買取価格が上がりやすい額縁のポイント|業者を選ぶ基準など詳しく説明

公開日:2022年3月7日
最終更新日:2022年3月29日

「不要な額縁って、どうすればいいの?」
「額縁だけって、売れるのかな?」
「額縁を買取に出す時のコツってなんだろう?」
不要な額縁の買取を考えている方には、上記のような疑問や不安などが抱えているのではないでしょうか。

本記事では、買取が期待できる額縁のポイントや買取に出す時のコツ、買取業者の選び方などをご紹介していきます。

この記事を読むことで、額縁の買取に必要な知識や買取業者の選び方について把握できます。不要な額縁の処分にお困っている方は、これからスムーズに取引を進めることができるでしょう。

また、今後自宅で不要な額縁が出てきた際などに今回知った知識が役立ちでしょう。

額縁の買取を検討している方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

 

額縁だけでも買取してもらえる?

家にある不要な額縁は場所を取り、処分も煩雑で悩ましい存在です。

額縁は、額縁だけで売ることができます。

なぜなら、額縁のみ買いたいという一定のニーズがあるからです。そのため、最近は中古額縁買取を扱う業者も増えてきました。

額縁のみを買いたいという理由は様々あります。額縁は新品で購入すると結構な値段がするため、数が欲しい場合に中古で購入する、今、市場に出回っている新品のデザインではないものを求めている、アンティーク品としてコレクターが集めているなどがあげられます。

ただし、どのようなものでも買取ができるわけではありません。特に美術品の買取専門店などは目利きであるため、良い品物を見極めてもらえる分、買取条件が厳しくなる傾向もあります。どういった額縁をどこで売るかが重要です。

 

買取価格が上がりやすい額縁のポイント

実際に、どのような額縁にニーズがあるのかを見ていきましょう。

ここでは、買取価格が上がりやすい額縁のポイントをご紹介します。

額縁と一口に言っても、品物にあったそれぞれの額縁があります。たとえば、絵画や書画、写真、賞状、小判などのコレクションを飾る額など、実にさまざまです。その中で、買取が期待できるものには、次のような特徴があります。

ご自身がお持ちの額縁を確かめてみましょう。

 
  • アンティークとしての価値がある
  • 良質な木材が使われている
  • 保存状態が良い
  • サイズが大きめである
  • 規格品の額縁である
  • トレンドのデザインである

 

アンティークとしての価値がある

古い時代のアンティークな額縁は希少価値があるため、買取が期待できる傾向にあります。

額縁は本来、作品の付属品ですが、年代の古いものはそれ自体が骨董品としての価値を持ちます。古い時代の額縁をお持ちの場合は、骨董品専門の買取業者に査定を依頼してみましょう。

 

良質な木材が使われている

価値があるとされる良質な木材を使用している額縁も、買取が期待できるもののひとつです。

良質な素材とは高級な木材でできた額縁のことで、紫檀(したん)、黒檀(こくたん)、鉄刀木(たがやさん)、花梨(かりん)などがあります。なかでも、柴檀、黒檀、鉄刀木は唐木三大銘木と謳われています。

紫檀は、絶滅危惧種に認定されていて、ライセンスがないと仕入れることができません。黒檀は重く硬い木で、耐久性に優れ高級感漂う銘木です。その他、特別天然記念物の屋久杉は腐りにくく、花梨は重厚で傷がつきにくい特徴を持つ希少価値のある木材です。

 

保存状態が良い

きれいな状態の額縁ほど買取が期待できます。

保存状態が悪く、カビやシミ、傷がある場合は価格に影響します。

きれいな状態にするために買取依頼前に掃除する際は注意が必要です。水分を含んだ布で拭いたり、強くこすってしまったりすると変色や劣化につながるため、乾いた柔らかい布でほこりを取る程度にとどめます。

保管する時は、風通しがよく温度変化が少ない直射日光の当たらない場所に立てて置きましょう。

 

未使用品もおすすめ

額縁をはじめとする骨董品の買取は、きれいな状態であるほど査定が上がります。また、絵画用額縁などは未使用の状態であれば、買取が期待できます。

保管状態が悪く、カビやシミが見られると未使用であっても買取が不可能なこともあるので、注意しましょう。

 

サイズが大きめである

高級木材を使ったサイズの大きい額縁は、木材の使用量が多いため、買取価格も期待できます。

通常、サイズが大きい額縁は価格が高くなりやすい傾向にありますが、大きいものはニーズの問題があることを念頭において査定に臨みましょう。

 

規格品の額縁である

絵画用の額縁は規格品であると買取の期待ができるでしょう。

絵画には規格があり、額縁もそれに合わせて作られています。

絵画の規格のサイズ表記は大文字のアルファベットと数字の組み合わせです。

アルファベットはF(Figure人物)・P(Paysage風景)・M(Marine海景)・S(Square 正方形)の4種類あり、これは、額縁の短辺の長さです。長辺は数字で表します。

短辺の長さは、もとは人物・風景・海景を美しく描くために、それぞれ幅を変えて規格されていましたが、現代ではこの規格と作品内容に決まりはありません。

サイズ表記をする時は、F10号といったように表します。一般的に短辺はFが好まれ、10号以下の需要が高い傾向です。

 

トレンドのデザインである

トレンドに合うデザインが買取のポイントになります。

バブル期はお洒落なものがもてはやされ、現代はナチュラルなものが求められるなどの流行が額縁にもあります。その当時の流行に乗ったデザインは、今は古臭く感じられ需要がありません。

とはいえ、古臭いものも時代を経るとアンティークとして骨董的な値打ちが出る場合もあります。買い手が額の中に入れたい作品によって、求められる額縁は変わるのです。

ただし、一般的には、絵画市場に詳しい店での買取を考える場合、今どきのデザインであることは大きなポイントです。

 

額縁を買取に出す際のコツ

額縁を買取に出す時に、少しでも高く、そして楽に売りたいと思う方は多いでしょう。お持ちの額縁を上手に売るための秘訣はあるのでしょうか。

ここでは、額縁を買取に出す際のコツを説明していきます。

 
  • カビやキズに注意して保管する
  • 専門の業者に買取を依頼する
  • 複数の見積もりを取る
  • 額縁はまとめて査定に出す
  • 絵画と一緒に査定に出す
  • 出張サービスを利用する

 

カビやキズに注意して保管する

額縁をすぐに売らない場合は、保管の仕方に気をつけましょう。

カビや傷、変色などで劣化しないように、上手に保管することが大切です。そのためには、適度な温度と湿度を保ちましょう。さらに、直射日光や室内灯の強い光が当たらない場所で保管し、定期的に風通しをすることが理想的です。

 

専門の業者に買取を依頼する

骨董的な価値がある額縁の売却を考えている場合は、骨董売買に関する専門知識を持った業者に依頼することをおすすめします。

専門の知識を持った業者は、額縁の価値を正しく判断でき、市場の動向に詳しく、売れ筋からマニアックな需要の情報まで、幅広い知識を持っているので安心です。

 

複数の見積もりを取る

買取全般に言えることですが、複数の見積もりを取るようにしましょう。

同じ額縁でも、業者によって買取価格が異なる場合があります。また、金額の交渉の際に他社の買取額を見せるなど、役立てることもできます。

 

額縁はまとめて査定に出す

額縁が複数ある時は、まとめて買取してもらうことで、買取額を上げてもらえることがあります。

同じデザインのサイズ違いや同じものを複数持っている、テイストの似ているものを複数持っている場合は、店舗の装飾用に額縁を探している方などの需要も考えられることから、査定に影響するでしょう。

 

絵画と一緒に査定に出す

額縁に入った絵画や書画の場合は額縁から出さずに一緒に査定してもらいましょう。

骨董・美術の専門店は本来、額縁ではなく作品の扱いが専門です。額縁を含めて作品として査定してもらいましょう。

 

出張サービスを利用する

額縁は大きくかさばるものがほとんどのため、買取店に持ち込むのは大変な作業です。

このような場合は、出張買取サービスを利用するのがおすすめです。

買取業者が直接自宅に来て査定をし、買取してくれるため、持ち運びの手間が省けることや事前に伝えた以外の物を当日急遽査定してもらえるなどのメリットがあります。

ただし、骨董・美術の専門店などは額縁だけでは出張サービスが受けられない場合がありますので注意しましょう。

 

買取業者を選ぶ4つの基準

額縁買取を頼む際に悩むのが業者の選び方ではないでしょうか。どうやって選ぶのか迷う方も多いでしょう。

利用しやすく信頼できる業者を選ぶには、いくつかの基準があります。

ここでは、業者を選ぶ基準について、ご紹介していきます。

 

1:実績があるか確認する

まずは、額縁の買取実績が豊富なことが重要です。

買取実績が多いということは、市場の情報を理解し、需要に合わせた価格をつけると言えるでしょう。

また、買取の実績が多い店舗は、リピーターが多い傾向にあり、買取に満足しているという判断基準にもなります。

 

2:専門の査定士がいるか確認する

額縁の買取は、専門的な要素が多く価格の判断が難しいため、専門の査定士が在籍しているか確認した方が良いでしょう。

価値の高い額縁を持っている場合は、専門の査定士に任せることで適切な扱いをしてもらえます。

 

3:買取実績を公表しているか確認する

買取実績を公表していることは、業者選びの判断のひとつになります。

額縁を買い取ってもらう際の目安になり、さらに店舗の様子がある程度わかるため、実績を確認するようにしましょう。

ただし、中古品は同じ品物であっても経年や状態などが異なるため、同じものはありません。価格が公表されていても参考程度にとどめることが大切です。

 

4:買取方法が複数あるか確認する

額縁は持ち運びに手間がかかるため、いくつかの買取方法があると便利です。

買取には、店頭買取や出張買取、宅配買取があります。

店頭買取の場合は、店舗に直接額縁を持ち込むため、1点だけでも気軽に持っていけるでしょう。他の買取方法よりも店舗の負担が生じないため、査定が高い場合があります。

出張買取は、店舗のスタッフが額縁のある現場に足を運び、買い取ってくれるため、大きな額縁やたくさんの額縁の買取を考えている場合におすすめです。

宅配買取の場合は、自分の都合の良い時に宅配業者に頼み、額縁を発送することができるので、忙しく時間に制約のある方でも利用しやすい方法です。

このような違いを踏まえ、買取方法の種類があるかを確認してみましょう。

 

グッドディールでは積極的に絵画・美術品・骨董品の買取を行っております。出張買取・宅配買取・店舗買取に対応しております。出張料・査定料・送料など、買取にかかる費用は全て無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
絵画・美術品・骨董品の買取について詳しく見る 

 

 

額縁を買取査定に出してみよう

額縁の買取にあたり、買取の目安や買い取ってもらう時のコツ、業者の選び方をご紹介してきました。

買取が期待できるものは、状態が良く、アンティーク品として人気のあるものや、高価な木材が使われているもの、今の時代にマッチしたものです。

買取のコツとしては、劣化に気をつけて保管し、価値ある額縁は専門の査定士がいる店舗を選び、複数の見積りを取ることが大切です。また、複数の額縁を持っている時はまとめ、絵画があるものは絵画と一緒に買取に出すようにします。

この記事では、業者の買取を中心にご説明してきましたが、思うような買取ができない場合は、ご自分でネットオークションに出すことも一案です。

まずは、額縁を買取査定に出すところから、始めましょう。

 

グッドディールでは絵画・美術品・骨董品など、価値のあるものを適性な価値判断のもと、査定・お買取りさせていただきます。絵画・美術品・骨董品の価値を知りたい、コレクションを売却したい方はぜひグッドディールへ!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる