レア硬貨の条件と種類|少しでも高い金額で売るためのポイント

公開日:2022年1月13日
最終更新日:2022年3月15日

普段使用している硬貨がレア硬貨となる条件は何なのか、高い金額で売れるのだろうかなど、レア硬貨について知りたい方はいるのではないでしょうか。この記事では、レア硬貨の条件や種類、さらに少しでも高く売るためのポイントなどについて紹介します。

「レア硬貨って何?」
「もし年代もののレア硬貨を持っていたら高く売れるの?」
「買取専門店ってどこが良い?」

普段使っている硬貨の中にもレアなものが見つかったらどうするのが良いのか、疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、レア硬貨の条件や種類、売却するときのポイントなど、レア硬貨が見つかったときにどう対応するのが良いのかということについて、紹介しています。

この記事を読むことによって、どのような硬貨がレアで価値があるのか、より高値で売れるのか、買い取ってもらうときにはどうしたら良いのかということが理解できるようになります。

レア硬貨というものに少しでも興味がある方は、是非この記事をチェックしてみてください。

 

硬貨の基礎知識

日本で2021年11月に新しい500円硬貨が発行されます。新硬貨から希少価値のあるものが登場するかどうかは不明ですが、今までに発行された1円硬貨や5円硬貨、10円硬貨、50円硬貨、100円硬貨、そして500円硬貨、さらに記念コイン、すべてに価値が高いレア硬貨が存在します。

また、お札の中にもエラー紙幣と呼ばれるレア紙幣も存在しています。ここでは硬貨の基礎知識について、ご紹介しましょう。

 

レア硬貨とは?

昔から大判小判のように高値で取引される通貨は存在していました。現在、流通している硬貨の中にもプレミア的な価値を保つ硬貨があることをご存知でしょうか。

このような硬貨は、「レア硬貨」と呼ばれていて、高値で取引されています。希少性が高いこともあって、「プレミア硬貨」とも呼ばれています。

レア硬貨というのは、一般的には大判小判のような歴史的な古銭ではなく、現在流通している希少性の高い硬貨のことです。

 

レア硬貨の主な条件

日本の硬貨は、毎年一定数は発行されていると思われている方もいるのではないでしょうか。実は、年度によっては一部の硬貨をほぼ発行しないこともあります。

発行枚数が少ない年の硬貨は市場にあまり出回っていません。こういった硬貨は希少価値が高いためレア硬貨となる可能性が高くなります。

中には貨幣セット(ミントセット)でのみ入手できる硬貨があり、より価値が高くなるでしょう。特別に発行されるイベント記念硬貨も発行枚数が少ない場合はレア硬貨となります。

出回っているデザインとは異なる硬貨や、年度によってデザインが違う硬貨についてもレア硬貨となる可能性があり、また、製造過程などでエラーコインとなった硬貨はレアであるため高値で取引されます。

 

レア硬貨の主な種類

レア硬貨は、1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉、すべての種類に存在します。オリンピックや博覧会の記念硬貨のほか、エラーがある硬貨はレア硬貨として取引されています。

ここでは、レア硬貨の主な種類について、ご紹介しましょう。

 

1円硬貨

1円硬貨で、とくに「レア硬貨」となっている年度は、平成23年から平成25年、さらに平成28年から平成31年、そして令和元年です。1円硬貨はキャッシュレス化が進んできたこともあって、財布を持たなくなり、発行枚数が少なくなってきています。

ただし、平成26年と平成27年については消費税が8%に上がって1円硬貨が必要になったため、一時的に発行枚数が増えてレア度が低くなっているようです。1円のレア硬貨は状態が良ければ数千円となることもあるでしょう。

 

5円硬貨

5円硬貨の場合は、平成22年から平成25年にかけての発行枚数が少なくなっているので、額面以上の価格で買い取ってもらえる可能性が高いです。平成22年から平成25年、この4年間の5円硬貨の発行枚数は例年と比較するととても少なく、レア硬貨となっています。

また、5円のレア硬貨の中には文字が楷書体となっている「フデ5」と呼ばれている昭和32年発行の5円硬貨があります。

 

10円硬貨

10円硬貨の中で有名なレア硬貨は発行年が昭和61年の10円です。昭和61年の10円硬貨は前期と後期があり、とくに後期は裏面にある鳳凰堂のデザインが異なります。同じ年度内にデザインが変わったという珍しい10円硬貨です。

また10円硬貨の中には「ギザ10」と呼ばれている硬貨周りの溝が歯車のように見える昭和26年から昭和33年の間に発行された10円があります。ほかにも、昭和64年や平成25年などに造られた10円硬貨もレアな価値があります。

 

50円硬貨

50円硬貨にもレア硬貨はあり、とくに昭和62年に発行された50円硬貨は、造幣局が流通用には製造しなかったためレア度が高くなっています。

また、平成22年から平成25年、さらに平成31年に発行された50円硬貨は発行数が少なく、レア硬貨となっています。

 

100円硬貨

100円のレア硬貨は、ほかの硬貨と比較するとそれほどレア度は高くありませんが、昭和32年(1957年)~41年(1966年)、平成13年、14年がレア硬貨になっています。とくに、発行枚数の少ない昭和39年と平成13年の100円硬貨は価値が高いといわれています。

 

500円硬貨

高値がつきにくい500円硬貨の中で、昭和62年(1987年)と昭和64年(1989年)に発行された500円はレア硬貨です。

昭和62年の500円硬貨は発行枚数がとくに少なく、プレミアがついています。昭和64年の500円硬貨については、製造期間が短いことから製造枚数が少ないためレア硬貨となっています。

 

記念硬貨

イメージとしてはレア度が高く感じてしまう「記念硬貨」ですが、出回りやすい記念硬貨についてはそれほど高値では取引されていません。

記念硬貨の場合は、あまり発行されていない額面の硬貨はレア度が高くなっています。たとえば、5万円や10万円などの記念硬貨は発行枚数が少ないため額面以上になりやすいということです。

また、記念硬貨で初めて金貨となった「長野オリンピック記念硬貨」のプルーフ貨幣は買取価格が高めといわれています。

 

エラーコイン

エラーコインは実際には不良品ということになりますが、逆に出回ったエラーコインはレア度がとても高くなり、高値で取引されるといわれています。

エラーコインにはさまざまなタイプがあり、穴があるところに穴がない「穴無しコイン」や穴の位置がずれている「穴ずれコイン」、表と裏でデザインの角度が違う「角度ずれコイン」などが存在しています。

普通は出回らないのに何らかの理由で市場に出回ってしまったのがエラーコインです。そのため、どうしても希少価値が高く、かなりの高額で取引される可能性があるということです。

 

レア硬貨を高値で売却するためのポイント

レア硬貨となるものが見つかって売却しようとした際、高値で売却するためにはいくつかのポイントがあります。たとえば、レア硬貨の保管方法や付属品の有無、需要度などによって高価買取されるでしょう。

ここでは、レア硬貨を高値で売却するためのポイントについてご紹介します。

 

硬貨の状態をできる限り良好に保つ

いくらレア度が高い硬貨が見つかったとしても、硬貨自体の状態が良くなくては高値で売却することは難しいでしょう。高値で売却するためには、できる限り美品の方が良いといわれています。

硬貨のレア度が高ければ高いほど、素手で触ることは避け、手袋を使ったり、布越しに取り扱ったりするようにしましょう。

紫外線や湿気の影響で劣化することはよくあります。酸化などによるサビを避けるためには、脱酸素剤を入れて保管するのも良いでしょう。

また、保管するときにはレア硬貨を密閉容器に入れ、風通しが良い暗い場所で管理するようにしてください。

 

自力で硬貨を洗浄するのは避ける

コインを洗浄する方法はいろいろありますが、洗浄していくら硬貨が綺麗になったとしても売却する場合には、発行したときの状態を維持していた方が高値がつくと言われています。つまり、専門家以外が自力で硬貨を洗浄するのは避けた方が良いということです。

洗浄など、硬貨のお手入れ中に変形したり、傷がついたりするトラブルはよくあります。自力で洗浄すると、かえって状態が悪くなってしまう可能性があるため注意が必要です。

 

売却先を吟味する

レア硬貨の売却を考えている場合は、レア硬貨の価値が分かっている買取専門店に依頼しましょう。レア硬貨などの取引実績がない買取業者や、硬貨自体の知識がない買取店を売却先とすることはおすすめできません。

レア硬貨なのに適正価格とならないおそれがあるため、できるだけ複数の業者に査定をしてもらうようにしてください。その中から良い条件で買い取ってくれるところを売却先とするのがおすすめです。

たとえば、全国出張対応しているグッドディールはその場で査定してくれます。

 

グッドディールではレア硬貨をはじめ、積極的に古銭・コインの買取を行っております。
お問い合わせはこちら
古銭・コインの買取について詳しく見る
 

査定時には付属品や鑑定書も一緒に提出する

レア硬貨を買取専門店などで査定してもらうときには付属品や鑑定書を提出しましょう。付加価値が高まるため査定金額がアップする可能性があります。

レア硬貨が本物ということを証明しやすくなるため、記念硬貨のケースや専門家による鑑定書がある場合は査定の際に提出してください。

 

レア硬貨の条件や種類を知っておこう

レア硬貨は、普段から目にしている1円や10円、50円、100円、500円の中にもあります。レア硬貨となる条件や種類を知っておくことで、意外なところから高値で取引されている硬貨が見つかる可能性もあるでしょう。

プレミアが付く可能性がある硬貨を見つけてみませんか。

 

グッドディールではレア硬貨や古銭など、価値のあるものを適性な価値判断のもと、査定・お買取りさせていただきます。レア硬貨や古銭の価値を知りたい、コレクションを売却したい方はぜひグッドディールへ!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる