「24KGP」の意味は?刻印がない場合の見極め方やメッキの手入れ方法を紹介

公開日:2022年3月14日
最終更新日:2022年3月14日

「金杯の朱肉入れを持っているけれど、24KGPとはどういう意味なの?」
「純金かどうかどうやって確認するの?」
このように金杯を売却したいけれど、純金かどうかわからないと不安や疑問に思っている人は多いのではないでしょうか。
本記事では、「24KGP」の刻印がある金杯の価値や、その刻印がない場合にはどういう方法で見極めればいいのかというポイントを紹介しています。また、純金製品と金メッキ製品の大きな違いなども紹介しています。
この記事を読むことで、金杯の買取方法や手入れをする際に気をつけなければいけないポイントをしっかりと理解できます。また、純金ではない他の刻印にはどのようなものがあり、製法の違いなどという知識も身につけることができます。
金杯の売却を検討している方は、この記事もぜひチェックしてみてください。

 

金杯に刻印されている「24KGP」の意味とは?

金杯や金を使用して作られている金製品には、よく「24KGP」と表示されており、この「24KGP」の意味は、24Kとは異なります。

「24KGP」とは、金メッキという意味で、GPはGold Platedの省略形です。

金メッキは、銀や銅に金のコーティングをした製品のため、使用されている金の量はごくわずかです。また、金メッキ製品が多い理由として、金製品を使用するよりもコストを抑え、様々な場面で使用できることが挙げられます。

スプーンや食器類、一万円札や小判などにも使われている場合があります。

 

「24KGP」の価値

24KGPと刻印されている金杯や金製品は、金としての価値は見込めません。

金メッキの製品は金自体の含有量が少なく、金ではなく製品として価値があるのかどうかということになります。また、金メッキ製品は、使用していくうちにコーティングの金部分が徐々に剥がれてしまう可能性が高いです。

 

「24KGP」の金杯は買取してもらえる?

24KGPと刻印してあるものは、金としての買取は基本的には難しいと言われています。

金メッキ製品のため、金買取専門店で買取してくれるところは多くありません。しかし、メッキ製品の買取も行っている業者に依頼することで、24KGPの金杯や金メッキ製品を買取してもらうことが可能です。

買取を考えている場合は直接店頭に出向くのではなく、一度電話で買取可能なのかを確認した上で、お店に行くことが大切です。

 

金製品としてでなければ買取の可能性あり

24KGPは金製品としてではなく、ブランド品として買い取ってもらう場合は、高い値段で買い取ってもらえる可能性があります。

ブランドが人気のものや高額なブランドであれば、買取の可能性も高くなります。付属品として鑑定書や証明書、商品が入っていた箱が手元にあれば、より高価格で売れる可能性が見込まれます。

24KGPの金杯だけではなく時計やアクセサリーには、ダイヤモンドなど高級な宝石などが埋め込まれている場合もあり、製品自体に価値がつく場合もあります。相場もその都度変わるため、買取業者に買取してもらえるのか確認することが大切です。

 

グッドディールでは金・貴金属はもちろん宝石・ジュエリーやアクセサリーも積極的に買取を行っております。買取可能か確認したい方は是非一度お気軽にご相談ください!
お問い合わせはこちら
宝石・ジュエリーの買取について詳しく見る
金・貴金属の買取について詳しく見る

 

「24KGP」の刻印がない場合の見極め方

刻印がない場合、純金か金メッキかどうかを見極めることは難しいでしょう。そのため、価値のある純金なのかどうか、刻印以外での見極め方をきちんと知っておくことは大切です。

ここからは、刻印がない場合に純金か金メッキ製品なのかを見極める方法を3つ紹介していきます。

 

類似の刻印がないかチェックする

24KGPの他にも、メッキを意味する「GEP」「HGE」という刻印が稀にあります。

24KGPの刻印がない場合でも、GEPやHGEという金メッキに類似した刻印や、純金を意味する24kという刻印がある可能性もあるため、きちんと確認することが重要です。

 

重量を計る

金は金属の中でも比較的重いため、計量器で重量と大きさを量ると金なのか金メッキなのかがわかります。

金の重量に近ければ純金という可能性が高く、金の重量よりも軽ければ金メッキの可能性が高いでしょう。また、見た目よりも軽いと感じた場合も金メッキの可能性が高いと考えられます。

 

磁石がくっつくか試す

純金かどうか見極める時に簡単な方法として、磁石を近づけてみるという方法です。

純金は磁石にくっつくことがなく、金メッキの場合だと磁石に反応する場合が多くあります。

しかし、金メッキでも磁石に反応しない場合があります。例として、銅や真鍮など磁石に反応しない金属を使用している場合があるため、他の方法と併用することが大切です。

 

「24KGP」製品の手入れ方法

これまで24KGPはあまり価値が見込めないと紹介しましたが、ブランド価値や歴史的価値などが認められる場合もあるため、日頃からきちんと正しい方法で手入れをしておくということが重要です。

少しでも価値を下げないようにするため、ここからは24KGP製品の正しい手入れの仕方を3つ紹介していきます。

 

強く擦らない

金メッキ製品には化学製品などで、金メッキを析出させてしまうものもあります。

金メッキは、土台の金属に金のコーティングをしているだけの状態のため、強くこすってしまうと剥がれてしまいます。そのため、手入れをする際には布で汚れを擦り取ろうとするのではなく、優しく表面をふき取るようにすることが大切です。

 

皮脂汚れを放置しない

金メッキは皮脂に弱い性質のため、アクセサリーなど肌に触れる場合、皮脂が原因で色がくすんでいきます。

夏場など汗などをかきやすい季節には金杯などを触らないようにする、身につけた場合には、その日のうちに布などで優しくふき取るというように、皮脂汚れを放置しないようにすることが大切です。

 

スポンジを使わない

金杯に汚れがついてしまった場合は、ぬるま湯でさっと汚れを洗い流し、布で優しくふき取ると汚れを落とせます。また、中性洗剤をお湯で溶かしたものを金杯に入れてすすぐと汚れが落ちます。

磨き方は、布で優しくふき取るだけです。スポンジを使用すると、金メッキ部分が剥がれ傷となる原因となります。

 

「GP」以外の純金でない主な刻印

金メッキ製品を表すGPの他にも、様々な刻印があります。刻印は、その製品が持っている情報を伝える大切な役割を担っています。刻印の種類を知ることで偽物なのかどういう製品なのかということを知れます。

ここからは、GP以外の刻印にはどのようなものがあるのか紹介していきます。

 

HGE

HGEという刻印は、Hard Gold Electro platedの略称で、硬質メッキという意味です。

硬度を高めるため他の金属を添加物として利用しています。添加物を加えた状態で電気処理することで、メッキ部分は合金となります。そのため、一般的なメッキよりも硬度が高くなります。

メッキ製品にマイクロメートル(M)という刻印は、メッキ部分の厚みを示しています。2Mと刻印されていれば、2マイクロメートルの厚みがメッキ部分にあるという意味です。

 

GEP

GEPという刻印は、Gold Electro Platedの略称で、金メッキです。GPとは少し違い、GEPの場合は電気処理で金メッキが作られます。

電気処理は、金の成分を溶かしてある液体の中に、土台である金属を沈め電気を通すことで、液体の中にある金が、土台の金属に析出していくという方法です。

日本では、電解メッキ、電気メッキと呼ばれています。

 

GF

GFという刻印は、Gold Filledの略称で、金張りです。

金張りは、金メッキと同様の作り方ですが、金の厚みが違うというのが大きな特徴です。しかし、重量比率で全体の5%以上に金が含まれていない場合、金張りと認められません。

よって金張りの製品の刻印には、「1/20」「14/20」と、5%以上の金を含んでいるという表記があります。

 

RGP

PRGという刻印は、Rolled Gold Plateの省略で、金張りという意味です。

しかし、GFの金張りとは異なり、金の量が少ないです。GFと同様の製法ですが、5%に満たない金の量の製品なので、RGPと刻印されています。

GFなど金張りとPRGをまとめてゴールドオーバーレイという表現の仕方もあります。英語では、Gold Overlayと表記します。

 

純金を表す刻印は?

純金には、Kというアルファベットと、24分率の重量比率を示す数字が刻印されています。例として、K24という刻印が製品にある場合、ほぼ100%の純金です。

KTやKPという刻印があるという場合も、純金を表す刻印です。KPという刻印がある製品の製造元がアメリカという場合が多く、他にも国によって刻印が異なる場合があります。

金にはゴールドだけではなく様々な色があり、刻印には色の頭文字のP(ピンク)、Goldを示すGとしてPGと刻印されます。

 

「24KGP」と刻印された製品も買取査定に出してみよう

純金だと思っていたのに刻印を確認したら金メッキ製品だったということもあるかもしれません。しかし、金メッキ製品だから価値が全くないというわけではありません。

日頃からしっかりとした手入れ、付属品を保存状態が良いまま残しておく、というような意識が大切でしょう。

金メッキ製品を買い取ってもらいたい場合、正確に鑑定してもらえて信頼でき実績のある買取業者に買取査定してもらうことが大切です。

 

グッドディールでは、金・貴金属はもちろん、ジュエリー・アクセサリーなど、価値のあるものを適性な価値判断のもと、専門知識豊富なスタッフが査定・お買取りさせていただきます。お持ちの金・貴金属、ジュエリー・アクセサリーの価値を知りたい、コレクションを売却したい方はぜひグッドディールへ!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる