エラーコインとは?主な種類と高く売れる硬貨の特徴・取引時の注意点

公開日:2022年1月13日
最終更新日:2022年3月15日

エラーコインと聞いて硬貨の種類や買取について不明に思うことも多いでしょう。本記事ではエラーコインの定義や種類、エラーコインを取引する際の注意点についても説明していきます。エラーコインについて詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

「自分の持っているエラーコインは、もしかしてお宝なのでは?」
「高値が付きやすいエラーコインが知りたい。」
「エラーコインを取引したいが、買取におすすめの店を知りたい。」

エラーコインについて、不明な点や不安な点を持っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、まずエラーコインの定義や主な種類を説明します。高値が付きやすいエラーコインの特徴のほか、取引に際して注意したいポイントも参考になるでしょう。

この記事を読めば、どのような硬貨がエラーコインであるのか、穴なしや刻印ずれといった具体的なエラーコインの種類がわかります。また、どのエラーコインがレアかもわかるため、取引を考えている方にはおすすめの買取店を紹介します。

エラーコインの取引に興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

エラーコインの定義と主な種類

製造工程でミスが起こり、正常に製造されなかった硬貨がエラーコインです。穴なしや穴ずれも、エラーコインの代表的な種類といえるでしょう。

ここからは、エラーコインの定義と主な種類を紹介します。

 

エラーコインとは?

前述しましたが、エラーコイン(Error coin)とは、製造過程のミスで正しく製造されなかった硬貨のことです。通常は検査工程で不合格品として市場に流通する前に取り除かれますが、まれに出回ってしまうことがあります。

市場に出回る機会がほとんどないため、エラーコインは珍品として希少価値が高くなり、高値で取引されるケースもあります。場合によっては硬貨の額面より数倍から数万倍の価値が出ることもあるでしょう。

 

エラーコインの主な種類

一口にエラーコインといっても、穴なしや穴ずれなどいくつかの種類があります。種類によっては額面の何倍もの価値が出ることもあるため、特徴を知っておくのもよいでしょう。

ここからは、エラーコインの主な種類を8つ紹介します。

 

穴なし

穴なしのエラーコインは、本来は穴が開いている場所がふさがっている5円硬貨や50円硬貨のことを指し、コレクターから特に人気のエラーコインとなっています。一目見て穴がないことがわかるため、比較的わかりやすいでしょう。

買取価格は約20万円が相場といわれています。

注意したいのは、昭和24年以前発行の5円硬貨や昭和33年以前発行の50円硬貨です。もともと穴が開いていないデザインで発行されているためエラーコインではありません。

また、そのような硬貨は発行した年号が比較的新しいためプレミア性もなく、美品であっても額面以上の評価価値はあるとはいえないでしょう。

 

穴ずれ

穴ずれのエラーコインは、正常な穴の位置からずれてしまっている硬貨です。穴なしのエラーコインと同様、見つけやすいエラーといえるでしょう。

約5万円から10万円以上が相場となっており、希少価値は穴がずれているほど高くなるという特徴があります。実際に、5万円程度で落札されたこともあるようです。このように、レア度やコレクターの人気も高いことから、比較的高い金額で取引されるエラーコインといえるでしょう。

 

角度ずれ

角度ずれのエラーコインは、表面と裏面でデザインの角度が違う硬貨です。よく確認しないと発見できないため、見つけづらいエラーコインといえるでしょう。

コレクターの人気も高く、現行の買取相場は数千円から数万円となっています。エラーコインは状態によって買取相場が変わるものと心得ましょう。

 

傾打ずれ

傾打ずれのエラーコインは、表裏のデザインの角度がずれている硬貨です。デザイン全体の角度がずれていることから、一見ではわからず非常に見つけづらいエラーコインだといえるでしょう。

傾打ずれのエラーコインはデザイン全体がずれている硬貨であるのに対し、角度ずれのエラーコインはデザインの一部がずれている硬貨という違いになっています。

買取相場は約5万円です。実際のオークションでも、500円玉の傾打ずれが出品され5万円程で落札されています。ずれている角度が大きいほど価値が高くなり、10万円以上で取引されることもあります。

 

刻印ずれ

刻印ずれのエラーコインは、デザインが真ん中よりずれて刻印されている硬貨です。よく確認しないとわからないわずかな差であるため、見つけづらいエラーコインであるといえるでしょう。

コレクターからの人気はそれほど高くないため、買取相場は約2千円から数万円です。買取相場は、刻印ずれの差が大きいほど高くなる傾向があります。

 

裏写り

裏写りのエラーコインは、硬貨の表裏のデザインが重なって刻印されているものです。薄く透けるように見え、一目で確認できるため比較的わかりやすいエラーコインといえるでしょう。

買取相場は約2万円です。主に10円硬貨で発見されるエラーコインであり、ほかの種類の硬貨から見つかった場合はさらに高額になる可能性があります。実際、1円硬貨の裏写りエラーが オークションに出品されたこともあり、60件以上の入札があったようです。

 

影打ち

影打ちのエラーコインとは、両面が同じデザインになっている硬貨です。一度刻印された後に別の硬貨が重なってプレスされることで発生します。一目でわかりそうなエラーではありますが、見逃すことも多いものです。

買取相場は約20万円となっていますが、コレクターからの人気が高く希少価値も高いためさらに高値で取引されることもあるでしょう。

 

ヘゲエラー

ヘゲエラーコインとは、金属が剥がれてしまったコインです。金属の塊が付いていたりめくれがあったり、傷がついているように見えることもあるでしょう。

買取相場は2千円程度から数千円です。コレクター人気が高くないため、エラーコインの状態がよくとも高値が付きにくくなっています。

ヘゲエラーコインは平成より前のものが多いため、平成のものの方が希少価値は高く、比較的高値で取引される傾向があります。

 

高値が付きやすいエラーコインの特徴

刻印ずれの大きさや、硬貨の状態によってエラーコインの取引金額は変わるものですが、ほかにも高値がつきやすいポイントがあります。希少性が高いこともその1つといえるでしょう。

ここからは、高値がつきやすいエラーコインの特徴を紹介していきます。

 

製造年が新しいもの

高値が付きやすいエラーコインの特徴の1つは、製造年が新しいものです。

エラーコインは製造過程の何らかのミスによって発生します。技術の進歩にともない製造過程のミスが減り、エラーコインの発生が少なくなっていることから、製造年が新しいものほど希少性が高く、高値で取引されやすい傾向があります。

また、昭和40年以降に製造されたエラーコインは流通量が少ないという傾向があることも、製造年が新しいエラーコインに高値が付きやすい理由の1つといえるでしょう。

 

発行枚数が少ない年のもの

高値が付きやすいエラーコインの特徴として、発行枚数が少ないことも挙げられます。

貨幣は毎年、貨幣製造計画に基づいて造幣局が製造しますが、記念行事や別の理由である種類の硬貨が製造されなかったり、製造枚数が少なかったりするケースがあります。たとえば昭和62年に発行された50円硬貨は、貨幣セットでしか発行されず一般流通用として製造されていません。

一般に流通している枚数が少ないうえにエラーコインであることは、希少性が高く高値が付きやすいといえるでしょう。

出典:貨幣の製造枚数|財務省

 

エラーコインを取引する際の注意点

エラーコインを見つけたからといって、すぐに買取を依頼するのは早計です。本物かどうかの確認や信頼できる買取店を選択するために比較検討することも必要でしょう。

ここからは、エラーコインを取引する際の注意点を紹介します。

 

本物かどうか確認する

ネットオークションなどでは、まれに第三者によって加工された偽造エラーコインが出回ることがあります。製造年の刻印を削ったり図柄を削ったり、後から穴を埋めるなどされている例です。

故意に加工された硬貨はエラーコインとは見なされないうえに、硬貨を加工する行為は貨幣損傷等取締法違反となります。

エラーコインを見つけてもすぐ取引しようとせず、まずは不自然な加工の跡がないかなど、事前によく確認しましょう。また、自分で判断できかねる場合は、鑑定士や買取業者に見てもらいましょう。

出典:貨幣損傷等取締法|e-Gov法令検索

 

丁寧に保管する

エラーコインを見つけたら、ケースに入れて保管しましょう。

エラーコインは状態によっても値段が変わるものです。財布に入れっぱなしにするなど、雑に扱っていると傷が付くなど状態が悪くなる可能性があります。高価買取を期待するなら、サビに気を付けるなどの注意が必要です。

専用の保管ケースを購入したり、酸化によるサビや汚れを防ぐために密閉容器に入れ脱酸素剤として使い捨てカイロを同封したりするのもおすすめの方法です。

 

信頼できる売却先を選ぶ

査定を受け、相場に見合った適正価格で売るなら、適切な査定を行ってくれる買取店を選ぶのがおすすめです。

エラーコインの買取実績がない店に依頼すると、相場より低い買取価格が付く可能性があります。買取店を選ぶ際には、複数の店に査定を依頼して比較検討するのがよいでしょう。

エラーコイン売却におすすめの買取店の1つが、「グッドディール」です。現在、グッドディールは、古銭や着物、切手など14種類もの商品を出張買取しています。

出張査定でエラーコインを査定し、買取金額に納得できれば、その場にて現金で支払われます。また、無料査定となっており、初めて査定を行うという方にもおすすめです。企業ロゴの入っていない車で査定員が訪問する点も、気軽に査定を依頼できるポイントといえるでしょう。

査定希望のものがあったら、公式サイトから問い合わせをして、自宅に訪問した査定員より詳細を聞くことをおすすめします。

 
グッドディールではエラーコインをはじめ、積極的に古銭・コインの買取を行っております。
お問い合わせはこちら
古銭・コインの買取について詳しく見る
 

エラーコインの種類や特徴を知っておこう

エラーコインには、穴なしや穴ずれなどいくつかの種類があります。製造年やエラーの種類によってはコレクターの人気や希少性が高くなり、額面金額の数百倍という価値がつくケースもあるでしょう。

エラーコインを見つけたら保管状態に気を付け、今すぐ売却しなくとも価値を下げないために、できるだけよい状態で保存しておくのがおすすめです。

本記事を読んで、エラーコインの種類や特徴を知る参考にしましょう。

 

グッドディールではエラーコインや古銭など、価値のあるものを適性な価値判断のもと、査定・お買取りさせていただきます。エラーコインや古銭の価値を知りたい、コレクションを売却したい方はぜひグッドディールへ!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる