遺品整理の費用相場|料金を安く抑えるコツと優良業者の選び方

公開日:2022年2月21日
最終更新日:2022年3月15日

遺品整理をどの業者に依頼すれば良いのか困っている人もいるでしょう。本記事では、遺品整理を業者に依頼したときの費用相場や費用を安く抑えるポイント、優良業者の選び方などを解説します。大切な遺品を自分の手で整理できそうにない方は、ぜひ参考にしてください。

親族が亡くなったあと、しばらくして直面する問題が遺品整理です。

手続きや挨拶などで悲しみに暮れる間もない遺族が、生前整理もされていない故人の遺品を仕分けし、処分するのは大変なことです。

「どこから手をつければ良いか分からない」
「遺品の量が多すぎて処分する時間も体力もない」

そんな場合は、プロの手を借りるのも一つの手段です。遺族の体力的・精神的な負担が軽くなり、短時間で終えることができる遺品整理業者の利用者は、近年増加しています。

この記事では、遺品整理にかかる費用の相場や料金を安く抑えるコツ、遺品整理業者を選ぶときのポイントなどを紹介します。悪徳業者に惑わされることなく、優良業者を選ぶことができるでしょう。

遺品整理に悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

遺品整理の相場と費用を決めるポイント

遺品整理は遺族自身で行うことも、遺品整理専門の業者や不用品回収業者に依頼することもできます。しかし、遺品の量が膨大になる場合や故人の家が遠方にある場合などは、遺品整理業者に依頼するのをおすすめします。

 

遺品整理専門の業者に依頼した場合の相場と、費用が決まるポイントを見ていきましょう。

 

遺品整理とは?

「遺品整理」とは、故人の遺品や部屋を整理し、形見分けや不要なものを処分することです。遺品整理は手間がかかるため、核家族化や親族同士の付き合いが希薄になっている昨今、専門業者を利用するケースが増えています。

 

遺品整理業者は、遺族が要否を判断するための遺品の仕分けや、貴重品の捜索、部屋の簡易清掃、不用品の回収・処分などを行います。

 

遺品整理にかかる費用の相場

遺品整理にかかる費用は業者によって異なりますが、基本的には部屋の広さによって相場が決まります。部屋が広くなると、作業時間や必要な作業人数が増えるため、費用が高くなります。

 

ただし、ゴミ屋敷のような不用品であふれた状態の部屋や、特殊清掃が必要な場合は、さらに追加費用がかかることが一般的です。

 

部屋の広さ遺品整理費用の相場
ワンルーム、1K30,000~100,000円
1DK、2K50,000~150,000円
1LDK、2DK80,000~250,000円
2LDK、3DK120,000~350,000円
3LDK、4DK170,000~500,000円
4LDK以上要見積もり

 

遺品整理の費用を決めるポイント

前表で示したとおり、専門業者による遺品整理費用の相場は大きな幅があります。一般的に遺品整理を専門業者に依頼すると、部屋が広くなるにつれて遺品整理の作業費用や不用品の廃棄費用は高くなりますが、部屋の広さ以外の要素でも費用が変わります。

 

遺品整理の費用を左右するポイントを詳しく説明しますので、それぞれ把握しておきましょう。

 

荷物の量

部屋が狭くても遺品となる荷物の量が多い場合は、遺品整理費用が相場よりも高くなるでしょう。荷物の量が多いと、仕分けや処分に時間がかかったり、運搬車両を増やす必要があったりするため、費用は高くなります。

 

処分する品物の種類

遺品の荷物の種類によっても、最終的な請求費用が異なります。処分する品物の中に貴金属や骨董品、家電製品、家具など、転売できるものがある場合は、遺品整理業者が買取して作業・処分費用から差し引いてくれるケースがあるからです。

 

また、自動車やバイクなどはディーラーや不用品回収業者を呼んで廃車手続きを行う必要があります。パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器も、適切に処理するには別に費用が発生する可能性があります。

 

対応期日

賃貸住宅の退去日や更新日などが迫っている場合は、遺品整理業者に対応を急いでもらう必要があるでしょう。場合によっては作業人数を増やす必要があり、通常より人件費が増すこともあります。

 

また、死亡者数が増加する冬期かつ年末は、遺品整理の需要が高まるため、業者によっては通常よりも遺品整理費用が高くなることがあります。

 

建物や道路の状況

遺品整理を行う住まいの環境によっても、見積もり費用に差が出るでしょう。マンションやアパートの部屋の遺品整理をする場合、部屋の階数やエレベーターの有無によって、費用が変わることがあります。

 

また、戸建ての場合は、自宅前にトラックの駐車スペースがないと作業効率が落ちるため、見積もり費用が高くなる可能性もあります。

 

オプションサービス

さらに、上記以外にもさまざまなオプションサービスを加えることで費用が変わってきます。

 

特殊清掃、消臭や消毒作業を含むハウスクリーニング、原状回復のためのリフォーム、エアコンの取り外し、車やバイクの回収や廃車手続き代行、仏壇や遺品の供養など、多くのオプションサービスを用意している業者もあります。

 

遺品整理の相場を安く抑えるコツ

専門業者による遺品整理の費用を安く抑えるには、「自分たちでできることはやること」、「遺品整理業者をしっかりと選ぶこと」が大切です。遺品整理業者を決める前に、やるべきことを確認しておきましょう。

 

ここからは、遺品整理費用を安く抑えるコツを解説します。

 

事前にできる範囲の整理を済ませておく

前述したとおり、遺品整理の費用は遺品の荷物の量で決まります。そのため、処分品の量を事前にある程度自分たちで減らしておくことで、専門業者に支払う費用を抑えることができます。

 

自分たちで形見分けの品と不用品に仕分けすることは多いですが、その際に無理のない範囲で整理を済ませておくと安く抑えられるでしょう。また、遺品整理業者の作業時間を短縮にも繋がります。

 

相見積もりを行う

遺品整理業者によって見積もり費用には差が出ます。そのため、一つの業者だけでなく3社ほどに相見積もりをとるようにしましょう。

 

相見積もりをとると、遺品整理にかかる費用の相場や業者ごとの特徴やサービス内容を把握することができ比較もしやすくなります。

 

買取サービスを利用する

前述したとおり、高く買い取ってくれる遺品があれば、遺品整理の費用を買取費用で相殺することができる場合があります。貴金属やブランド品、アンティーク品、着物、切手、家電などは買取に応じてくれる可能性が高いため、買取サービスがある業者を選ぶと良いでしょう。

 

また、買取価格に納得がいかない場合などはリサイクルショップやフリマアプリなどを活用し、遺品整理費用に充てることも可能です。

 

遺品整理業者を選ぶポイント

遺族と故人との関係が深いほど遺品にも思い入れがあり、遺品整理業者には丁寧に作業をしてもらいたいと願うでしょう。しかし、遺品整理業者の中にも悪徳業者はいます。

 

業者選びを誤り、悪徳な遺品整理業者に依頼してしまうと、遺品を乱暴に扱われたり、遺品を盗難されたり、高額な追加金額を請求されたりすることもあるでしょう。また、処分が決まった遺品を不法投棄する業者も存在します。

 

ここからは、安心して遺品整理を業者に依頼するために、業者の選び方をいくつかのポイントで紹介していきます。

 

適切な資格や許可証を持っているか

遺品整理業者を選ぶ際は、依頼したい作業に応じた資格や許可証を持っているかを事前に確認する必要があります。適切な資格や許可証とは、次のようなものです。

 

まずは、「遺品整理士」で、これは遺品の適切な整理方法や知識を持っていることを示す民間資格です。法令違反やクレームがあると取り消される資格のため、持っている業者は優良業者とみなして良いでしょう。

 

「一般廃棄物収集運搬許可証」は、不要品の回収・運搬・処分ができることを示す許可証で、これを持つ遺品整理業者には不要な遺品の処分を直接依頼できます。

 

さらに、「古物商許可証」は、古物の売買や交換ができることを示す許可証で、これを持つ遺品整理業者には直接遺品を売買できます。

 

資格や許可証を所持者の方が安心して遺品の整理を任せられるでしょう。

 

見積もりが明確か

遺品整理を依頼する前に複数の業者から相見積もりをとりましょう。そして、見積もりに作業内容など内訳が詳細に記載されているかを確認する必要があります。

 

費用や内訳の不明点は電話などで確認し、その際丁寧に説明をしてくれる業者を選ぶほうが良いでしょう。費用や内訳を明確にしておくと、トラブルに発展しにくく安心して処分品を任せられるでしょう。

 

また、自宅の状況を見て見積もりを作成する「訪問見積もり」に応じない業者は、作業当日に追加請求をする可能性もあるでしょう。

 

遺品整理専門の業者か

遺品整理を不用品回収業者や便利屋に依頼する遺族もいます。また、遺品整理専門業者だと勘違いして依頼してしまう場合もあるでしょう。

 

不用品回収業者や便利屋は、遺品の仕分けや遺品の供養など、細かい遺品整理サービスに対応していないことがあります。安心して処分するためにもホームページや目安の見積もりなどで、提供できるサービスを確認しておきましょう。

 

遺品整理の相場を理解しよう

故人の残した大切な遺品は、なるべく自分の手で整理したい人もいるでしょう。しかし、膨大な量の遺品を処分しなければいけないと、時間的・体力的に難しい場合があります。

 

遺品整理の専門業者に依頼する際は、大体の相場の目安を理解しておくと悪徳業者を見極める一助となり、予算を立てるのにも役立つでしょう。また、遺品整理の費用を少しでも抑えるには、遺品の一部を買い取ってもらえると助かります。

 

グッドディールは全国への出張買取も対応している買取・リユース企業です。遺品整理で見つかった貴重品や骨董品などは、グッドディールに相談して査定を依頼してみましょう。

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる