど、よく分からないことが多く踏みとどまっている方もいるのではないでしょうか。

こちらでは、ロレックスでも買取できないケースや故障したロレックスを買取してもらう際の注意点を紹介します。

本記事を読むことで、どのようなものが買取可能なのかを理解することができるでしょう。

ロレックスの買取についてより詳しく知りたいという方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

 

買取できない腕時計の基礎知識

ガラスに傷が入ってしまったなど、腕時計の破損のパターンには、様々な種類のものがあります。破損具合や破損した箇所によって、買取をしてもらえるかが決まる傾向があることを知っておく必要があります。

こちらでは、買取できない腕時計の基礎知識や、ロレックスが故障しても買取されやすい理由などについて説明していくため、腕時計の買取を考えている方は参考にしてみてください。

 

通常の腕時計で買取できないケース

ケースが破損している、文字盤が割れている、時計の針が止まっているなどの修理が大変な故障をしている腕時計は、修理費用の方が高くつく場合があるため買取できない可能性があります。

修理した時計を再度販売しても、儲けが得られないと判断されると買取不可になってしまうのです。ただし、一部の人気ブランドは故障していても、買取可能となるケースもあるため、店頭買取などで査定額を見積もってもらうのも1つの手です。

 

ロレックスが故障しても買取されやすい理由

ロレックスの時計は、世界中に愛好家やコレクターがいるため、例え故障していたとしても価格が落ちにくく、定価以上にプレミアの価格が付く製品も存在します。特に、デイトナやGMTマスターIIなどの人気モデルは、正規店でも手に入れるのが難しいでしょう。

ロレックスは、リセールバリューが高いため、買取業者は故障したロレックスを購入・修理しても費用の元を取ることができます。また、修理が難しくてもケースやパーツ自体にも需要があり販売も可能ということから、ロレックスは故障しても買取がされやすいといわれています。

 

ロレックスで買取できないケース

高値で取引される傾向のあるロレックスですが、修理不可能なレベルまで壊れているもの、非公式のダイヤモンドをカスタムしているものなどは買取できません。

ロレックスだから、何でも高値で取引されるとは限らないため気を付けましょう。こちらでは、このようなロレックスの買取ができないケースを詳しく紹介していきます。

 

アフターダイヤ

アフターダイヤとは、正規品ではないカスタム品のことで、主にダイヤモンドなどの宝飾品をケースやベゼル、文字盤などに新たに追加しているものを指します。

アフターダイヤのロレックスは、国内の業者ではほぼ取り扱われておらず、通常の買取業者での買取は難しいといえるでしょう。

しかし、ベゼルなどのダイヤモンドを取り付けたパーツが交換可能な場合は、正規品のパーツに交換できるため買取をしてもらえる場合があります。また、ケースに直接アフターダイヤが施されていても、ケース以外の正規の部品に価値があります。

 

偽物や盗品

当然ですが、ロレックスの偽物や盗品は買取を拒否されてしまいます。個人売買やネットオークション、フリマアプリなどで購入したものが、スーパーコピー品という場合もあるため気を付けましょう。

 

買取できないレベルまで破損したパーツやケース

前述で、ロレックスのパーツやケース自体も売ることができると説明しました。しかし、文字盤や針などの部品自体に甚大なダメージがあったり、ケースが曲がっていたりする場合は、修理が難しいでしょう。

これらの修理に対応するには多額の金額がかかり、利益率が大きく下がるため、買取店によっては断られるケースがあるのです。買取を考えている場合は、パーツやケースの状態もしっかり見ておきましょう。

 

故障したロレックスを買取してもらう際の注意点

次に、故障したロレックスを買取してもらうための注意点について説明していきます。

こちらで紹介するポイントを押さえて、買い取ってもらえる金額の向上を目指しましょう。

 

購入時の付属品を揃えておく

時計が故障していても、購入時の保証書や箱などの付属品も揃えておきましょう。

特に、ロレックスの場合だと箱ごと集めているコレクターもいることから、箱のみでも販売が可能です。また、保証書は、正規ルートで販売されたという証になるため、査定金額の向上が期待できます。

 

ロレックス専門の買取業者を選ぶ

故障したロレックスを専門に取り扱う買取業者も存在します。そのような業者は、自社に修理工場を持ち、修理して販売ができるため、比較的高く買い取ってくれる場合もあります。

また、ロレックスを売りに出す際には、公式ホームページなどで豊富な知識と経験を持った鑑定士が在籍しているかというのもチェックするとよいでしょう。

特に、ロレックスの人気の時計は、コレクターや愛好者などによって高く買い取ってくれる可能性が高いです。

 

グッドディールはロレックスや時計の査定・買取では豊富な実績があります。
お問い合わせはこちら
時計の買取について詳しく見る
ロレックスの買取について詳しく見る

 

故障したロレックスの買取に強い「グッドディール」

故障した際は、壊れた時計を積極的に取り扱ってくれる買取店を選ぶことが重要になってきます。壊れた時計の買取を得意としているかどうかは、過去の実績などを参考にするとよいでしょう。

「グッドディール」は、故障した高級時計の買取に強い買取サービスです。グッドディールのサイトには、買取実績に商品と買取価格が記載されているためぜひ参考にしてください。

 

グッドディールとは?

グッドディールは、高級腕時計、ブランド品、宝石・ジュエリー、貴金属、ワイン、切手、スマホなど幅広いジャンルで買取査定を行っています。

買取の流れは、「出張買取」と「宅配買取」の2つあります。どちらも自宅でできるため、価値のあるアイテムが見つかった場合は気軽に問い合わせてみましょう。

 

グッドディールが故障したロレックスの買取に強い理由

グッドディールが、故障したロレックスの買取に強い理由としては、自社でメンテナンスが可能なため修理にかかるコストをカットしやすいというものがあります。

また、グッドディールの運営会社は創業以来、時計の輸出をメインとして事業を拡大していることからロレックスの買取実績が多いことも特徴です。

 

グッドディールではロレックスをはじめ、積極的に時計の買取を行っております。
お問い合わせはこちら
時計の買取について詳しく見る
ロレックスの買取について詳しく見る

 

 

買取できないロレックスの特徴を知ろう

ロレックスは、腕時計の中でも人気のあるブランドなため、モデルや品物の状態によっては高価買取が期待できます。故障していてもパーツやケースのみを買い取ってくれる業者もあることを知っておきましょう。今回の記事を参考に、ロレックスでも買取できないケースについて知識を深め、買取査定の際に役立てください。

 

グッドディールではロレックスをはじめ、高級腕時計などの価値のあるものを適性な価値判断のもと、専門知識豊富なスタッフが査定・お買取りさせていただきます。お持ちの時計の価値を知りたい、コレクションを売却したい方はぜひグッドディールへ!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる