使い道のない切手の処分はどうすればいい?未使用と使用済みそれぞれご紹介

公開日:2022年1月13日
最終更新日:2022年3月15日

「切手が余ったらどうすればいいの?」
「使い道のない未使用切手はお金に換えられるかな?」
「使用済みの切手はどうにかできない?」

このように、切手の取り扱いに困っている方は少なくないでしょう。古い切手であれば、金券ショップや買取業者に売却できますが、通常の切手を何かに利用することはできないのでしょうか。

この記事では、使い道のない未使用切手や使用済み切手の活用法を中心に、切手にまつわる情報を紹介していきます。

一般的に意外に知られていない、あるいは知らなかったという内容もあることでしょう。紹介する内容を参考に、切手に関する知識を深めていきましょう。

 

使い道のない切手が手元にある

机の引き出しや棚の奥に、使い道のない切手が隠れていないでしょうか。普段から手紙を書く習慣のある方、仕事で郵送を利用することが多い方などは、使い道のない切手が複数あっても消費する機会があるでしょう。

しかし、以前に少し多めに買ってしまった切手が、いまだに手元にあるという方も少なくありません。

 

なぜ切手が余ってしまうのか

では、なぜ切手が余ってしまうのでしょうか。切手が余ってしまう理由はいくつか考えられます。

 

・好きなキャラクター切手を見つけて買ってしまった
・就職活動で履歴書を郵送するために切手を多めに買った
・お年玉付き年賀はがきに当選して切手をもらった
・結婚式の招待状を郵送するために切手を大量購入した

 

近年ではインターネットやスマートフォンの普及が追い風となり、新年の挨拶や暑中見舞い、御礼状であっても、手紙やはがきを使用せずに、メールやチャットですませるという現代的な背景も起因しているでしょう。

 

切手にはどんな種類があるのか

郵便局やコンビニで入手できる一般的な切手には、普通切手、特殊切手、オリジナルフレーム切手と3つの種類があります。

「普通切手」は、郵便料金を払った証明としてはがきや封筒に貼るもので、一枚もしくは、複数枚が連なったシートでの購入が可能です。

「特殊切手」は、プレミア切手・記念切手と呼ばれることがあり、オリンピックや万博といった国家規模のイベントと連動して、発行される切手です。

「オリジナルフレーム切手」とは、お気に入りの写真や画像で印刷できる切手です。規定サイズ内であれば、写真のほかに、手書きのイラストも対応可能です。結婚式や記念日などに向けて事前注文する方も少なくありません。

 

余っている未使用切手の4つの使い道

それでは、余っている未使用切手はどのようにすればいいのでしょうか。切手を買いすぎても、郵便局では現金の払い戻しはしていません。

ここでは、余っている未使用切手の使い道について、ゆうパックの支払いに利用する、フリマアプリに出品するなどをはじめとした4つをピックアップしていきます。

 

1:ゆうパックの支払いに利用できる

未使用切手はゆうパックの支払いに利用できます。ただし、コンビニで荷物を差し出す場合には、切手での支払いはできません。

また、ゆうパックのほかに、EMS(国際スピード郵便)の料金も切手で支払うことができます。料金超過や手数料がかかる場合があるため、郵便局の窓口であらかじめ料金確認をしておきましょう。

 

2:フリマアプリやネットオークションで出品してみる

普通切手と異なり珍しいデザインあったり、発行枚数が少なかったりする特殊切手(プレミア切手・記念切手)は、コレクターによって額面以上の値段で落札される場合があります。

ただし、個人間の売買では出品時の切手の説明や写真を準備したり、希望落札価格などの駆け引きといった煩わしさがあるでしょう。

ほかにも、質問対応やクレーム処理という場面にも遭遇する可能性があるため、個人間の売買に慣れていない方は注意が必要です。

 

3:郵便局で交換をしてもらう

余った切手は額面がきれいな状態で保たれている場合、所定の手数料を支払うことで別の切手に交換してもらえます。

切手のほかに、郵便はがき、郵便書簡、特定封筒(レターパック・スマートレター)への交換も郵便窓口で対応しています。

 

4:業者などに買取してもらう

切手は金券として扱われることから、金券ショップや買取業者への売却も検討してもいいでしょう。シート切手で手元にある場合はバラバラにせず、そのまま売るようにしてください。

特殊切手シートや海外の切手の方が価値があるといわれていますが、買取りやすさでは、普段使いできる普通切手の方が買取ってもらいやすいでしょう。

買取金額は店舗によって異なるので、取り扱い実績の多い「グッドディール」に一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

グッドディールでは積極的に切手の買取を行っております。
お問い合わせはこちら
切手の買取について詳しく見る

 

使用済み切手の使い道

ここまで、切手を違う切手に交換したり、業者に買取ってもらったりなど未使用切手の使い道について紹介してきました。最後に、あまり知られていない使用済み切手の使い道についても解説していきます。

 

支援団体に寄付をする

途上国へのワクチン・教育支援のため、使用済み切手の寄付を受け付けている支援団体があります。支援団体に寄付された切手は、団体とつながっている切手収集家のもとに届けられ、換金されるシステムです。

ただし、消印と切手を合わせて切り取る必要があるなどいくつか注意点がありますので、使用済み切手が手元に多くある方は、インターネットを利用し支援団体の情報を集めてみましょう。

 

使用済み切手でも買取できるかも

使用済み切手であったとしても、コレクターが集まる切手買取の専門店であれば買取してもらえる可能性があります。他店では買取不可・安値で査定されてしまった切手も、一度持ち込んでみると良いでしょう。

 

使い道のない切手を上手に処分しよう

ここまで、切手の種類、未使用・使用済み切手の活用法を中心に紹介してきました。

使い道のない切手でも、そのまま処分してしまうのではなく、郵便サービスの支払いに充てたり、新しい切手に取り替えてみたり、あるいは金券ショップや買取業者への売買を検討しましょう。

自宅の机や棚の奥で眠っている使い道のない切手を発見した際には、紹介した内容を参考にして、上手に活用してみてください。

 

グッドディールでは切手など、価値のあるものを適性な価値判断のもと、査定・お買取りさせていただきます。切手の価値を知りたい、コレクションを売却したい方はぜひグッドディールへ!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる