ノンブランドの服を売るには?高く売るコツや注意点・主な買取方式

公開日:2022年3月7日
最終更新日:2022年3月9日

「ノンブランドの服を高く買い取ってもらうには、どうすれば良いのだろう?」
「ノンブランドの服を売りたい時には、どんな買取方法が利用できるのかな?」
「服を売る時に、気をつけることはなんだろう。」

ノンブランドの服は、洋服の中でも買取に出す時に悩むことの多いジャンルではないでしょうか。

この記事では、ノンブランドの服を売る際に注意することや主な買取方法、さらに、高く売るためのコツを詳しくご紹介しています。

この記事を読むと、ノンブランドの服を高く買い取ってもらうコツや、売る時に気をつけることが分かります。その知識を活かすことで、査定の際に通常の価格より高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

ノンブランドの服の買取を考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

 

ノンブランドの服についての基礎知識

ノンブランドの服とは、有名メーカーのブランド服ではなく、コストを抑えて安い価格で販売されている服のことです。

ここからは、ノンブランドの服の基礎知識についてご紹介します。はじめにノンブランドの服について、詳しく理解しておきましょう。

 

ノンブランドの服とは

ノンブランドとは、ノーブランドとも呼ばれています。服の場合は、主に商標であるブランドを付けずに、低いコストで生産されている服を指します。ブランドを出さずに販売することで、費用を抑えることができ、比較的安い価格であることが特徴です。

しかし、ノンブランドの定義は明確に定まっていません。メーカーや店舗ごとに、違った解釈がされていることも多いので、注意が必要です。

 

ノンブランドとファストファッションの違い

ファストファッションとは、安い価格でありながら、トレンドを押さえたアイテムを販売している、ブランドや服のことを指します。

短期間でデザイン制作から大量生産を行い、広い地域で販売していることが特徴です。世界規模で展開していることが多く、代表的なブランドとして、ユニクロやH&M、ZARA、GAPなどが挙げられます。

ノンブランドとの違いは、トレンドを重視していて、入れ替わりのサイクルが早いことです。ただし、店舗や買取業者によって取り扱いが違います。厳密にはノンブランドではありませんが、同一として取り扱っている場合もあります。

 

ノンブランドの服を売る際のチェックポイント

安い価格で購入できることが、ノンブランドの服の良さです。しかし、売る場合には、店舗や買取業者が、買取を断る場合があります。

以下で、ノンブランドの服を売る際のチェックポイントをご紹介します。売る時に困ることのないように、買取可能であるか、時前に確認することを覚えておきましょう。

 

ノンブランドへの対応の可否

服の買取を行っているのは、古着や衣類を取り扱っている買取店や古着屋、リサイクルショップなどです。

ノンブランドの服は、元々安く作られて利益率が低いため、店舗や買取業者によっては、ノンブランドの服の対応を拒否される場合もあります。

さらに、ブランドの価値がないため、近年では対応可能な買取店は、少なくなっています。買取商品の中に、ノンブランドの服が対象かどうか、事前に確認しておきましょう。

買取不可になった場合で、どうしても売りたいと思ったらフリマアプリやネットオークションなどを使う手もあります。

売却できる可能性が高くなりますが、交渉や費用の計算など、全て自分で行わなくてはいけないので、注意しましょう。また、ノンブランドよりブランドの服の方が、売れる傾向にあります。

 

店舗の査定方法

時間をかけて価値を見極めるブランド買取と違い、ノンブランドの服の場合は、重さや品数を買取基準に設定している店舗が多いのが現状です。

一般的に定価や価値が低いため、1kgあたり○○円、20点○○円など、あらかじめ価格が決まっている場合が多く見られます。

そのため、服の状態やデザインを問わず、価格が付きにくい服でも買い取ってもらえることもあります。店舗独自で決められていることが多いので、自前に査定方法や買取基準を確認することが大切です。

 

ノンブランドの服の主な買取方法

ノンブランドの服の買取方法には、店頭買取、宅配買取、出張買取、フリマアプリやネットオークションがあります。

以下で、主な買取方法について詳しく解説します。それぞれの特徴を知って、自分に合った買取方法を選択しましょう。

 

店頭買取

店頭に売りたい品物を持ち込んで、査定をしてもらう方法です。また、店舗によっては、スタッフが査定している様子を見ることができます。

一般的に無料査定で、買取価格に納得すれば、その場でお金を受け取れます。査定結果の詳細や不明な点について、直接聞くことが可能です。また、買取方法の中で最短でお金を受け取れるのがメリットです。

デメリットは、店舗まで持っていくために、自分で準備する必要があり、売りたい品物が大量にある場合は、運搬の負担が大きいことが挙げられます。

すぐにお金を受け取りたい人や、直接詳細を聞いて、安心できる査定を希望する人におすすめの方法です。

 

 

宅配買取

段ボールや買取キットなどに、売りたい品物と必要書類を梱包して送り、査定してもらう方法です。査定結果はメールなどで通知され、提示された買取価格に納得すれば、買取成立です。お金は銀行振り込みなど、選択可能な方法で受け取れます。

宅配買取は、待ち時間がなく、好きな日に送ることができます。さらに、集荷を利用して、家から出ずに買取依頼が可能なこともメリットです。

デメリットは、品物が到着後の査定となるため、配送や入金までに時間がかかることです。しかし、宅配買取サービスは、 忙しい人や気軽に依頼したい人に人気の買取方法になっています。

 

 

出張買取

自宅に店舗のスタッフや買取業者が訪問し、その場で査定、買取を行う方法です。店舗の営業日を気にせず、自分の好きな日時を指定できることもあります。

自宅なので交通費がかからず、服の運搬や梱包する必要がないことがメリットです。デメリットは、対応エリア外だと利用できないことです。

また、店舗によって、対応しているエリアが違うことがあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。大量の服を売って断捨離したい人や、時間のかかる準備が面倒と思う人に、おすすめの買取方法です。

 

 

フリマアプリ、ネットオークション

フリマアプリやネットオークションを利用して、自分で価格設定をし、希望者に購入してもらう方法です。

買取を断られやすいノンブランドの服や子供服など、価格や状態によっては、売れる可能性が高いことがメリットです。デメリットは、自分で交渉や梱包などをするため、手間がかかることが挙げられます。

査定を依頼して、結果に納得いかなかった場合や、処分に困った服がある人に、おすすめの買取方法です。

 

ノンブランドの服を売るときの注意点

査定や買取を依頼する時は、価格だけではなく、手数料などの費用も、気にすることが大切です。その他に、ノンブランドの服の中には、希少価値があり、高い買取価格が期待できる品物も存在します。

以下で、ノンブランドの服を売るときの注意点をご紹介します。自分が損をしないためにも、覚えておくと良いでしょう。

 

希少なノンブランドやファストファッションの服は高く売れることがある

買取価格が安くなりがちな、ノンブランドやファストファッションブランドの服でも、希少価値があると認められると、高い買取価格が期待できます。

例えば、期間限定のコラボTシャツや、販売期間が短いワンピースなどです。あまり市場に出回っていないアイテムだと、高い価格で売れる場合があります。自分では価値があるか自信がなくても、一度査定に出すことをおすすめします。

 

買取に必要な料金を確かめる

店舗や買取業者によって、手数料などの費用がかかる場合があります。査定や買取に手数料が必要であったり、店頭買取以外の方法を利用する場合に、費用が追加されたりします。

例えば、出張買取の出張手数料や、宅配買取の送料や、専用の梱包材代などが該当します。また、通常料金では無料でも、買取をキャンセルすると、返送料やキャンセル料金を請求される場合もあるので、注意しましょう。

送料無料や振込手数料無料など、できるだけ費用のかからない買取サービスを選びましょう。依頼前に、規約や手数料の有無を確認すると安心です。

 

ノンブランドの服を高く売るためのコツ

基本的に、ノンブランドの服は安い価格で買取されています。しかし、査定に出す際に工夫することで、買取価格が通常よりも上がる可能性があります。

以下で、ノンブランドの服を高く売るためのコツを6つご紹介します。査定に出す際は、ぜひ意識して実行してみましょう。

 

できるだけ綺麗な状態にする

服の状態が綺麗だと、査定金額が上がりやすくなります。査定に出す前に、洗濯で可能な範囲の汚れやシミを落としたり、アイロンでシワを伸ばしておくと良いでしょう。

服が丁寧に手入れされていると、査定の際に高く評価され、買取金額が高くなる可能性があります。また、綺麗な状態だと出した品物を、全部買い取ってもらえることもあります。

 

新品に近いうちに査定する

服は流行り廃りが早い商品です。販売から時間が経つほど、価格が落ちることが一般的です。製造から3年程度を目安に、査定基準を設けている店舗や買取業者も少なくありません。新品で購入した場合は、なるべく早めに査定に出すと良いでしょう。

また、反対にヴィンテージアイテムや、希少価値のあるブランド古着などは、時間が経つにつれ、価格が上がる傾向があります。

 

季節に合わせて査定に出す

査定に出すタイミングも非常に重要です。服の買取は、季節によって価格が変動し、季節に合った服を査定に出すと、買取価格が上がる傾向にあります。季節の需要に合った服を、査定に出しましょう。

また、店舗や買取業者によっては、季節に応じて買取価格が変わることがあります。さらに、特定の季節が近くなると、買取を強化するキャンペーンを実施していることもあります。得をすることもあるため、公式サイトの情報などで確認しておきましょう。

 

付属品を揃えて査定に出す

服に付属品が付いている時は、一緒に査定に出しましょう。ジーンズのベルトやジャケットのフード、予備のボタンなど、付属品が揃っていると、買取価格の上昇が見込めます。

また、付属品の状態も査定額に影響します。付属品のアクセサリーなどは、無くさないように袋に入れて、服と一緒に大切に保管しましょう。

 

他のアイテムとまとめて査定する

ノンブランドの服を売りたい時は、できるだけまとめて査定に出しましょう。最低でも、10点単位からの買取が基本であることが多く、数点だと買取を断られることもあります。

また、服以外の不要な品物も一緒に出すと、その分買取価格が上がったり、買取対象外の店舗でも、品物によってはノンブランドの服も、買い取ってくれる可能性もあります。

服以外にもファッション小物など、他に売りたい品物がある場合は、同時に査定に出すと良いでしょう。

 

複数の買取業者で査定する

査定する際は、一店舗のみならず、複数の他社の店舗や買取業者に依頼しましょう。査定条件や基準がそれぞれ異なるため、いくつか見積もりを取ると、大まかな相場や買取条件の比較が可能です。

また、LINEやメールで簡単な査定ができ、スマホで品物の価値が分かる店舗もあります。複数依頼したい時は便利ですが、あくまで目安なので、実際の査定価格と異なることもあるので注意しましょう。

 

ノンブランドの服を売る際のポイントを知ろう

この記事では、ノンブランドの服の特徴や、高く買い取ってもらうコツなどについて、ご紹介してきました。

ノンブランドの服は、安い買取価格になりがちですが、状態や査定の出し方を工夫すると、思わぬ価格での買取に繋がる場合があります。

また、ノンブランドの服の売却をお考えの際は、取り扱いブランド豊富で、買取実績の多いグッドディールがおすすめです。電話やメールで無料相談も可能です。

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる