生前整理でやることリスト|本人と家族のメリット・不用品の処分方法

公開日:2022年3月7日
最終更新日:2022年3月10日

生前整理について聞いたことはあるけど、実際何をすれば良いのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

自分が亡くなった後のことを具体的に想像してみてください。お気に入りの写真を遺影に使い思い通りのお葬式を上げ供養してもらえましたか。相続トラブルは起きていないでしょうか。

前もって自分の考えを伝えておかなければ、自身で判断を下せなくなったとき希望どおりに事は進みません。こうした心配をなくすため、生きている間にしておきたいのが生前整理です。

生前整理と聞くと、自分の持ち物や財産の整理は手間がかかり面倒な感じがしますが、順序良く進めていけば難しくはありません。生前贈与などの財産整理は相続人が弁護士、司法書士、税理士といった専門家へ相談しサポートを受けることも可能です。

本記事では、基本的な生前整理の知識や実際にやることから不要なものの片付け方まで解説しています。記事を読めば何から始めれば良いかが分かるでしょう。

人生100年時代、前向きに老後の生活を送れるよう、ぜひ記事を参考に生前整理を進めてみてください。

 

生前整理の基礎知識

生前整理は、断捨離のように物を処分し片付けるだけではありません。死後を意識し、今後の人生において何が必要かを考えながら、物を整理していくうちに気持ちも整っていきます。

生前整理は、自分にとっても家族にとっても意味のあるものです。ここからは、生前整理とは何か、どのようなメリットを得られるのかを詳しく見ていきます。

 

生前整理とは?

生前整理とは、自分自身の死後のことを想定し、身の回りを整理しておくことです。元気なうちに生前整理をしておくことで、突発的な事故といった万が一の事体にも備えることができます。

生前整理のタイミングは、人によってさまざまです。介護施設への入所前、定年退職したとき、子どもが独立したときなど節目を迎えた時点ばかりでなく、30代・40代などの若い世代が将来に向け自分を見つめなおす機会として始める場合もあります。

 

生前整理をするメリット

亡くなった後、全く整理されていない状態のままだと、残された家族は手続きや片付けに時間を要します。本人も、亡くなった後の希望を伝えておけば安心でしょう。

生前整理を行うことは、本人と家族の両方にメリットがあります。本人と家族それぞれのメリットについてチェックしてみましょう。

 

本人のメリット

不要な物を処分し室内にゆとりを持たせると、暮らしやすくなり、転倒など家庭内で起こる事故の防止にもつながります。財産や所有物などの死後の扱いについて事前に決めて書き残しておくことも可能です。

生前整理により身の回りが片付くため、すっきりとした気持ちで過ごしやすくなります。これからの人生をどのように過ごしていくかについて考えるきっかけにもなるでしょう。

 

家族のメリット

故人による生前整理が済んでいると、家族の負担が少なくなります。亡くなった後、どのような葬儀を希望するか示されていれば、故人の意向を汲んだ形式で送り出すことができるでしょう。

生前整理が済んでいれば、離れて住んでいる家族でも遺品整理の作業を迷わずに進めやすくなります。誰に何を残すかが分かれば、遺産相続に関する問題も起こりにくくなるため、形見分けもスムーズに進むでしょう。

 

生前整理でやること

生前整理でやることは、所有物の把握・整理・処分です。財産から、デジタル機器内に残されている情報やデータまで、あらゆるものをチェックしていきます。やることをリスト化しておくのが進め方のポイントです。

ここからは、生前整理でやっておくべき主な作業について紹介します。

 

財産目録の作成

どのような財産があるか明確にするためには、財産目録を作成しておきましょう。

財産目録は、遺産分割協議の場や相続税の申告時に役立ちます。財産目録には、預金通帳、現金、不動産、有価証券、宝石、貴金属、骨董品など相続財産をリストアップし記載します。

財産の特定に必要な情報とともに、保管場所や評価額なども記載しておくと家族が遺品整理しやすくなります。ローンの残債など、負債や借金がある場合もリストに載せておきましょう。

 

不動産の整理

不動産の相続は煩雑で、遺族間トラブルにつながるケースがあります。そのため、遺族が困らないように、早めに相続方法を決めておくことがおすすめです。

土地や建物を複数人で相続する場合は、現物分割や換価分割、代償分割など複数の方法があるため、調べた上でふさわしいやり方を選ぶと良いでしょう。家族としっかり話し合い、禍根を残さないように整理を進めることが大切です。

 

身の回りの品物の整理

日用品、コレクション、思い出の品など身の回りにある物は、生前に整理して数を減らしておくと遺品整理する遺族の負担を軽くできます。残しておきたい物と不要な物を仕分けていき、いらないアイテムを処分していくと整理しやすいでしょう。

処分するか迷ったときは、後で後悔しないよう保留にしておくことがおすすめします。周囲の人の意見を聞き、残すかどうかを決めるのも一つの手段です。

 

デジタル遺品の整理

デジタル遺品とは、デジタル機器のデータやパスワード、ネット銀行口座、仮想通貨などのことです。死後に遺族が確認しにくいため、早めに整理しておくと良いでしょう。

処分が必要なデータは消去するよう頼み、家族がアクセスできる状態にしておきます。使用中のパスワードやIDなどは一覧表を作ってまとめると良いでしょう。不要なデータや見られたくないデータはあらかじめ削除しておく方が無難です。

 

エンディングノートの執筆

エンディングノートは、自分の人生や死後のことなどを記しておくノートです。遺言状とは異なり、法的効力は持たないとされています。書き方に決まりはなく、自分の言葉で自由に書きたい内容を記してもかまいません。

財産に関する項目、緊急時の連絡先、延命措置が必要になった場合の選択、家族のメッセージなどを書きこむことで自分の考えや思いを伝えられます。

 

生前整理で出た不用品の処分方法

生前整理で出た不用品は使えない物、使える物、価値がある物のいずれに当たるかで処分方法が違います。

処分を決めた品の中には、他人にとって必要な物、自分が考えている以上に価値がある物が紛れている可能性もあるでしょう。

ここでは3つの処分方法についてそれぞれ説明していきます。不用品を活かせる処分方法を探してみましょう。

 

ゴミ収集や不用品回収業者に引き取ってもらう

壊れて使えない物や明らかに価値が低いもの、食料品などはゴミとして処分します。ゴミ収集に出す場合は、自治体のルールに沿って捨てましょう。

粗大ゴミは一度に出せる個数の制限や、回収までに日にちがかかる可能性があります。数が多い場合は、不用品回収業者へ依頼するとまとめて処分しやすいでしょう。業者によっては粗大ゴミに出すよりも費用を安く抑えられます。

 

必要な人や施設へ譲る

処分する予定の物を必要としている人がいた場合は譲りましょう。まだまだ使用でき、捨てるには惜しい物は、そのまま知り合いに使用してもらうとお互い助かります。

譲る相手が見つからないときは、施設や団体などへ寄付するのも良い方法です。寄付を募っている施設や団体でも不用品な物を全て受け取ってくれるとは限りません。詳しい内容や送付方法は寄付先へ問い合わせるか、ホームページで調べて確認しておきましょう。

 

売却する

手放す物の中で高い価値がつく可能性がある物は売却を検討してみましょう。

美術品や骨董品、宝飾品、ブランド品、古銭、着物、貴金属、コレクション品などは、専門的な知識をもとに査定する買取店に依頼すれば、適正価格での買取が期待できます。

貴重品は、すぐに売らず、複数の買取店を比較しよく検討してから売却先を決めることが大切です。売りたいアイテムの買取実績が豊富な専門業者を探して利用しましょう。

 

グッドディールでは、積極的に幅広いお品物の買取を行っております。生前整理で処分したいものがあるなら、まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
グッドディールの買取ジャンル一覧

 

 

生前整理にやることを知ろう

本記事では生前整理にやることについて紹介してきました。やることはたくさんありますが、記事を参考にできることから一つずつ整理していきましょう。

処分する物が出たときは、すぐにゴミと判断せず、売ることができないか考えてみましょう。

 

生前整理により不用品の売却をお考えの際は、査定やキャンセルが無料で多彩なアイテムの取り扱い実績が豊富なグッドディールをご検討ください。価値のあるものを適性な価値判断のもと、専門知識豊富なスタッフが査定・お買取りさせていただきます。まずはお気軽にお問い合わせを!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる