価値のある500円札の特徴とは?主な種類と見分け方、高額買取のコツ

公開日:2022年1月13日
最終更新日:2022年3月15日

500円札の価値やその特徴について、詳しく知りたいという人はいるのではないでしょうか。この記事では、500円札の種類やその見分け方、高額買取のコツなどについてご紹介します。500円札について理解して、買取専門店に相談したい方はぜひ参考にしてみてください。

「家に古いお金があるけど価値はあるの?」
「500円札って今でも使えるの?」
「価値のある500円札は見分けられるの?」

自宅に500円札などを所有していて、どれくらいの値段で評価されるのだろうと疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、500円札の種類や見分け方、価値のある500円札の特徴や高額で買い取ってもらうためにはどうしたら良いのかということについて、ご紹介します。

この記事を読むことで500円札には種類があることや、価値が高い紙幣の見分け方、高額買取のコツが分かるため、買取専門店でもスムーズに相談できるようになるでしょう。

500円札の価値について気になっている方は、この記事をぜひチェックしてみてください。

 

500円札の基礎知識

若い人たちの中には500円札の存在を知らないという方もいるでしょうが、現在でも500円札を使用することは可能です。また、その中には500円以上の価値があるお札もあります。

ここでは、「500円札」の種類や相場など、基礎知識についてご紹介します。

 

500円札とは?

旧紙幣のひとつ、500円札は昭和26年(1951年)に発行が開始されました。平成6年(1994年)に発行停止となりましたが、現在でも500円として利用することができます。

500円札の表の面に描かれている人物は、幕末から明治時代にかけて活躍した岩倉具視です。なお、裏面には富士山が描かれています。

ほかにも100円札には板垣退助が描かれているなど、500円札以外のことも気になる方は調べてみるのも良いでしょう。

出典:五百円券|日本銀行

 

500円札の種類と相場

500円札は1種類ではありません。B号券とC号券の2種類が存在していて、買取相場も違ってきます。

ここでは500円札の種類と相場について、ご紹介します。参考にしてみてください。

 

B号券

2種類ある500円札のうち、B号券は昭和26年(1951年)に発行を開始し、昭和46年(1971年)に支払停止となりました。B号券のサイズは、縦が76mm、横が156mmとなっています。

B号券には前期と後期があって、前期がクリーム色で後期が白色の紙幣です。一般的に前期に発行された紙幣の方が、価値が高くなっています。また、C号券と比較すると見えにくいですが、野菊と500の透かしが入っています。

C号券よりも価値があるとされているB号券ですが、実際に額面以上の価値あるものはそれほど多くありません。未使用品や美品、ナンバー、ミスプリントなどの紙幣であれば額面以上の価値が付くこともあるでしょう。

たとえば、B号券前期の500円札でピン札の未使用品、珍しいナンバーなどの場合は5,000円程度の値が付くこともあります。

 

C号券

1969年に発行開始、1994年に支払停止となった500円札がC号券です。紙幣サイズは、縦が72mmで横が159mmとなっています。

デザインは、B号券より精緻で透かしも確認しやすくなっていますが、それほど価値が高くないため額面通りの価値「500円」となることがほとんどです。

 

価値のある500円札の特徴

500円札が500円以上の価値となる条件はいくつかあります。たとえば、印刷時のエラーや裁断のミスがある紙幣は500円札のほかにも1000円札や1円札でも価値が高くなる可能性があるでしょう。

ここでは、価値のある500円札の特徴について、ご紹介します。

 

番号が珍しい

500円札の価値が高くなる条件のひとつが、紙幣の端に印刷された記番号の数字の部分が珍しいということです。500円札の記番号はアルファベットが頭と末尾にあって、間に数字が6桁となっています。

数字部分が珍しいものとしては、たとえば「300000」や「700000」などのキリ番、「333333」や「777777」などのゾロ目です。

また、階段と呼ばれる「123456」や「456789」といった番号や、サンドイッチ番号と呼ばれる「233332」などの2~5桁目が同じ数字で、頭と末尾が別の同じ数字で挟まれているものや、一番やトップ番号と呼ばれる「000001」や連番なども価値が高くなっています。

 

記号が重複している

500円札の価値が高くなっている番号の中に、「CC243720C」や「BB135852B」のような、記番号の頭と末尾のアルファベットが重複している紙幣があります。

また、最初の頃に製造された「A232956A」のようなAA券や最終期に製造された「ZZ365476Z」のようなZZ-Z券、さらにちょうちん番号と呼ばれる「A333333A」や「ZZ100000Z」などの記号が重複していて間にある数字が珍しい場合は特に価値が高くなります。

 

印刷エラーがある

価値の高い500円札の中には、エラー紙幣と呼ばれるものがあります。たとえば、印刷ズレがあったり、図柄に欠損があったりするケースです。

印刷エラーがある紙幣をコレクションしている収集家がいることもあり、価値が高くなりやすくなっています。印刷エラーの度合いなどにもよりますが、オークションなどでは100倍以上の価値がつくこともあります。

 

裁断ミスがある(耳が付いている)

500円札を1枚の紙幣に裁断するときに、ミスによって紙幣の4角のいずれかに紙片が残っている(耳が付いている)場合は、高い値で取引されることがあります。

この耳が付いているような裁断ミスのことを「福耳つき500円札」と呼び、希少価値が高いため、高額で取引される可能性が高いでしょう。

 

500円札を高額買取してもらうコツ

500円札を高額買取してもらうためには、買い取ってもらう業者や買い取ってもらうタイミングなど、高額買取してもらうコツについて理解しておく必要があります。

ここでは、500円札を高額買取してもらうコツについて、いくつかご紹介します。参考にしてみてください。

 

古銭に詳しい買取業者に査定してもらう

500円札を高額買取してもらうためには買取業者について、理解しておくと良いでしょう。できるだけ硬貨や紙幣などの古銭に詳しい買取業者に査定してもらうようにしてください。

古銭などの買取業者は、硬貨や紙幣などの商品に対する知識を豊富に持っており、独自の販売ルートや顧客を持っているところが多いため、高額買取してくれる可能性が高いでしょう。

たとえば、「グッドディール」という買取業者では、希少価値や保存状態など、総合的な査定で買取額を提示してくれるほか、出張買取まで行っています。

 

グッドディールでは500円札をはじめ、積極的に旧紙幣・古銭の買取を行っております。
お問い合わせはこちら
古銭・旧紙幣の買取について詳しく見る
 
 

劣化しにくいよう保存する

500円札を高額で買い取ってもらうためには、できるだけ良い状態を維持するように保存することが大切です。強めの光が当たらないようにしたり、直接素手で触らないようにしたりしましょう。

古い紙幣や古いコインなどは保管方法が悪ければ、確実に劣化してしまいます。特に、湿気や太陽光には注意が必要でしょう。

また、なるべく劣化しにくいように500円札を保存していても、定期的に状態は確認することをおすすめします。

 

早めに売却する

500円札の高額での売却を検討していると、「時間が経った方が買取価格が高くなるのでは」と期待してしまう方もいるのではないでしょうか。

しかし、保存状態が新札のように良くても500円札は劣化する可能性があるのです。時間が経つことで価値が下がっていくというケースもあります。

今、売っても良いという価格がついているのであれば、早めに売却しましょう。

 

500円札の価値について理解しておこう

1951年に発行が開始され1994年に発行停止となった500円札ですが、今でもお金として使用することができます。中には、価値が高い500円札が残っている可能性もあるでしょう。

しかし、発行枚数が多く流通されている500円札のほとんどは額面通りの価値しかないようです。もし、価値のある500円札が見つかって少しでも高く売りたいという場合には買取の専門店に依頼することをおすすめします。

500円札の価値を理解した上で買取専門店に鑑定してもらいましょう。

 

グッドディールでは旧紙幣や古銭など、価値のあるものを適性な価値判断のもと、査定・お買取りさせていただきます。旧紙幣や古銭の価値を知りたい、コレクションを売却したい方はぜひグッドディールへ!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる