ロレックスの種類|モデル名から文字盤・ブレスレット・サイズまで

公開日:2022年3月7日
最終更新日:2022年3月10日

「ロレックスには、どんなモデルがあるのか詳しく知りたい。」
「ロレックスの腕時計は、どんなパーツで作られているのだろう?」
このような疑問を抱いている方も多いでしょう。

ロレックスは、高級腕時計の中でも知名度が高く、資産価値もあることが知られています。しかし、どのようなモデルがあって、どのような特色があるのか、詳しく知らない方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ロレックスが展開するモデルの種類や優れた点、腕時計の魅力を語る上で欠かせない、文字盤やブレスレットについて、詳しくご紹介します。

この記事を読むことで、ロレックスそれぞれのモデルの特徴や、ケースサイズの違いが理解でき、自分の好みやイメージに合わせた、時計選びができるでしょう。

ロレックスについて詳しく知りたい方は、この記事をチェックしてみてください。

 

ロレックスのモデルの主な種類

ロレックスは大きく3つのカテゴリに分けられています。愛用者が多く、運動に適した高い耐久性が魅力のスポーツモデル、フォーマルシーンに合った高級感が際立つドレスモデル、上記2つの利点を活かした中間のモデルが主に挙げられるでしょう。

以下で、ロレックスのモデルの主な種類についてご紹介します。

 

コスモグラフ デイトナ

「コスモグラフデイトナ」は、1963年に誕生したプロのレーサーのために開発されたスポーツウォッチです。24時間耐久レースとして有名なデイトナ・インターナショナル・スピードウェイにちなんで命名され、「デイトナ」とも呼ばれています。

国内外問わず、ロレックスの中でも特に愛用者の多い人気モデルです。また、ロレックスのスポーツウォッチの最上級モデルとして高価になりやすいですが、さらに生産終了した60~70年代のヴィンテージモデルは希少価値があり、価格の高騰が激しい傾向にあるでしょう。

 

大きな特徴として、クロノグラフを搭載しており、ストップウォッチ機能を長期間使用しても、時計の精度に影響が出ない設計になっています。その他に、ハイテクセラミック製のベゼルを使用しており、傷が付きにくく、紫外線にも強い特性があります。

 

出典:コスモグラフデイトナ|ROLEX

 

サブマリーナー

「サブマリーナー」は、1953年誕生の世界発のダイバーズウォッチです。300mの深度まで耐えられる高い防水性能が利点となっています。また、スタイリッシュな見た目も魅力の一つで、高い人気を誇っています。

 

文字盤の色は黒と緑の2種類があり、特に緑色は通称「グリーンサブ」と呼ばれ、人気が高いです。さらに、日付表示の有無で「デイト」「ノンデイト」の2種類に分けられています。

 

設計としては、三重密閉構造トリプロックリューズは圧倒的な防水性を誇り、逆回転防止ベゼルのエッジの刻みで潜水中でもしっかり時間を測ることが可能です。

 

出典:サブマリーナー|ROLEX

 

シードゥエラー

「シードゥエラー」は、1967年に「サブマリーナー」の上位モデルとして誕生したダイバーズウォッチです。

1220mの深度まで耐えられる防水性が特徴で、プロダイバーとの共同で製作されました。また、現行モデルである「D‐BLUE」は美しいグラデーションで人気があり、高値で取引されています。

大きな特徴は、特許を取得した時計用のヘリウム排出バルブで、潜水時に時計内に溜まったヘリウムを減圧の際に、安全に放出できるようになりました。

その後、3900mまで防水性を強化した上位モデルである「ディープシー」が開発されました。独自のリングロックシステムを採用し、防水性や耐圧性が強化されたのが注目されています。

出典:シードゥエラー|ROLEX

 

エクスプローラー

「エクスプローラー」は、1953年に誕生したアドベンチャーウォッチです。世界初のエベレスト登頂達成を記念して開発されました。ステンレス素材を使用したシンプルなデザインで、探検家の活動を支える機能性の追求がされています。

「エクスプローラー」のために、オイスタースチールを特別に開発しています。強度と輝きに優れ、厳しい環境下でも問題なく稼働します。

その後に開発された「エクスプローラーⅡ」は、自動で24時間で1周するオレンジ色の針の追加や、インデックスにクロマイト夜光が塗布され、昼夜の区別がつかない洞窟などでの機能性を、向上しました。

現在では、現行モデルである「216570」は、デザインが特徴的なため需要が高く、価格が上昇しています。

 

出典:エクスプローラー|ROLEX

GMTマスター

「GMTマスター」は、1955年に誕生したパイロットウォッチです。優れた機能性と頑丈な設計は、数多くのパイロットの評価を得ました。

大きな利点は、24時間針と両方向回転ベゼル搭載により、2つのタイムゾーンの時刻の同時表示が可能になったことが挙げられます。

その後、新しいムーブメントを搭載して開発された「GMTマスターⅡ」は、短針のみを微調整することで、3カ国の時刻の同時表示が可能になりました。

特に現行モデルである「126710BLRO」は、青と赤のベゼルが印象的で人気があります。

 

出典:GMTマスター|ROLEX

 

ヨットマスター

「ヨットマスター」は、1992年に発表されたマリンスポーツ用のスポーツウォッチです。

スポーツモデルでありながら、金かプラチナのみの素材を使用しているため、ラグジュアリーで華やかなデザインが魅力です。そのため、世界中のセレブを魅了し、現在でも愛用者を増やしています。

その後、機械式メモリーとカウントダウン機能を搭載した「ヨットマスターⅡ」が誕生し、ヨットレースのルールに合わせて、時間を正確に測定できることが可能になりました。

近年、文字盤と針のデザインが変化したため、新しいモデルは高い価格帯で取引されています。

 

出典:ヨットマスター|ROLEX

 

ミルガウス

「ミルガウス」は、1956年に誕生した科学の遺産と個性的なデザインが融合して開発されたモデルです。

強磁性の合金2種類を組み合わせて作られた磁気シールドによって、 1000ガウスの磁場に耐えられるのが特徴です。

アンティークモデルとして知られており、特に初期モデルは流通量が少ないため、相場が高騰しているのが現状でしょう。

 

出典:ミルガウス|ROLEX

 

エアキング

「エアキング」は、1958年に誕生したシンプルなデザインで比較的リーズナブルなモデルです。

飛行時間の計測に適したアワーマーカーの配置や、ブラックダイアルが特徴的です、防水性や性能などの従来の実用性を保っており、使いやすさも魅力として、ロレックスを初めて持つ人におすすめです。

一度は生産を終了しましたが、磁気シールドを搭載して製造を再開しました。

 

出典:エアキング|ROLEX

 

スカイドゥエラー

「スカイドゥエラー」は、2012年頃に誕生したパーペチュアルカレンダーを搭載した複合ウォッチです。美しく洗練されたデザインも魅力の一つで、非常にラグジュアリーな価格帯になっています。

クロマライトディスプレイを採用しており、暗闇でも時間を確認できます。また、ブルーの光を放つ発光素材も独自の設計です。

 

オイスターパーペチュアル

「オイスターパーペチュアル」は、1931年頃に誕生したロレックスを代表するクラシックウォッチです。

オイスターケースや自動巻きのパーペチュアルが搭載され、ロレックスの技術を集結して設計されました。ロレックスの原点とも言える歴史あるモデルで、現在でも広く愛されています。

 

デイトジャスト

「デイトジャスト」は、1945年に誕生した定番モデルの一つです。自動的に日付が変わる自動巻き防水クロノメーターや、ダイヤモンド入りやドームなど個性豊かなベゼルが大きな特徴です。

また、高級感がありながらシンプルなデザインで、時代を越えて幅広い層に選ばれ続け、購入者は現在でも絶えないでしょう。

 

出典:デイトジャスト|ROLEX

 

デイデイト

「デイデイト」は1956年に発表され、アメリカの大統領に贈られることで有名なハイクラスウォッチです。

重厚感のあるデザインと、ダイヤル上の小窓に日付とフルスペルの曜日が表示されるのが特徴です。

また、衝撃や磁気に強いブルーのヘアスプリングを搭載しており、極上のスペックを備えた逸品になります。

出典:デイデイト|ROLEX

チェリーニ

「チェリーニ」は、1928年頃に誕生した歴史の深いラグジュアリーウォッチです。ロレックスの中でもデザインが個性的で、金素材を使用しています。手巻モデルであり、月の満ち欠けを表すムーンフェイズが特徴です。

現行モデルとして「チェリーニタイム」が誕生し、クラシカルなデザインながら防水性がある自動巻きモデルとして進化しました。

 

パールマスター

「パールマスター」は、1992年に発表されたジュエリーウォッチです。ダイヤモンドをはじめとする宝石を贅沢に使用し、ダイヤルを独自に製造したため、全体的にとても華やかな印象を受けます。

宝石による輝きで存在感が強く、頑丈なオイスターソースで、美しさと機能性を兼ね備えた気品あるモデルとなっています。

 

出典:パールマスター|ROLEX

 

ロレックスの文字盤の主な種類

文字盤の種類によって 雰囲気をがらりと変えることができ、素材によってはロレックスとしての価値を高められる場合もあります。

ここからは、ロレックスの文字盤の主な種類についてご紹介します。様々な種類があり、異なる特徴を備えていることを覚えておきましょう。

 

ゴールド

ゴールドの文字盤は、煌びやかで華やかな印象を受けます。高級感がありながら品のある色味となっているため、幅広い層に好まれるでしょう。

ゴールド素材で色味が豊富であり、ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールド・金無垢などがあります。

普段使いの他、社交的な場で着用すると存在感がありながらも、その場に相応しい装いとなるでしょう。

 

メテオライト

隕石を使用したメテオライトの文字盤は、天然素材特有の美しい色味が魅力的です。一つひとつ色味も風合いも異なり、唯一無二の存在感を放つのが特徴とされています。

メテオライトを使用したモデルとして「デイトナ」が有名ですが、すでに生産終了しているため、希少価値が高い傾向にあるでしょう。

 

シェル

貝殻を加工して作られたシェルの文字盤は、MOP(Mother Of Pearl)とも呼ばれています。

ホワイトシェル・ブラックシェル・イエローシェルなど、貝の色によって様々なバリエーションが存在しています。

メテオライト同様、天然素材となっており、色味や雰囲気がそれぞれ異なっているため、すべて一点ものと言えるでしょう。

 

コンピューター

コンピューターとは、「ROLEX」のブランドネームをコンピューターで細かく彫り込んだ文字盤のことです。

通称「ホリコン」とも呼ばれ、幾何学的なデザインが特徴です。立体感があり、近代的な印象を受けるため、現行モデルによく用いられます。

 

グラデーション

中央から外周になるにつれ、色が深くなっていくグラデーションが印象的な文字盤です。中央が輝いて見え、神秘的な印象も受けるでしょう。

パーティや晴れやかなイベントで着用すると、明るい輝きで個性を際立たせることができるでしょう。

 

ダイヤモンド

ダイヤモンドの文字盤は、手元をすっきり見せ、腕時計の存在感を引き立てます。ダイヤモンドは高級素材として知られているため、腕時計の価値を上げることにも繋がります。

上品な輝きが魅力的であるため、普段アクセサリーを着けない人でも身に着けやすいと言えるでしょう。

 

アイスブルー

アイスブルーの文字盤は、プラチナ素材を使用している、限られたモデルのみに使用されているのが特徴です。

美しい淡いブルーは、富や成功を意味する特別な文字盤として広く知られています。身に着けることで、自分のステータスをさりげなく主張できるでしょう。

 

ロレックスのブレスレットの主な種類

ブレスレットは、アクセサリーとしての着け心地だけではなく、腕への装着性に影響するでしょう。ロレックスは、人間工学に基づき、デザインと機能性を考慮して開発されています。

ここからは、ロレックスのブレスレットの主な種類についてご紹介します。

 

オイスターブレスレット

オイスターブレスレットは、コマが3つ並んだ3連(3列)ブレスレットとも呼ばれています。1つのコマが大きいため、スポーティーな印象を受けるでしょう。

留め具には折り畳み式のオイスターロッククラスプがよく用いられます。また、工具を使わずに長さを調節できるグライドロックが、「サブマリーナー」や「シードゥエラー」などのダイバーズウォッチのクラスプ内に搭載されています。

 

ジュビリーブレスレット

ジュビリーブレスレットは、金属製の5連リンクのブレスレットです。ステンレスやゴールド素材を使用しており、ドレッシーな印象で、ロレックスを代表する人気のブレスレットです。さらに、腕にしっかり馴染むため、着け心地の良さが評価されています。

腕時計のサイズや素材によって、採用されているクラスプは異なります。ゴールド素材でサイズが小さいモデルにはクラウンクラスプが、ステンレス素材でサイズが大きいモデルにはしっかりと締まるオイスターロッククラスプが用いられているのです。

 

プレジデントブレスレット

プレジデントブレスレットは、「デイデイト」用に開発された半円形の3連リンクが特徴のブレスレットです。高級素材を厳選しており、950プラチナか、エバーローズゴールドをはじめとする18金のみを使用しています。

高級モデルに相応しい優雅な作りで、表面に目立ちにくいコンシールドタイプのクラウンクラスプを用いています。

 

パールマスターブレスレット

パールマスターブレスレットは、「パールマスター」専用の5連リンクのブレスレットです。角の取れた柔らかいデザインで、腕を包み込むような装着感があります。

ゴールド素材を使用しており、クラウンクラスプを用いた光沢感が少ない仕上がりが特徴です。

 

オイスターフレックスブレスレット

オイスターフレックスブレスレットは、ロレックスにラバーを取り入れたブレスレットです。

チタン・ニッケル合金のブレードをエラストマーでコーティングすることで、耐久性と柔軟性を兼ね備えています。

ロレックスが独自開発で特許を取得しており、「ヨットマスター」「デイトナ」「スカイドゥエラー」の新作にのみ使用されています。

 

レザーベルト

レザーベルトは、クロコダイルレザーが使用されたブレスレットです。ロレックスのモデルでは使用が限られているため、独特の趣きを感じることができるでしょう。

レザーならではの落ち着いた雰囲気を醸し出せ、着用するたびに味わい深く、腕に馴染んでいきます。

 

ロレックスのケースサイズの種類

自分の腕に合った腕時計を選びやすくするには、ケースサイズを参考にするのが重要です。

ここからは、ロレックスのケースサイズの種類について紹介していきます。細かな違いを知って、最適なサイズを見つけていきましょう。

 

ケースサイズとは?

ケースサイズとは、リューズを省いた時計ケースの横の直径のことを指します。

適切なケースサイズは手首幅の6~7割と言われており、実際に装着した感じも考慮して選ぶとバランスが良いでしょう。

また、ロレックスが展開しているのは、メンズ・ボーイズ・レディースの3種類となっています。

 

ケースサイズの種類

ロレックスのケースサイズは、メンズ・ボーイズ・レディースの3種類です。

ロレックスは同じモデルで豊富なサイズ展開をされていることが多く、モデル名の後にケースサイズの表記があることで、適したサイズを選びやすくなっています。

 

メンズ

メンズサイズは、34mm~44mmが主流とされ、42mm以上は大きいサイズと言われています。

カジュアルな装いと相性が良く、手首の太い人やインパクトを持たせたい人におすすめです。

ロレックスでは、「ヨットマスターⅡ」や「ミルガウス」の「Ref.116400」をはじめ、近年メンズサイズに当たる大型モデルの製造をしています。そのため、以前に比べて存在感の強い腕時計が多くなっています。

 

ボーイズ

ボーイズサイズは、31mm~37mmが主流とされ、男性でも女性でも使用できるサイズとなっています。

近年、様々なモデルが大型化していますが、かつてのドレスモデルの標準的なメンズサイズは36mm前後が主流でした。

モデルは限られていますが、「オイスターパーペチュアル」や、「ヨットマスター」のモデルに、ボーイズサイズが用意されています。

 

レディース

レディースサイズは、26mm~28mmが主流とされ、小ぶりで華奢な印象を与えるでしょう。しかし、ロレックスとしての存在感はしっかりとあり、手首の細い人におすすめです。

「レディデイトジャスト」や「オイスターパーペチュアル」が、代表格なレディースモデルとして挙げられます。

 

ロレックスの種類をチェックして適切に買取ってもらおう

ロレックスで、人気があって需要があるモデルは、高く買い取ってもらえます。その他に、生産終了モデルや生産数の少ないモデルも、希少性を理由に買取価格が上がる傾向にあります。

保証書などの付属品の有無や、傷や汚れなども査定に影響するため、買取をしてもらう場合は、事前に所持しているモデルの種類や、状態をチェックしましょう。

 

グッドディールではロレックスをはじめ、高級腕時計やブランドバッグなど、価値のあるものを適性な価値判断のもと、専門知識豊富なスタッフが査定・お買取りさせていただきます。お持ちの時計の価値を知りたい、コレクションを売却したい方はぜひグッドディールへ!査定やキャンセルが無料で、ブランド腕時計の買取事例多数あり。

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる