並行輸入品と正規品の違いは?メリット・デメリットと買取時の注意点

公開日:2022年3月29日
最終更新日:2022年3月29日

「並行輸入品と正規品の違いはなんだろう?」
「並行輸入品の腕時計は買い取ってもらえるのかな?」
「並行輸入品を売るときは何に気をつけるべきだろう?」
正規品とは違い、並行輸入品を買取に出すときには悩むことが多いのではないでしょうか。

本記事では、並行輸入品と正規品の違いや、購入する際のメリットとデメリット、また並行輸入品を買取査定に出すときに気をつけることをご紹介します。

この記事を読むことで、並行輸入品についてより深く理解できるでしょう。その知識を活かすことで、並行輸入品をスムーズに買取ってもらえるだけでなく、より高価格で買取ってもらえる可能性が高くなります。

並行輸入品の売却を考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

 

並行輸入品と正規品の違い

並行輸入品とは、海外ブランドやメーカーの製品を、正規ルート以外の方法で仕入れたものです。並行輸入業者が、海外の直営店や正規代理店、免税店などで買い付けています。

一方、正規品は海外ブランドやメーカーの国内直営店や、代理店契約を結んだ正規代理店などを介して輸入したものです。正規品は正規輸入品とも呼ばれます。

並行輸入品と正規品は輸入されるルートが異なるだけで、品質に差はないことが一般的です。ただし品物自体が本物で、偽物ではない場合に限られます。

 

並行輸入品や正規品を購入できる場所

正規品を購入できるのは、海外ブランドの日本直営店や正規代理店など、限られた店舗のみです。ブランドの公式サイトに掲載されていることがあるため、チェックしてみると良いでしょう。

並行輸入品は、上記店舗以外で購入できます。例えば、ブランド品専門店や家電量販店、ECショップなどです。

 

並行輸入品を購入するメリット・デメリット

流通ルートや購入できる店舗が違うことで、並行輸入品にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

並行輸入品の特徴を理解し、賢くブランド品を購入する知識を身につけましょう。

 

メリット

並行輸入品のほうが正規品より価格が安い場合があります。正規品はメーカーが指定する定価のみで販売するためです。ただし、希少価値の高い商品の場合、定価よりも高額になる可能性があります。

もう1つのメリットは、並行輸入品であれば、正規店で販売終了したモデルでも購入できることです。生産終了品も、新品で購入できる可能性があります。

 

デメリット

ブランドによっては、正規品以外の修理やメンテナンスを受け付けないことがあります。購入後の商品に不具合があった際の修理や交換、返品保証などが適用されないおそれがあるのです。

また売却しようと思っても、買取業者や店舗によっては並行輸入品の買取を拒否されることがあります。輸入の過程で第三者を介していることから、偽物が紛れ込むリスクを考慮する店もあるためです。

 

並行輸入品を買取査定に出すときのポイント

並行輸入品は正規品よりも安く買える一方、売りに出す場合には、買取業者から買取を断られる可能性があるため注意が必要です。

ここからは並行輸入品を売る際に気をつけるポイントを解説します。これらのポイントに注意することで、よりスムーズに買取を進められるでしょう。

 

実績豊富な買取店を選ぶ

査定・買取実績多数の業者であれば、並行輸入品を買い取ってくれることがあります。ブランド品に対する深い知識を持つ店であれば、品物の価値を適切に査定できるためです。

買い取った品物の販売経路が多い店もおすすめです。多くのブランド品を取引するので、積極的に買取するケースがあるためです。

ブランド品に詳しい鑑定士が在籍しているかどうかもポイントとなります。並行輸入品の査定には高度な知識が必要となり、正確な判断ができない買取店では並行輸入品を買取っていないことがあるためです。

 

付属品を揃えて査定に出す

査定に出すときは、箱や書類などの付属品を揃えて出すことがおすすめです。

 

並行輸入品には保証書が付属しませんので、代わりに購入店舗のショップカードなどを添えると、査定が順調に進みやすくなります。査定に出す前に、ブランド品が本物であることを証明できるアイテムがないか、確認しましょう。

 

並行輸入品であることを伝える

査定担当者には、品物が並行輸入品であることを伝えておくと良いでしょう。

並行輸入品は買取されにくいという理由から、正規品として買取に出してしまいたくなるかもしれません。しかし、並行輸入品であることを隠してしまうと、かえって怪しまれることがあるため注意が必要です。

あらかじめ、並行輸入品を買取できるか聞いておくと、買取がスムーズに進みます。もし買取不可の場合は、別の買取店を探すようにしましょう。

 

並行輸入品でも買取査定に出すことができる

この記事では、並行輸入品の特徴や購入する際に気をつける点、買取査定に出す時のコツについて、ご紹介しました。

並行輸入品であっても、買取店の選定や付属品を揃えるなど工夫することで、思いも寄らない価格で売れる可能性があります。

グッドディールではブランド商品や不用品の高価買取中です。腕時計やバッグ、化粧品をはじめ、古銭、毛皮、テレホンカードなど、さまざまな品物を買取っています。取り扱い実績が多く、査定やキャンセルが無料のため、初めての方も安心です。

ブランドものの並行輸入品の売却をお考えの際は、信頼と実績のグッドディールをご検討ください。

 

グッドディールでは時計やブランドバッグなど、価値のあるものを適性な価値判断のもと、専門知識豊富なスタッフが査定・お買取りさせていただきます。お持ちの時計やブランド品の価値を知りたい、コレクションを売却したい方はぜひグッドディールへ!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!