高く売れる不用品の種類|売却時の注意点と高価買取してもらうコツ

公開日:2022年3月7日
最終更新日:2022年3月10日

「遺品整理でいらなくなったものはどう処分すればいいのだろう?」
「自宅にある不用品を少しでも高く買い取ってもらいたい!」
「自分で、フリマアプリなどで取引するのは面倒くさいなぁ。」

買い物が好きで収納スペースがいっぱいになってしまった、引っ越しなどでいるものといらないものを整理したいなど、さまざまなケースで出てしまった不用品をどう処分したらよいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、不用になってしまったものの基本的な処分方法から、買取を利用するにあたってのメリット・デメリット、注意点やおすすめの買取サービス「グッドディール」について紹介しています。

この記事を読むことで、処理の方法がわからない不用品の処分方法や価値のあるものかどうかの判断ができるようになるでしょう。不用品の処分を検討している方はぜひ、この記事をチェックしてみてください。

 

不用品を手放す方法1:処分・回収

不用品を手放す方法として、おもに用いられるのは「処分・回収」になります。自治体によって決められた方法で、ごみとして処分するのが一般的でしょう。

ほかに、不用品回収を専門としている業者や引っ越し業者に回収を依頼する方法もあります。ここでは「処分・回収」について説明していきます。

 

ごみとして処分

ごみとして処分する場合は、自治体ごとに決められたルールを守って処分する形になります。決められた曜日・時間に指定された方法を守ればお金をかけずに処分できます。

また、ごみは分別する必要があります。分別方法は燃えるごみ、燃えないごみ、資源ごみ(ペットボトル、白色トレイ、紙パック、空きびん、空き缶、段ボール古紙)、電球、乾電池、粗大ごみが一般的です。

さらに、ごみの分別は自治体ごとにルールが異なるため注意が必要です。処分するものによっては処分費用を支払う必要があったり、処分できるごみの大きさに制限があったりするため、自身が住んでいる自治体のルールを確認しておきましょう。

なお、どんなに重たいものやかさばるものであっても、自分で収集場所に持っていく必要があるため、そういったものを処分する場合は業者を利用することも検討すると良いでしょう。

 

不用品回収業者を利用

不用品回収業者に料金を支払って引き取ってもらう場合は、前述した重たいものやかさばるものがあるとき、処分したいものが大量にあるときに利用すると良いでしょう。

不用品回収業者は、都道府県公安委員会から「古物商許可」を受ける必要があります。依頼を問い合わせる前に、しっかりと許可を受けているかどうか確かめるようにしましょう。

 

出典:古物商許可申請をされる方へ|警視庁

出典:古物営業法|e-Gov法令検索

 

引っ越し業者の引き取りサービスを利用

引っ越しをする際に不用品を処分したい場合は、依頼している引っ越し業者に回収サービスがあるかどうか確認して、あるときには利用するのがおすすめです。ただし、ものによっては回収費用が発生することもあるため、しっかりと確認しておきましょう。

なお、回収ではなく買取対応をしてもらえる場合もあります。その場合は買取品に応じた金額をもらえるため、回収サービスがあるかどうかの確認と併せて聞いてみると良いでしょう。ただし、回収サービスを行っていない業者もあるため注意しましょう。

 

不用品を手放す方法2:売却・買取

処分する不用品のなかには、売れるものや買い取ってもらえるものがあります。1円にもならないと思っていても場合によっては数千円、数万円の価値が付くこともあるため、売却や買取サービスを利用することをおすすめします。

ここではさまざまな買取方法について紹介していきます。

 

自分で売却

自身が販売する側となって不用品を売却するときには、公園や広場で開催しているフリーマーケットへの参加やフリマアプリの利用、オークションサイトへ出品する方法があります。

自身で販売する方法のメリットは、自身で価格を決めて気軽に出品・売却できるところにあります。不用品が少数で価値が付くものだとわかっているときに利用するのがおすすめです。

デメリットは、自分で価格を決めたり商品の写真を撮影したりしなければならないことです。また、値下げ交渉やコメントへの対応など購入を希望している方とのやり取りが出てくる場合もあり、出品するものが多いほど手間がかかってしまいます。

 

リサイクルショップでの査定・買取

自身で価格を決めたり販売したりするのが面倒な方は、不用品買取をしているリサイクルショップを利用するのがおすすめです。

リサイクルショップは幅広いジャンルを扱っていることが多く、不用品をまとめて持っていくと一括査定してもらえるため、手間はほとんどかかりません。

ただし、依頼する店舗や店員がすべてのジャンルに詳しいとは限らず、相場よりも低い買取価格を提示されてしまう可能性があるため注意が必要です。

 

専門店での査定・買取

ブランド品や限定品といった、もとより価値の高い不用品を少しでも高く売りたいときには、そのジャンルに詳しい専門店に依頼して査定・買取してもらうのをおすすめします。

専門店であれば、相場に見合う価格をつけてもらえる可能性が高く、一般的に「店頭買取」「宅配買取」「出張買取」などの方法から選ぶことができます。

すぐに現金として欲しい場合は「店頭買取」、持ち運ぶのが手間である場合は「宅配買取」または「出張買取」を利用すると良いでしょう。

 

買取専門店グッドディールでは、積極的に幅広いお品物の買取を行っております。処分したい不用品があるなら、まずはお気軽にお問い合わせください。出張・宅配・店頭買取すべて対応しております。
お問い合わせはこちら
グッドディールの選べる買取・査定方法
グッドディールの買取ジャンル一覧

 

高く売れる不用品の主な種類

高く買取してもらえる不用品はある程度限られています。ここではおもに高額で買取されている「ブランド品」「貴金属」「宝石」「電化製品」「家具」「古銭」「着物」「楽器」について、それぞれどれくらいの買取額になるのか詳しく紹介していきます。

 

ブランド品

人気ブランドやハイブランドのアイテムは高値で売れる可能性が高くなります。なかでもバッグや洋服、ジュエリーや時計といったものは需要が高いため買取サービスを利用すると良いでしょう。

ブランド品の買取には、正規品であることを証明するギャランティカードがあると査定でも高い評価を得られます。また、評価を下げないためにも保証書や鑑定書を保持している場合には、査定時に一緒に提出することが大切です。

 

貴金属

金や銀、プラチナといった貴金属も高く売れる可能性があります。貴金属は毎日のように1gあたりの相場が変動しているため、事前に確かめておくことをおすすめします。

また、買取の場合はアイテムの状態やブランドの需要を加味して査定されるため、状態が悪いと相場よりも低い価格を提示される可能性もあることには注意が必要です。

 

宝石

ダイヤモンドやパール、ルビー、サファイアといった宝石類は高値で売れることが多いです。

宝石は大きさ・品質によって大きく買取価格が変動します。また、宝石ごとに評価の基準が異なることから、鑑定書を用意してから査定してもらうと良いでしょう。

 

電化製品

液晶テレビやブルーレイレコーダー、パソコン、オーディオ機器、スマートフォン、タブレットなど販売時から高価で需要の高いものは高く売れやすい傾向にあります。とくに人気メーカーのモデルほど高額になる可能性は高いです。

また、冷蔵庫や洗濯機といった電化製品の査定評価は発売してから日が経っていないほど高額になります。なお、家電は5年以内のものが買取対象になることも多いため、不用品として処分したい電化製品が5年以上経過しているかどうか確認しておくと良いでしょう。

 

家具

購入するときから高価な高級家具やアンティーク家具、デザイナーズ家具は高値で売れる可能性が高くなっています。とくにテーブルセットやカップボード、ソファといった大型家具が高く売れることが多いでしょう。

なお、大型家具を店舗に持ち込むことは難しいため、出張買取を利用することをおすすめします。

 

古銭

歴史的な価値のある古銭や旧紙幣、大判・小判といった骨董品も高値で買取されます。とくに製造数が少ないなど市場に出回っている数が少ない貴重品ほど高価買取されることが多いです。

また、エラーコインのような製造時のミスで生じた特殊な硬貨などはコレクターの需要が高く、高値になることも多い傾向にあります。

 

着物

家族から受け継いだ着物や成人式などで使用しただけで、着る機会がなくなった着物も高く売れることがあります。とくに正絹の素材でできているものや有名な作家の着物であると高価買取されやすいでしょう。

また、着物だけでなく草履や帯も高値で売却でき、セットにすることで価値や査定額も高くなるケースもあります。

 

楽器

楽器は元値が高いことから、買取価格も高値になることが多いです。とくにギターやキーボード、サックスやドラムといった需要の高いものほど高額になりやすいです。

なお、楽器はアンティーク的な価値があるものを除き、製造から時間が経っているほど故障しやすくなることから価値が下がります。そのため、不用品となったらなるべく早めに買取してもらうのをおすすめします。

 

グッドディールでは、ブランド品、貴金属、宝石をはじめ、イミテーションや着物・古銭など、積極的に幅広いお品物の買取を行っております。処分したい不用品があるなら、まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
グッドディールの買取ジャンル一覧

 

不用品を売るときの注意点

不用品を売るときは、さまざまな手数料が発生したり買取不可のアイテムがあったりするなど、あらかじめ注意しておくことがあります。ここでは、不用品を売るときに注意しておくことについて紹介していきます。

 

手数料をチェックする

不用品を売るときの方法によって、買取手数料や振込手数料、査定料やキャンセル料、梱包資材費など、さまざまな料金が発生することがあります。

また、フリマアプリなどを利用して自身で販売をするときは、段ボールやガムテープなどの梱包資材費や送料を負担することになります。利用するサービスでどのような料金が発生するのか事前に確認しておくことが大切です。

なお、手数料無料や送料無料になるサービスやキャンペーンを行っていることもあるため、事前にチェックしておくと良いでしょう。

 

出品、査定不可のアイテムを確かめておく

処分したい不用品のなかにはフリマアプリに出品できないものや査定できないアイテムもあります。「生もの」「危険物」「医薬品」は基本的に出品および査定不可のアイテムとされています。また、業者によってはサイズや重量に制限がある場合もあります。

こういった出品および査定不可のアイテムはサービスごとに異なるため、ホームページの確認や問い合わせをして、買取可能か事前にチェックしておくと良いでしょう。

 

不用品を高く売るためのコツ

不用品をそのまま売りに出すのではなく、少し手間を加えることで高く売れる可能性を高めることができます。ここでは、少しでも高く売れるようにするためのコツや知っておきたいポイントについて紹介していきます。

 

相見積もりを取る

リサイクルショップや買取店は店舗ごとに査定する方法が異なり、提示される査定額もさまざまです。ときには査定額に大きな差が生まれることもあるため、複数の業者に査定してもらい相見積もりを取って比較することが大切です。

選択肢を増やし比較検討することで、条件の良い店舗を知ることができ、選び方の幅も広がるというメリットもあります。

 

売りたいアイテムのジャンルに詳しい店を選ぶ

ブランド品や宝石などは、そのジャンルに詳しい買取業者へ依頼するのがおすすめです。

専門知識のあるスタッフが査定を行うため、売りたいアイテムの価値を見落とす可能性は低く、査定金額も高くなりやすいです。

できるだけ買取実績が多い店を探しましょう。加えて、買取後の販路が多い店舗ならば、在庫を抱え、赤字になる不安が少ないです。査定金額を高く設定していることも多いため、事前に調べておくと良いでしょう。

 

入念にメンテナンスしておく

普段から使っていたものを中古品として販売するときは、新品に近い状態の良いものほど高く売れます。出品したり買取サービスに依頼する前にメンテナンスしておくようにしましょう。

メンテナンスは自身でできる範囲で手入れしておくと良いでしょう。ただし、アイテムの素材によっては、拭いたり洗ったりなどの手入れすることで傷んでしまい、価値を落とす可能性があるため注意が必要です。

 

相場が高いうちに売る

売ろうとしているアイテムの市場相場が高いほど査定金額も高くなります。おもちゃやゲームソフト、フィギュアなどが人気のあまり売り切れていて、入手困難なものほど買取額が高くなる傾向があるため、市場価格をチェックして価格が下がってしまう前に売ると良いでしょう。

 

付属品を添える

掃除機やトースターなどの家電製品やアウトドア用品や雑貨、ブランド品などは、交換パーツや保証書といった付属品をすべて揃えることで高く売れることが多いです。まずは揃っているか確認してから査定してもらうようにしましょう。

 

高く売れる不用品を知ろう

不用品のなかには、思いも寄らない価値のあるアイテムが存在する可能性があります。ごみとして処分してしまうのではなく、お金になるかどうか調べてみると良いでしょう。

 

断捨離で不用品の売却を行う際は、査定やキャンセルが無料で幅広いアイテムの取り扱い実績が多いグッドディールをご検討ください。

グッドディールでは価値のあるものを適性な価値判断のもと、専門知識豊富なスタッフが査定・お買取りさせていただきます。まずはお気軽にお問い合わせを!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる