引越し時の不用品処分の主な方法|各方法に向く人の特徴と注意点

公開日:2022年3月7日
最終更新日:2022年3月10日

「ソファやタンスみたいな大型家具の費用相場ってどのくらいなんだろう?」
「不用品買取サービスって、電化製品も回収してくれるのかな?」
このように、引越し時の不要品をどう処分するか、お悩みの方もいるのではないでしょうか。

本記事では、回収、売却、寄付・譲渡による不用品処分方法と、それぞれの方法が向いている人の特徴や、注意が必要なポイントなどを紹介しています。

この記事を読むことで、引越し時の不用品処分方法と、不用品を処分する際の注意点を把握できます。これらの知識により、自分に合った不用品の処分方法を選択でき、処分方法や回収業者の選択に不安がある方でも、安心してスムーズに引越し作業を進められるでしょう。

引越しをお考えで、不用品の処分にお困りの方は、ぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

 

引越し時の主な不用品処分方法1:回収

自治体や専門の業者に回収してもらうことは、身近で手軽なため、利用しやすい方法と言えるでしょう。

ただし、自治体にごみとして回収してもらう場合は、居住地の自治体ごとのルールを守る必要があります。また、業者に回収を頼む場合でも、業者ごとにルールがあり、費用もかかることに注意が必要です。

他にも、引越し業者のオプションサービスで不用品を回収してくれる場合もあるため、状況に合わせた選択をしましょう。

ここでは、不用品処分において回収が向いている人の特徴と、具体的な回収方法について紹介していきます。

 

回収が向いている人の特徴

急に引越しが決まり、急いで不用品の処分を済ませたいという場合は、「回収」という方法が良いでしょう。この方法は、不用品の処分に時間を取れない場合や、手間を掛けたくない人にも適しています。

一般的なごみの回収であれば、自治体ごとのルールはありますが、ごみの種類を分けて週に数回程度、定期的な回収が行われます。そのため、不用品の量が多くない場合は、計画的に回収してもらうことで費用も抑えられるでしょう。

また、大きな不用品など、自力で運べない物がある場合は、有料の処分・回収サービスの利用がおすすめです。

それなりの費用は掛かりますが、手間をかけずに不用品を処分できるでしょう。

 

具体的な回収方法

ここでは、引っ越し時に出る不用品の回収方法について、注意点やメリットなどを紹介していきます。

以下に、3つの回収方法を紹介します。自身の状況に合わせた方法で不用品を処分し、引越し準備をスムーズに進めて行きましょう。

 

自治体のごみ回収に出す

ごみや不用品の種類によって、週に数回から月に1回程度回収してもらえるのが、自治体によるごみ回収です。普段の生活でも馴染み深い方法のため、急いでいない場合は良い方法と言えるでしょう。

この方法のメリットは、手続などが不要で手間がかからない点です。各自治体によって日程が決められているため、その日程に合わせ、あらかじめ不用品を出す準備ができます。

指定日が来たら、決められた時間までに収集場所に持っていくだけで回収してもらえるため、非常に手軽な方法と言えるでしょう。

ただし、粗大ごみを出す場合は、自治体によって方法が異なるため注意が必要です。中には、収集の日付を指定される自治体もあるため、料金や予約の有無、不用品の出し方などを問い合わせた上で、申し込み手続きをしましょう。

 

不用品回収業者に依頼する

不用品を処分するために、費用を支払い、民間の回収業者に依頼する方法もあります。不用品が大きくて自力で運び出せない場合や、大量の不用品を処分しなければならない場合におすすめの方法と言えるでしょう。

回収する不用品の大きさや量などの条件で費用が異なる方法ではありますが、搬出を依頼できたり、業者によっては即日回収してくれる場合もあります。回収を依頼する際は、住んでいるエリアに対応する業者を検索して探しましょう。

なお、引越しの繁忙期には、希望の回収日を指定できない可能性もあるため注意が必要です。時期によっては速やかに不用品を回収してもらえますが、いずれの場合でも、ある程度余裕をもって依頼することをおすすめします。

 

引越し業者のオプションサービスを使う

引越しをお願いした業者のオプションサービスで、不用品を回収してもらえる場合もあります。回収費用は別途必要になりますが、引越しと同時に回収してもらえるため、申請や作業の手間が少なくて済む点がメリットでしょう。

ただし、回収にかかる料金のほか、業者によって回収できる不用品の種類が異なることに注意が必要です。

引越し業者に回収を頼む場合は、事前に回収可能な物を調べ、回収できない物は別の方法で処分してください。

 

販売店に引き取りを依頼する

引越しに際して、家具や家電などを買い替える場合は、新たな製品を購入する店舗で古い製品を回収してもらえることがあります。家具や家電を買い替える際は、販売店に回収してもらえるか問い合わせましょう。

販売店による引き取りには、新たに購入した製品を設置してもらう際に回収する方法と、直接店舗に持ち込む方法があります。回収方法や対象製品によっても費用が異なるため、販売店に問い合わせるか、ホームページなどで調べてから依頼しましょう。

また、製品の引き取り先が、新たに購入した製品の配送先と一致していない場合、依頼を断られる可能性もあります。旧居にある製品を回収してもらい、新たに購入した製品を新居に届けてもらうような依頼は断られやすいことも知っておきましょう。

 

引越し時の主な不用品処分方法2:売却

使わなくなった製品などを、買取専門店やリサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらう方法です。

市場のニーズや製品の状態により、高額で買い取ってもらえる場合もあります。ここでは、不用品の売却に向いている人の特徴と、具体的な売却方法について紹介します。

 

売却が向いている人の特徴

不用品の売却は、使わなくなった物を金銭に替えられるため、お得に不用品を処分したい人や、売却する物を選定する時間がある人におすすめの方法です。

ブランド製品やジュエリー、パソコンやスマートフォンの他、着物や古銭、切手など、中古品としての需要が高い物は高く売れる可能性があります。不用品の中に売れそうな物がある場合は、売却も検討すると良いでしょう。

 

具体的な売却方法

不用品を売却するにも様々な方法があります。

ここでは、具体的な売却方法の特徴やメリットについて、詳しく紹介していきます。不用品の種類によって、おすすめする売却方法も異なるため、ぜひ参考にしてください。

 

フリマアプリやネットオークションを利用する

この方法は、値段や売り出すタイミングなどを自分で設定でき、自分の理想の値段で不用品を売却できるのがメリットです。

値段設定の自由度が高い反面、商品説明や写真などを自分で用意したうえで出品する必要があるため、処分が必要になるまで時間がある人におすすめの方法でしょう。

ただし、買い手が見つからない場合は、売れるまで不用品を手元に保管しておく必要があります。買い手が見つかった場合も、梱包や発送は自分で行うため手間が掛かる点や、取引相手とトラブルになる可能性もある点には注意が必要です。

 

リサイクルショップへ持ち込む

この方法は、幅広い様々なジャンルの製品を買い取ってもらえる可能性が高く、その場で査定してもらえる店舗もあるため、時間がない方にもおすすめです。不用品も高価買取してもらえる可能性があるでしょう。

出張買取や宅配買取などに対応している店舗もあるため、不用品が多い場合などは、これらの対応が可能な店舗に買取依頼すると良いでしょう。

ただし、製品の状態が悪かったり、故障していたりした場合は、査定を断られ、買い取ってもらえない場合もあります。

 

買取業者に査定してもらう

特にブランド品や貴金属製品など、料金相場が変動しやすく高く売却できる可能性がある製品は、それを専門に取り扱っている買取業者に査定を依頼するのがおすすめです。

査定の実績が豊富なお店であれば、相場に見合った値段で買い取ってくれる可能性も高くなります。査定に出す時は、買取業者の実績をホームページなどで調べてから相談するといいでしょう。

専門の買取業者でも、リサイクルショップと同様に、店頭・宅配・出張などの買取方法があります。買取方法によって、手数料の有無も異なるため、事前にホームページなどで費用をチェックしておくことが大切です。

 

グッドディールでは、積極的に幅広いお品物の買取を行っております。引っ越しで処分したいものがあるなら、まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
グッドディールの買取ジャンル一覧

 

 

引越し時の主な不用品処分方法3:寄付・譲渡

団体への寄付や、知人や友人に譲渡する方法は、「まだ使えるのに、捨てるのはもったいない」と感じてしまう人におすすめの方法です。

使用可能な物を寄付したり譲渡したりすることで、人の役に立つこともできます。ここでは、不用品を寄付・譲渡することに向いている人の特徴や、具体的な寄付や譲渡の方法について紹介していきます。

 

寄付や譲渡が向いている人の特徴

まだ使用できる製品を捨てるのがもったいない人や、社会や人の役に立ちたい人、処分に費用を掛けたくない人は、不用品の寄付や譲渡がおすすめです。

団体などに寄付する場合は、基本的に未使用品か、新品同様で十分使用できる製品を渡しましょう。ひどく汚れていたり、故障したりしている物は、寄付しても使用できないため、別の方法での処分を検討してください。

製品によっては、使用できる不用品を寄付することで、恵まれない人の役に立てる場合があります。

 

具体的な寄付・譲渡方法

具体的な寄付や譲渡の方法として、知人や友人などに譲る方法と、不用品の寄付を受け付けている団体へ寄付する方法があります。

これらの方法では、寄付を受け付けている製品かどうかを事前に調査する必要があり、個人間でやり取りする可能性もあるため、不用品の状態には注意が必要です。

ここでは、具体的な寄付・譲渡方法についての説明と、注意点を紹介しましょう。

 

知人、友人へ譲る

処分に費用もかからず、譲渡してもらった相手も良い条件で製品を得られる方法です。

貰い手を見つけるための声かけをしたり、運搬方法を考えたりなどの調整作業は必要ですが、
自分には不用な物でも、それを必要とする相手がいる場合は、譲渡することをおすすめします。

なお、不用品を譲渡する際のやり取りでは、不満やトラブルが出ないような配慮を心がけましょう。

 

団体へ寄付する

人の役に立ちたいと考えている人には、不用品を受け付けている団体への寄付をおすすめします。自分に必要のない物でも、恵まれない人たちにとっては有用な物も数多くあり、寄付することで社会貢献できるでしょう。

不用品の寄付を募っている団体によって、家具や家電、書籍や洋服など、必要な物は様々です。不用品を寄付する際は、ホームページなどでルールを調べ、相手が不要な物を送らないように配慮しましょう。

 

引越しにおける不用品処分の注意点

引越しで出る不用品は、引越しに間に合うように処分する必要があるほか、家電製品を処分する際のルールや、不用品回収業者の選択にも注意が必要です。

引越し時の不用品処分におけるトラブルを避けるために、ここでは不用品処分の際に知っておくべきことと、注意点について紹介していきます。

 

家電リサイクル法を確認する

家電リサイクル法とは、テレビ、エアコン、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機(衣類乾燥機)など、指定された品目の製品から、材料などをリサイクルし、廃棄物の低減と資源を有効利用するために定められた法律です。

これらの家電製品は、リサイクル料金として家電リサイクル券を購入し、家電リサイクル法に則った処分が必要となります。リサイクル料金は家電製品のサイズやメーカーによって異なるため、事前に調べておきましょう。

なお、収集を依頼する場合は運搬料金が発生しますが、この料金に家電製品の取り外しや移動などの作業料金が含まれない場合もあります。

自分でこれらの作業を行えない場合は、対応可能な業者への依頼が必要となるため注意しましょう。

 

出典:家電リサイクル法|経済産業省

 

スケジュールに余裕を持つ

引越しまでに不用品の処分が終わらないと、引越し業者などに迷惑をかけることになるため、スケジュールに余裕を持って住まいや部屋を片付け、不用品を処分しましょう。

不用品の処分が即日可能な業者などもありますが、時期や業者の都合などによって、処分に時間がかかることもあります。引越しが決まったら、早めに荷造りし、不用品を仕分けておきましょう。

また、売却や譲渡などは、相手が個人の場合、決まるまでに時間がかかる可能性もあるため注意が必要です。

引越し当日までに不用品の処分が間に合わないと、新居へ運搬する荷物が増えます。見積もり以上の引越し費用がかかることもあるため、あらかじめスケジュール立てて処分を進めましょう。

 

怪しい回収業者に気をつける

格安で不用品の処分を受け付けている回収業者や、情報が出回っていないような回収業者への依頼は、トラブルになる可能性があるため注意しましょう。

不用品を回収するためには、市町村長による一般廃棄物処理業の許可を受ける必要があります。これは廃棄物処理法で定められている物で、許可を受けていない業者は不用品を回収できません。

しかし、不用品回収業者の中には、許可を取らずに営業している業者も見られ、このような業者に依頼すると自分もトラブルに巻き込まれる可能性があります。

不用品回収を依頼する際は、事前に業者について調べ、信用できる業者に依頼しましょう。

 

出典:廃棄物の処理及び清掃に関する法律|e-GOV法令検索

引越し時の不用品は自分の状況に合った方法で処分しよう

引越し時の不用品処分は、不用品の種類や引越しまでの期間、費用、処分方法のメリットやデメリットなども考慮し、自分の状況に合った方法で行いましょう。

急な引越しで時間がない場合は、不用品の回収がおすすめです。自治体による回収や業者への依頼も可能なため、状況に合わせて不用品を処分しましょう。

時間に余裕がある場合や、不用品を少しでもお金に換えたい場合は売却しましょう。買取業者に査定してその場で買い取ってもらう方法や、フリマアプリを使用して希望する値段で売り出すことも可能です。また、不用品を寄付、譲渡することで、人の役に立てる場合があることも覚えておきましょう。

引越しの不用品処分には様々な方法がありますが、いずれの場合も引越しに間に合うよう時間に余裕を持つことが大切です。

不用品回収を依頼する際は、家電リサイクル法対象製品かどうかのチェックと、怪しい業者にも十分注意し、スムーズに引越せるように行動しましょう。

 

引越しの予定があり、不用品を売却したいとお考えの方は、査定や送料、キャンセル時の手数料が無料で、幅広いジャンルにおける買取実績も豊富なグッドディールをご検討ください。価値のあるものを適性な価値判断のもと、専門知識豊富なスタッフが査定・お買取りさせていただきます。まずはお気軽にお問い合わせを!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる