帯の高価買取を目指すには?帯の買取相場と種類・高く売るためのコツ

公開日:2022年3月7日
最終更新日:2022年3月9日

「使わない着物の帯が家にあるけれどどうしよう」
「買取に出したら相場はいくらなのかな」

自分の使わなくなった帯や人から譲り受けたけれど使わない帯などは、どのように処分すればいいのか悩むところでしょう。

この記事では帯の種類や買取相場と、帯を高価買取してもらうためのコツを解説しています。また、帯の買取におすすめの買取専門についても紹介しています。

この記事を読むことで、手持ちの帯の相場や買取価格を下げないための注意点を確認することができます。また、帯の主な売却先も把握できます。これらの情報を知っておけば、安心して買取の査定を頼むことができるでしょう。

帯の売却を検討している人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

 

【買取需要別】帯の主な種類

帯の種類は、用途や長さ、幅などによってさまざまな種類に分けられます。

買取時、帯の価格帯にも大きな違いがあるため、買取額には差が出てしまうでしょう。

ここでは帯の主な種類のなかでも、買取需要の高い帯の主な種類と買取が難しいとされる帯の種類に分けて詳しく紹介します。

 

買取需要の高い帯の主な種類

はじめに買取需要の高いとされる帯の主な種類を紹介します。

買取需要の高い帯とは中古品としても需要がある帯を指しますが、帯自体は元値が高いものから安いものまでさまざまです。

ここでは、買取需要の高い帯の種類とその使い方、それぞれの買取額の傾向を確認してみましょう。

 

袋帯

袋帯は振袖、留袖、訪問着などの礼装に合わせることが多い帯で、帯の中では特に買取需要が高いとされ、成人式や結婚式などで着用できるため、幅広いニーズがあると考えられています。

飾り結びや二重太鼓に使われることから、袋帯は長さに特徴がある帯と言えるでしょう。

袋帯はフォーマルからカジュアルまで使えるため中古品としての需要が高く、一般的に帯の中では買取価格が高い傾向にあります。

 

丸帯

丸帯は江戸時代に流行した帯で、戦前までは礼装用として一般的なものでした。現在においては舞妓さんや花嫁さんの衣装に合わせる帯として使われることが多いです。

元値が非常に高く、買取金額も高くなる傾向にはありますが、使用する場面が限定されるため袋帯ほどの需要はないとされています。

場合によっては袋帯よりも低価格で買取されることもあるでしょう。

 

名古屋帯

名古屋帯は小紋や紬などの着物に合わせられる帯で、袋帯よりもカジュアルな場面で着用することが多いです。

一般的に名古屋帯は袋帯よりも短めです。帯の長さに厳密な基準はないため、名古屋帯の製品によって長さや幅が異なります。

名古屋帯は、合わせる着物や帯の柄によってはセミフォーマルとしても使えます。幅広い着物と合わせられるため、買取の需要は高いと言えるでしょう。

しかし丸帯や袋帯と比べると名古屋帯の元値は低く、買取に高値が付かないこともあると知っておきましょう。

 

半幅帯

半幅帯は浴衣や紬、小紋などのカジュアルな着物に合わせられる帯とされています。名古屋帯よりも長いものの幅は狭い傾向にあり、飾り結びが簡単に作れるようになっています。

使用できる場面が多く、着用する季節も選ばないことから中古の需要があるのが半幅帯です。

買取需要は高いですが、半幅帯は元値が安いものが多くあります。そのため、一般的に買取価格は高くならないと言われています。

 

買取が難しいとされる帯の種類

帯の中でも買取が難しいとされる帯がいくつかあります。買取需要がない理由は、主に中古の帯の需要が少ないためと言われています。

ここでは、買取が難しいとされる帯の種類とその理由を紹介します。

 

黒喪帯

黒喪帯は、喪服として着る礼装に合わせる帯です。

お葬式のような場面で中古の帯を使う人は少ないために需要が少なく、買取が難しいと言われています。

しかし真っ黒なものではなく、灰色や紺色などの「色喪帯」であれば、法事や法要で着用する機会があるため買取されることもあるとされています。

 

兵児帯、角帯

兵児帯と角帯は男性向けの和服の帯です。兵児帯は浴衣に使われるもので、子どもや大人の女性の浴衣にも用いられます。

兵児帯と角帯は中古の需要が少なく、買取を断られるケースもあります。しかし、1本のみでの買取はできなくとも、数本あるいはほかのアイテムとまとめて査定に出すことで買取される可能性もあります。

兵児帯や角帯は買取対象にならないのではと諦めずに、査定に出してみると良いでしょう。

 

化学繊維やウール製の帯

化学繊維やウール製の帯は安価な素材で作られているため、買取されないことがあると言われています。

安価な素材で作られた帯は元値がそれほど高価ではありません。そのため、リセールバリューがないと見なされることから買取が難しくなるとされています。

化学繊維やウール製の帯は、買取が可能であっても高価買取は期待できないと知っておきましょう。

 

帯の買取相場と高価買取を期待できる帯の特徴

帯の種類によっては買取が期待できるものと、難しいとされるものがあります。

買取が期待できるものであれば、買取の相場はいくらぐらいなのでしょうか。また、高価買取される帯の特徴は何でしょうか。ただし買取価格は日々変動しますので、買取相場が気になる方は都度チェックしてみましょう。

ここでは、帯の買取相場と高価買取される帯の特徴をあわせて解説します。

 

帯の買取相場

帯の買取相場は帯の種類や状態によって幅があります。

一般的な帯の買取価格は、平均して2千円から2万円ほどと言われています。

状態の良いものだと仮定すると、袋帯や丸帯では5千円から2万円ほど、名古屋帯や半幅帯では数千円ほどが買取相場です。

伝統工芸品や有名産地、作家の手による帯などは10万円から20万円ほどの高額査定が提示されることもあります。

 

高価買取が期待できる帯の特徴

買取需要が高いとされる袋帯や丸帯の中には、高価買取が期待できる帯があります。

ここでは、高価買取が期待できると言われている帯の特徴を紹介します。これらに当てはまる帯を売却する時の注意点もあわせて解説していますので、確認してみましょう。

 

有名産地、作家の帯

西陣織や博多織のような有名産地や伝統工芸品の帯は高値が付くことがあると言われています。また人間国宝の手がけた帯のように、有名作家のものも価値が付きやすい傾向にあります。

有名産地や有名作家の帯は、その帯の購入時に証紙が付いていることがほとんどです。証紙は、帯の品質や産地などが記載してある保証書や証明書のようなもので、帯の買取査定の際に併せて見せることで高額査定が期待できます。

帯を売る時には証紙がないかチェックしておきましょう。

 

織り帯

織り帯は帯生地を織る段階で模様を織り込む帯のことで、出来上がった反物を染めて模様を付ける染め帯よりも格調が高いとされています。

織り帯は色鮮やかな糸で織り込まれた立体感がある模様が特徴で、錦織や唐織などが有名です。これらは花嫁衣装や留袖と合わせることで最上級の礼装として用いられます。

きらびやかな印象がある織り帯は、高額買取になりやすい品物です。金糸や銀糸がふんだんに使われていれば、より高い買取価格が期待できるでしょう。

 

正絹の帯

正絹の帯は絹のみで作られた帯のことで、素材自体が非常に高価なものです。

袋帯や丸帯のようなフォーマルな場面で使うことの多い帯に使われる正絹ですが、博多帯のような半幅帯でも用いられることがあります。

正絹の帯は比較的高価で買取される傾向にあるため、売却の際には素材をきちんと確認しておきましょう。

 

保存状態の良い帯

保存状態の良い帯は査定で高い評価をつけられやすいため、高価買取が期待できると言われています。

正絹の帯は正しく保存しておかないと、汚れがついたり虫食いなどの被害が出たりするケースもあります。また、売却の際に慌ててクリーニングに出したとしても、クリーニング代金が買取価格に見合わない可能性もあるでしょう。

帯は普段から正しく保存しておくと売却の際に慌てずに済みます。

 

帯の主な売却先

帯の売却を考え始めた時、思い浮かぶ売却先はいくつかあるでしょう。

ここでは帯の主な売却先とそれぞれの特徴を解説します。

持っている帯の価値をしっかりとわかったうえで査定してくれるのはどのようなところなのか、確認してみましょう。

 

買取業者

帯の売却先でおすすめなのは中古品の買取を行っている専門店です。

帯の買取を決めたら、着物買取や帯買取の査定実績が豊富な店を探しましょう。査定実績が豊富な店は専門の査定士がいるため、相場に見合った値段を付けてもらいやすいからです。

買取方法は主に店頭買取、宅配買取、出張買取の3種類があります。帯を運ぶのが難しい場合は、宅配買取や出張買取の利用がおすすめです。

出張買取であれば、帯の梱包中や運搬中に傷めるリスクもないので安心でしょう。

 

グッドディールでは帯をはじめ、積極的に着物の買取を行っております。出張買取も宅配買取ともに対応しております。
お問い合わせはこちら
着物の買取について詳しく見る

 

リサイクルショップ

古着屋やリサイクルショップは買取品目が多いため、帯の売却先として検討する人も多いでしょう。リサイクルショップは店舗数が多く、最寄りのリサイクルショップに帯を持ち込んで買取してもらえるのが特徴です。

リサイクルショップは帯以外にも家電や服など、幅広いアイテムを同時に売却できることがあります。そのため、帯以外にも整理したい品が多い時にはおすすめです。

しかし、リサイクルショップには帯の買取に詳しいスタッフがいるとは限らないため、査定する店員の知識によって買取金額が左右される傾向にあります。

高額な買取が期待できる帯は、リサイクルショップでの売却は控えたほうが良いでしょう。

リサイクルショップで売却する際は、査定後すぐに売却せずに、複数の店舗で査定して相場を調べてみるようにしましょう。

 

フリマアプリ

フリマアプリは、好きなタイミングで手軽にスマートフォンから出品できるのが特徴です。普段からフリマアプリのサイトを使う人は、帯の売却方法としてもフリマアプリが利用しやすいでしょう。

フリマアプリは帯を出品してから、購入者を待つ売却方法です。価格設定も自分で行うため、帯の価値について詳しくない場合は、相場よりも低い金額を設定してしまう可能性があると言われています。

また、フリマアプリでは購入希望の利用者から価格交渉を持ちかけられることもあります。

帯を高く売りたい場合は、帯の査定を的確に行う買取店へ依頼するほうがおすすめです

なお買取店での値段がつかない帯などの場合は、ハンドメイド用の生地として買い手が付く可能性があるため、フリマアプリやネットオークションを利用すると良いでしょう。

また、最近では匿名で送れるフリマアプリもあるため、相手にこちらの名前や住所を知らせず送れる場合もあります。

 

帯を高価買取してもらうためのコツ

手持ちの帯をできるだけ高く売りたい場合には、普段から気をつけておくポイントがあります。また、査定に出す際にも注意点がいくつかあります。

ここでは帯を高価買取してもらうためのコツを紹介しますので、売却時の参考にしてください。

 

きれいに保管する

虫食いやカビ、目立つ汚れや大きなシミがある状態の帯は、査定金額が下がってしまう傾向にあります。

帯は湿気るとすぐにカビが生えてしまったり虫が侵入したりします。年に数回、定期的に保管場所から出してしっかりと乾燥させるようにすると良いでしょう。

帯は汚れてしまわないようにきちんとたんすや箱に入れて保管することが大切で、桐で作られたたんすや箱は防虫と防湿の効果が得られると言われています。

帯の保管は非常に難しいものです。長期保管に不安があったり、すでに傷み始めたりしている場合は劣化する前に早めに査定に出すことも選択肢のひとつでしょう。

帯は売ると決めたら、すぐに売却先を探してみましょう。

 

自分でシミ抜き補修はしないほうが良い

帯にシミを見つけると何かの対応をしようとなりがちですが、自分でシミ抜き補修はしないほうが良いでしょう。自分であれこれと触ってしまうと帯の生地を傷めてしまう恐れがあります。

また、専門店にシミ抜きや補修を依頼しても、かけた費用を売却時に回収できない可能性もあります。帯の売却にあたっては事前に特別なことをする必要はないでしょう。

売却を決めた帯は、埃を払ったり、干してシワを伸ばしたりしておくぐらいにとどめておきましょう。

 

関連アイテムとセットで売る

帯の売却を考えた時は、着物や帯留め、草履などの他の関連アイテムとまとめて査定に出すと買取価格がアップすることがあります。

和装関連の中古品はまとめて買いたいという需要があるため、帯と関連アイテムがセットになっている場合は査定に好影響を与えるとされています。

帯と一緒に購入した和装品や付属品があれば、同時に査定してもらうと良いでしょう。

 

実績が豊富な買取店を探す

帯の高価買取を目指すには、帯や着物、和装品の買取実績が豊富な店を探してみることがおすすめです。

和装品の買取に関する知識が不足している店では、帯の持つ価値を正確に判断してもらえない可能性がありますが、帯の価値を理解しているスタッフに査定してもらうことで、相場に見合う価格で買取してもらいやすくなるでしょう。

買取店によって、買取サービスの種類は異なります。自宅へ査定士が出張してくれる出張買取は帯の運搬に不安がある人はもちろん、他にも買い取ってもらえるものがあるのかを自宅にいながらにして確認できます。

また、店舗の営業時間に来店するのが難しい人や、自宅に査定士が訪問するのに抵抗がある人は宅配買取が便利です。買取店によっては送料無料のところもあります。

実績が豊富な買取店を探しながら、自分に合った買取サービスも確認してみましょう。

 

帯を買取に出してみよう

帯の高価買取を目指すためのポイントについて紹介しました。

帯の売却は、専門の知識を持った査定士による査定と、納得できる買取価格を提示する買取専門店がおすすめです。

帯をはじめ、着物や和装小物などの売却をお考えの際は、無料査定を行っている、取り扱い実績の多いグッドディールをご検討ください。

グッドディールは買取対象が広く、ブランド品や骨董品の査定も行っています。査定の依頼は電話やメール、ホームページから受け付けています。

相談のみでも大歓迎ですので、気軽にお問い合わせください。

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる