レアな500円玉とされる硬貨の特徴とは?買取してもらう方法も解説

公開日:2022年1月13日
最終更新日:2022年3月29日

「家に古い500円玉があるけど、これは価値があるのかな?」
「珍しい記念硬貨があるけど、どこで売れるんだろう?」
手元にある500円玉を売りたいけれど、高く売れるのか、どこで売れば良いのかわからないという方も多いでしょう。

本記事では、レア硬貨と呼ばれる500円玉の特徴やレアな500円玉とされる硬貨の種類、お手入れ方法や買取方法について紹介しています。

この記事を読むことで、いつ頃発行されたものがレアなのか、レアとされる500円玉にはどのような特徴があるのか、高く売るにはどのようにすれば良いのかがわかるでしょう。

レアな500円玉について知ることで、売却もスムーズに進むことでしょう。ぜひチェックしてみてください。

 

レアな500円玉の価値はあまり知られていない?

現在使われている500円玉以前に発行された「旧500円玉」は、平成11年頃まで発行されていました。

この500円玉は発行枚数が多く古銭の中では新しい方であるため、基本的に古銭としての価値はあまり高くありません。ほとんどの500円玉が、額面通りの価値になります。

しかし、中には古銭として買取相場が高くなるレア500円玉もあり、その多くはコレクターが所有していますが、中にはレアな硬貨だと気づかれず日常生活で流通しているものもあります。

出典:通常貨幣一覧|財務省

 

レアな硬貨の特徴

レアな硬貨は、基本的に「コレクターに人気があるもの」または「歴史的に希少価値があるもの」になります。

特徴のひとつが、発行枚数が少ないということです。発行枚数は年によって違っており、極端に発行枚数の少ない年の硬貨はレア硬貨として扱われ、側面のデザインや刻印が発行年によって違うこともあります。

また、完全未使用のエラー硬貨もレア硬貨として人気です。製造時のエラーで印刷ミスや穴の位置のズレが起きた場合、通常であれば不良品となり市場には出回りません。そのため、検査をすり抜け市場に出て、かつ未使用のエラー硬貨は極めて珍しいと言えるでしょう。

他にレア硬貨とされるものとして、希少な素材が使われている500円玉があります。オリンピックなど大イベントを記念して作られる記念硬貨は、金や銀などの素材が使われています。記念硬貨は発行枚数が限られているため、その点でもレアな500円玉です。

現在では硬貨として使用できないとても古い硬貨の場合は、骨董品や美術品として付加価値がつくこともあるでしょう。

 

レアな500円玉とされる硬貨の種類5つ

500円玉の中には、発行された年代や種類によっては、発行枚数が少なく、レアな500円玉として存在する物もあります。

そのようなレアな500円玉は収集家などの間では希少価値があり、額面以上の価値で取引されていたりします。

では、どのような硬貨がレアな500円玉とされるのか5つ紹介します。

 
  • 瀬戸大橋開通の記念に発行されたもの
  • 青函トンネル開通の記念に発行されたもの
  • 皇太子殿下御成婚の記念に発行されたもの
  • 地方自治法施行60周年の記念に発行されたもの
  • 昭和62・64年発行のもの

 

1:瀬戸大橋開通の記念に発行されたもの

「瀬戸大橋開通記念500円白銅貨幣」は、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋が開通したことを記念して、昭和63年に作られた記念貨幣です。

発行枚数は2,000万枚で、表面には岡山県側から見た瀬戸大橋の全景が、裏面には本州と四国の地図が描かれています。

出典:記念貨幣一覧|造幣局

 

2:青函トンネル開通の記念に発行されたもの

同じ昭和63年には北海道と青森を結ぶ青函トンネルが開通し、それを記念して「青函トンネル開通記念500円白銅貨幣」が作れました。

発行部数は2,000万枚で、表面には青函トンネルと津軽海峡、裏面には本州と北海道の地図が描かれています。

 

3:皇太子殿下御成婚の記念に発行されたもの

平成5年、皇太子殿下(現在の天皇陛下)御成婚の際に、記念として500円白銅貨が発行されました。表面には鶴二羽と波、裏面には菊の花の紋様が描かれています。

この記念硬貨は3,000万枚発行され、5万円金貨・5千円銀貨とのセット販売もされています。

 

4:地方自治法施行60周年の記念に発行されたもの

平成20年、地方自治法施工60周年を記念して、47都道府県それぞれを代表する風物や自然、人物などをデザインした貨幣が約8年にわたり順次発行されました。

この記念硬貨は500円と1,000円の2種類があり、どちらも人気となっています。

 

5:昭和62・64年発行のもの

500円玉の中では、昭和62年・昭和64年発行のものがレア硬貨としてされています。昭和64年は1週間で平成となったため通常よりも発行枚数が少ないです。また、昭和62年も発行枚数が277.5万枚と少なく、その分レアな硬貨となっています。

出典:年銘別貨幣製造枚数|造幣局

 

レアな500円玉のお手入れ方法

500円玉をきれいに保つためのお手入れ方法について紹介します。

旧500円玉はニッケルが使われています。ニッケル貨のお手入れには、重曹などの粉末クリーナーを水で溶かしながら指で擦りましょう。汚れが落ちた後は薬剤をきれいに洗い流し、水気をしっかり拭き取ります。

素材に合わない薬剤を使用したり必要以上にこすったりすると、逆に汚れてしまうことがあるため、注意してください。もともときれいな状態の時は、無理にお手入れせず、優しく拭く程度にしましょう。

 

レアな500円玉の買取方法3つ

レア硬貨は今でもコレクターが求めるアイテムのひとつです。レアな500円玉を売却しようと思った時、いくつかの方法があります。

次に、主な買取方法としてネットオークション、フリマアプリ、買取業者を利用の3つを紹介します。

 

1:ネットオークションサイトで売る

レア500円玉を売る方法のひとつに、ネットオークションサイトで売る方法があります。

これは個人同士の直接売買になるため、自分で写真を撮影したり配送したりする手間がかかります。しかし、レア500円玉を買うのはコレクターなため、出品者が500円玉の価値を知らなくても妥当な価格まで値段が上がることが多いという点がメリットです。

インターネット上であれば欲しいと思う人も多くいます。近くに買取業者がない、直接売買できる相手がいない場合などには便利な方法でしょう。

 

2:フリマアプリで売る

インターネット上で欲しい人に直接売る方法として、フリマアプリの利用もあります。

オークションサイトと同様、自分で写真撮影や発送をする手間がありますが、フリマアプリの場合は自分で決めた金額で売りに出すことができるメリットがあります。

ただし、フリマアプリの種類によっては、記念硬貨や古銭であっても「現金」とみなし売買を禁止している所もあるため、事前に必ず確認しておきましょう。

 

3:硬貨専門の買取業者に売る

自分では価値が良くわからない人や、面倒な手続きはせず売りたい人は、買取業者を利用すると良いでしょう。

この場合、希少性や人気度、素材などを踏まえた上で市場での価値を業者が査定してくれるため、自分では思ってもみなかった価格がつくこともあります。

ただし、専門知識を持った業者でないと正確な査定ができない可能性もあります。硬貨専門の買取業者を利用する、複数の業者に査定してもらうなどすると、高く売ることができるでしょう。

 

グッドディールでは積極的に古銭・レアコインの買取を行っております。
お問い合わせはこちら
古銭・レアコインの買取について詳しく見る

 

 

レアな500円玉の種類を確認して売却しよう

旧500円玉でも、発行枚数が少ないものや珍しいもの、記念硬貨などは額面以上の価値がつくことがあります。

しかし、500円玉は古ければ高く売れるという訳でもなく、素人にはどのくらいの価値があるのか判断するのが難しいことが多いです。

レアな500円玉にどのような種類があるのかを知り、複数の専門業者に査定してもらうなどして価値を確認して、上手に売却をしましょう。

 

グッドディールでは古銭やレアコインなど、価値のあるものを適性な価値判断のもと、査定・お買取りさせていただきます。古銭やレアコインの価値を知りたい、コレクションを売却したい方はぜひグッドディールへ!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる