着物の買取価格の相場ってどのくらい?高く買い取ってくれる業者の特徴も紹介

公開日:2022年1月13日
最終更新日:2022年3月14日

着なくなった着物や形見分けで受け取った着物を売ったらいくらになるのか考えたことはありませんか。

持ち運ぶのが面倒、適正価格がわからない、査定に出して価値がなかったら恥ずかしいなどの理由でなかなか着物の買取を依頼できない方もいるでしょう。

大切な着物を買い叩かれ、売ってしまってから後悔しないために知っておきたいのは、着物買取相場です。着物は業者によって買取条件が異なるため、相場はおおよその基準として捉えておくといいでしょう。

この記事では、買取相場と一緒にどのような着物が高額で買取られているか、買取金額を上げるコツ、業者選びに役立つ情報を紹介しています。手持ちの着物を相場より高く売るための参考にしてみてください。

 

目次

着物の買取価格の相場とは

中古の着物は種類や素材、ブランド及び作家、年代や保存状態によって買取価格が決まります。業者により買取額に差が出るのは、査定の基準が一律でないためです。

購入時の金額が高額だった着物や、人気がありすぐに売れる可能性がある着物の買取価格は高くなりやすい傾向が見られます。相場は着物の状態や価値だけでなく、需要と供給も関係していると覚えておきましょう。

 

着物の買取価格が決まる条件ポイント7つ

着物の買取価格は条件によって変わってきます。ここでは着物買取業者がどのような点を見ているのか、査定に影響する条件をご紹介します。チェックするポイントを知って、売りたい着物の価値がどの程度あるかを想像してみましょう。

 
  • 新品もしくは未使用品の着物であること
  • 需要の大きい(人気のある)着物であること
  • 着物の保存状態が良いこと
  • 有名な作家・産地であること
  • 人気のある種類であること
  • 絹・麻・綿などの素材であること
  • 着丈の長さが適当であること

 

1:新品もしくは未使用品の着物であること

新品や未使用の着物は高値がつく可能性が高くなります。一度も着ていない着物であっても、保存状態が悪ければ査定金額は低くなるので注意しましょう。

未使用品を査定に出す場合、仕付け糸はそのまま残します。布や紙を使いシワ予防してあれば、その状態でたとう紙に収めたまま査定に出します。

未使用でも購入から10年程度で価値が下がるため、買取希望のときはなるべく早めに査定に出すといいでしょう。

 

2:需要の大きい(人気のある)着物であること

人気のある着物の場合、業者は買取後に高価格での販売が望めます。需要があるものはその分だけ価値が高くなり、買取価格も上がります。

和服も洋服と同じように流行があり、人気のカラーや柄は一定ではありません。購入当時に流行っていたタイプでも、買取時点での需要が少なければマイナス要素になります。落ち着いた古典的な柄は求める人も多く、需要は比較的安定しています。

 

3:着物の保存状態が良いこと

保存状態の良さも着物買取価格に影響します。着物はきちんと保存していないとシミ、色あせ、カビなどによりダメージを受け、有名作家の作品であっても価値が下がってしまいます。

着物は年に3回程度の虫干しが必要です。虫食い対策をしっかりし、たとう紙に包んで高温多湿を避け、素材で分けて保管します。たたむ際はシワや箔によるトラブルを防ぎ、良い状態を保てるよう工夫しましょう。

 

4:有名な作家・産地であること

着物な作家や産地も査定時の注目ポイントです。着物作家が手掛けた着物は時間をかけて丁寧に作られている分、品質も良く価値あるものとみなされます。落款が入っていると本物であるかどうか見分けやすくなります。

着物の産地として有名な場所で作られた証紙付きの着物を売るときも、買取価格を期待できるでしょう。伝統的な着物の生産数が少なくなったことから価値が高まっています。

 

5:人気のある種類であること

一口に着物と言っても礼装から街着まで種類はさまざまです。買取を希望しても人気のある種類でなければ売却が難しいケースもあります。

成人式で着る振袖やお祝いの席に着ていく色留袖、活用の幅が広い訪問着など需要のあるものは買取の対象になりやすいでしょう。夏場に着る浴衣や喪服は取り扱っている業者と取り扱いの無い業者があるため、最初に確認が必要です。

 

6:絹・麻・綿などの素材であること

素材によっても買取価格に差が出ます。ポリエステルなどの化学繊維やウールなどの素材を使って大量に作られた着物は、一点ずつ丁寧に仕上げられたものと違い、安く販売されています。購入時の価格が低いものは買取時の価格もあまり期待できないでしょう。

正式な場に相応しい高級な雰囲気が漂う正絹の着物は高めの値段が付きます。麻や綿素材でも、伝統工芸品であることが明らかな着物は高値がつく可能性があります。

 

7:着丈の長さが適当であること

着丈は短めよりも長めものが高く査定されやすいでしょう。長めのものを短くするのは容易ですが、丈が短い着物を長くは伸ばせません。

買取られた着物がリサイクルやレンタル用の着物として利用される場合、ユーザーの平均的な身長よりも長めであれば丈を調節し着用できます。そのままでぴったり合う方から丈詰めが必要な方まで利用の幅が広がる分、買取価格が上がります。

 

【種類別】着物の買取相場17種別

着物の価値が正しく査定されているかを見極められるよう、買取相場を把握しておきましょう。ここでは着物の種類別に相場を紹介していきます。

17種の中から手持ちの着物を探し、査定時の参考にしてみましょう。

 
  • 訪問着
  • 振袖
  • 付け下げ
  • 小紋
  • 留袖
  • 色無地
  • 襦袢
  • 浴衣
  • 喪服
  • 銘仙
  • 上布
  • 友禅
  • お召し
  • 羽織
  • 打掛
  • 反物

1:訪問着

訪問着の買取相場は0円~200,000円程度になります。未婚、既婚者どちらでも着られ、ハレの行事で活躍する訪問着は需要が多いことから、買取価格が高値になりやすい着物と言えるでしょう。

有名作家によって作られたものは、保管状態が良ければ高額査定を期待できます。ブランドや作家名がなくても、状態の良い絹製の着物は買取可能です。しかし、傷んでいる着物やポリエステル素材のものは値段が付かない場合もあります。

 

2:振袖

状態の良い一般的な振袖の買取相場は40,000円程度までと言われています。そのほかの着物に比べると少し高めの金額です。振袖は成人式だけでなく、結婚式や卒業式などでも未婚女性が着用できる格式の高い着物のため、需要があります。

ブランドや作家によって価値が変わり、買取価格が高くなります。帯など付属のものがセットになっている場合も買取価格は上がるでしょう。

 

3:付け下げ

付け下げの買取相場は数百円~数十万円とかなり幅が広いです。付け下げもまた、有名作家が手掛けたもので着物に傷みがなければ高額買取の対象になり得ます。

付け下げは訪問着よりも若干格は下がりますが、未婚、既婚に関係なく着られ、観劇やパーティーシーンなどで活躍するためニーズがあります。付け下げ小紋は、準礼装にあたる付け下げよりも格が下の小紋と同格になるため、買取金額は少し低めです。

 

4:小紋

通常の小紋の買取相場は高い場合でも5,000円程度までです。外出着にあたる小紋は、礼装として着られる訪問着や振袖などの着物に比べると低くなります。状態が悪ければその分差し引かれてしまうでしょう。

ちょっとしたお出掛けにも気軽に着られる小紋は需要が高めです。紋を入れて格上げできる江戸小紋、上品さが漂う京小紋、二種類の染め方に分かれている加賀小紋は高値が付く可能性があります。

 

5:留袖

一般的な留袖の買取価格も条件により変わるため、相場は数千円から数万円と開きがあります。着物を手掛けた作家によっては10万円を超える場合もあるでしょう。

既婚者が着る黒留袖、未婚既婚を問わず着用できる色留袖はどちらも第一礼装として慶事の席で活躍します。格の高い留袖は購入価格が高額なため、状態次第で考えていたよりも高値で査定される可能性があります。

 

6:色無地

カジュアルシーンで着られる紋の入っていない色無地の買取相場は数百円~5,000円程度です。

色無地は紋が入ると格が上がりフォーマルシーンでも活用できます。通常、紋の数が多いと価値が上がりますが、一般的でない家紋が入っていると買取の対象から外れてしまう場合があります。

有名な産地のものや有名作家によって作られた色無地は、購入当初と変わらない状態で保管されていると査定額がぐんと上がる可能性が出ます。

 

7:襦袢

襦袢の買取相場は数千円程度です。襦袢は洋服を着る際に身につける下着と同じ感覚のため、中古市場でのニーズは低めです。あまり高値がつかないことを覚悟しておきましょう。

高めに査定される襦袢は未使用品やデザインに特徴のある有名ブランド品です。素材に正絹を使用しているもので、女性用ならややくすんだ紅色など、男性用なら紺や黒など使い勝手のいい色だと買取価格に反映しやすいでしょう。

 

8:浴衣

手ごろな価格で販売されている一般的な浴衣は買取可能な業者に査定を依頼してもあまり高値が付きません。買取相場は数百円~2,000円程度です。

有名な産地で作られたもの、伝統工芸品、有名メーカーのものは高値がつく可能性があります。浴衣の場合も品質の高さを証明できるものがあれば査定額が上がるため、査定前になくしていないかチェックしておきましょう。

 

9:喪服

着物の喪服は買取価格が低く、数百円~2,000円程度が相場です。葬儀などで他人が着用した喪服を購入して着ることに対する抵抗感からか買取後の需要が乏しく、絹を使った質の良い喪服であっても買取価格はほとんど上がりません。

家紋が入ったものの買取は、家紋なしのものよりも難しくなります。中古喪服の購入希望者がいても家紋が違えばそのまま着ることはできず、家紋を入れ替える手間や費用がかかってしまうからです。

 

10:銘仙

普段使いの銘仙はノーブランドの場合500円~数千円程度が相場と言われています。銘仙は大正時代から昭和にかけて人気のあった先染め平織りの着物です。

産地である伊勢崎、足利、桐生、八王子、秩父では生産数が減少しています。

過去に作られ保存されている状態の良いものは、アンティークとしての価値が高まり海外でも注目されています。タンスに眠っている古い銘仙は相場よりも高値で買取られる可能性もあるでしょう。

 

11:上布

上布の買取相場は数千円~です。上質な麻糸を用い、優れた技術を使って作られているため、条件によっては高値がつくでしょう。

国重要無形文化財指定のほか、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている越後上布をはじめ、近江丈夫、宮古上布など国内数カ所に産地があり、それぞれ特徴が異なります。

名の知れた作家の作品や有名産地で作られた高級品は価値が高く、落款や証紙があれば買取価格が数十万円になる場合もあります。

 

12:絣

状態の良い絣の買取相場は大体5,000円以下です。有名な産地で作られた質のいいものであることが証明できれば価値はアップします。

重要無形文化財に指定されている久留米絣などは、査定額が50,000円以上となることもあります。日本三大絣の一つである備後絣、独特な風合いの薩摩絣、深みのある藍色が特徴的な伊予絣なども高値が期待できるでしょう。

 

13:友禅

完成までに手間のかかる友禅は希少価値が高いため、中古の中では相場が高めです。購入時の価格よりはだいぶ落ちてしまいますが、買取価格を期待できます。

金沢の加賀友禅、京都の京友禅、江戸友禅の呼び名でも知られる東京友禅は日本三大友禅と呼ばれており、作業工程や色、柄の特徴が違います。有名作家によって作られた振袖や留袖は美品で落款があれば高値での買取が可能でしょう。

 

14:お召し

ブランド名のない一般的なお召しは数百円~2,000円程度が買取の相場です。着丈や作家名、状態などの条件で買取価格は変わってきます。

お召は素材に絹が使われている高級な着物で、しわになりにくく時間が経っても着崩れしにくい点が魅力です。帯の合わせ方によって普段使いからパーティーなどの華やかな場所までいろいろなシーンで活躍することから、着物好きの方々から高く評価されています。

 

15:羽織

一般的な羽織は状態が良いものでもあまり高値がつかず、買取相場は数百円程度です。未使用品や着用回数の少ないもの、丈が長めのものは少し高めになる場合があります。伝統工芸品や作家名がはっきりしているものは高値が期待できるでしょう。

羽織は長さやデザインに流行があり、作られた時代によって雰囲気が違います。人気のある戦前に作られたアンティークの羽織も数万円で売れることがあります。

 

16:打掛

ブランドなど付加価値のない通常の打掛の買取相場は数千円~数万円です。結婚式の費用を抑えたい方などからの需要があるため、作られてから10年を超えておらず、虫食いや汚れがない華やかなデザインの打掛は買取価格が上がるでしょう。

着物作家や有名デザイナーの作品やアンティークの打掛になると買取相場は約10,000円~数十万円と高額になります。価値を証明できるブランドのタグや落款の有無をチェックしておきましょう。

 

17:反物

反物の買取相場は着物に比べると低めです。洋服が主流の現在、昔のように反物から着物を作り着用する人が少なくなり、需要が下がっています。

反物は着物と同様、産地、作家、証紙といった付加価値が買取価格に反映されます。希少性の高い反物など一部のもの以外、高値での買取は難しいでしょう。

絹素材は高値が付く可能性があります。反物も購入当初と同じきれいな状態でなければ買取不可になることがあるため、気をつけましょう。

 

着物を相場よりも高い金額で売るコツ5つ

着物を相場よりも高く買い取ってもらうにはコツがあります。着物は購入価格の安い品物ではありません。少しでも高く査定してもらうために、依頼前にできることはしておきましょう。

ここからは査定金額を高くするコツ5つを紹介していきます。着物の買取を希望している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 
  • 証紙を提示して買取査定を依頼する
  • 可能な限り汚れは取り除いておく
  • 需要が高まるタイミングで買取を査定する
  • 和装小物は着物とともに買取査定を依頼する
  • 着物専門(もしくは強い)の買取業者を選ぶ

1:証紙を提示して買取査定を依頼する

証紙のある着物は査定時に提示し忘れないよう気をつけましょう。必ず付いてなければならないものではありませんが、高額買取を希望する場合には必須です。

証紙は産地において一定のレベルに達している着物だと認められた証となります。証紙を見れば製造者名、生産地、伝統工芸品であることなどを確認できます。

品質の高い着物だとを証明できれば、査定金額が大幅に上がる可能性も出てくるでしょう。

 

2:可能な限り汚れは取り除いておく

着物は汚れが付いていると買取額が下がるおそれがあります。簡単に落とせる汚れは専用のブラシを使って着物にダメージを与えないようやさしく取り除いておきましょう。

カビやシミを落とそうとクリーニングに出すと、着物が傷んでしまうことがあります。着物専門店でのクリーニングは通常のクリーニングより費用もかさみます。自分で落とせない汚れは何もせずそのまま査定を依頼しましょう。

 

3:需要が高まるタイミングで買取査定を依頼する

七五三用の着物や成人式用の振袖は、時期によって査定額が変わる可能性があります。業者にストックが必要な時期、つまり需要が高まるタイミングを見計らって依頼すると通常よりも買取価格が高くなります。

また、着用した後、早めに売るのも買取金額をアップさせる手段の一つです。タイミングを合わせて売るよりも買取額が高くなる場合もあります。

 

4:和装小物は着物とともに買取査定を依頼する

着物専門の業者に着物買取を依頼する際、和装小物も一緒に査定してもらいましょう。和装小物は着物を着るときに必ず必要なものから、装飾品までさまざまです。着物に詳しい業者なら、和装小物の価値を正しく評価してくれるでしょう。

和装小物も状態が良く、美術的な価値の高いもの、希少な素材が使用されているもの、作家名が明確なものなどには高値が付きます。鑑定書や購入時に入っていた箱があると買取額がアップします。

 

5:着物専門(もしくは強い)の買取業者を選ぶ

着物の買取は、専門業者か着物に関する知識が豊富なスタッフのいる着物買取に強い業者へ依頼しましょう。さまざまな物を扱っている一般的なリサイクルショップでは、着物の価値を正しく判断してもらえず相場以下の価格で査定されてしまう可能性があります。

着物買取専門業者では値段のつきにくい素材の着物や、年代物の着物を買い取ってくれる場合があるため、高値で売りたいときは専門性に注目して買取業者を選びましょう。

 

着物の買取価格が下がるときの注意点

着物を少しでも高く売るには、できるだけきれいな状態を保たなければなりません。収納や保管の方法を間違えれば虫食いや変色などで着物の価値は下がってしまいます。

着用後は湿気や埃を取り、きちんとたたんでいたとう紙に包み衣装箱やタンスにしまいます。防虫剤もトラブルの原因になるため、使用するときは注意しなければなりません。

着物は年に一度は虫干しして風を通し、良い状態が続くようにしておきましょう。

 

高額な買取が期待できる業者の特徴5つ

大切な着物を1円でも高く売るために力を入れたいのが業者選びです。ここでは、高額買取が期待できる業者を探すときに注目したい特徴を5つ紹介します。

納得できる価格で買い取ってもらえる業者を見つける際に役立ててください。

 
  • 熟練の着物専査定員が在籍している
  • 着物の買い取り実績が豊富である
  • 出張などの買取の方法が豊富である
  • 送料・出張料などのコストが必要ない
  • 各種サービスキャンペーンを実施している

1:熟練の着物専門の査定員が在籍している

着物や着物買取に関する知識を持った熟練の査定員が在籍している業者なら、安心して査定を依頼できます。どのようなものが良い着物か頭で理解していても、実際に価値があるかどうか判断するのは経験を積んだプロでなければ難しいものです。

買取経験が豊富な査定員は価値の見抜き方に加え、その時点での相場も把握しているため、適切な価格を提示してくれるでしょう。

 

2:着物の買取実績が豊富である

高額買取が期待できる業者かどうか判断するときは買取実績も重要なポイントです。買取実績が多い業者は、中古市場における着物の価値や査定依頼を受けた時点での相場を理解して、適正な価格を提示し実績を上げていると考えられます。

過去の買取実績が公開されていない業者と、ホームページなどで実績を公開している業者とでは、査定を依頼するときの安心感が違ってくるでしょう。

 

3:出張など買取の方法が豊富である

買取方法の豊富さも高額査定が期待できる業者の特徴と言えます。多くの方法で対応している業者からは買取に対する意欲が感じられます。

主な買取方法は店頭買取、出張買取、宅配買取の3つです。すぐに現金化したいときは店頭買取、買取を希望する着物の数が多いときは出張買取、目の前での査定を避けたいときは宅配買取と、自分の都合で選べるため依頼しやすいでしょう。

 

4:送料・出張料などのコストが必要ない

買取に関係する各種手数料を支払う必要がない業者を選ぶと、買取額がそのまま手元に残ります。宅配買取や出張買取では、配送時の送料や出張料などの手数料がかかることがあるため注意が必要です。

査定後の提示金額が高めでも、手数料を差し引くと相場程度もしくはそれより安くなる場合もあり得ます。

手数料の有無は業者によって違うため査定へ出す前に、電話や公式サイトで確認しておきましょう。

 

5:各種サービスキャンペーンを実施している

各種サービスキャンペーンを実施している業者も高値での買取が期待できます。キャンペーンは時期が限られているため、期間を過ぎないように査定を依頼しましょう。

買取金額がアップするキャンペーン、プレゼントキャンペーンほか、各社多様なキャンペーンを展開しています。証紙付き、出張買取限定など内容が異なるため、お得感のあるキャンペーンかどうかチェックしてみましょう。

 

グッドディールでは積極的に着物の買取を行っております。査定・買取経験が豊富な査定員が「出張買取」「宅配買取」「店頭買取」のいずれかで買取対応いたします!査定や買取はすべて無料、買取金額UPなどキャンペーンも随時実施中ですので、お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら
着物の買取について詳しく見る

 

着物の買取相場を知って高い金額で売却しましょう

着物の買取相場や高い金額で売るコツなどを紹介してきました。着物は価値の判断が難しいため、査定に出すと想像していた金額を上回るときもあれば下回ってしまう場合もあります。

記事内でも取り上げたように、買取時に状態を見られる着物は普段からの管理も大事です。良い状態を保ち、着物そのものや市場での価値をきちんと見抜ける業者で査定してもらい、納得のいく金額で手放しましょう。

 

グッドディールでは、着物の専門知識豊富なプロの査定士が丁寧に査定します。査定料・送料・出張料などの手数料はすべて無料で、査定額に納得できず買取を断る場合でもキャンセル料は発生しません。タンスに眠っている着物を売却したい方はぜひグッドディールへ!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる