長野オリンピック記念500円硬貨の買取相場は?高価で売却するコツも紹介

公開日:2022年1月13日
最終更新日:2022年3月24日

「長野オリンピック記念500円硬貨って、買取価格はどのくらいなのだろう」
「高価で買い取ってもらうコツってなんだろう」
オリンピックの記念硬貨を高価での買取や売却を考えている方が、このように不安や疑問を抱えていることも多いのではないでしょうか。

この記事では、主に長野オリンピック記念硬貨の中でも500円硬貨について取り上げ、その価値や買取相場、売却する方法などについて詳しく解説しています。

また、長野オリンピックで発行された4つの記念硬貨の相場や、長野オリンピック以外の記念硬貨の種類について、相場を含めて紹介します。

この記事を読むことで、不安や疑問がなくなり、長野オリンピック500円硬貨をできるかぎり高価で売却できるようになるでしょう。記念硬貨を持っており、買取や売却を検討されている方はぜひ最後まで読み、損をしない売却方法の知識を身につけましょう。

 

目次

長野オリンピック記念硬貨ってどんなもの?

長野オリンピック記念硬貨は、平成10年の長野五輪冬季大会を記念して、閣議の決定を経て発行された価値の高い硬貨です。これらオリンピック記念硬貨の買取や売却を行う前に、それぞれの硬貨の価値を知っておくことが大切です。

ここでは、オリンピック記念硬貨の歴史や長野オリンピック記念硬貨の価値について紹介していきます。

出典:記念貨幣一覧|独立行政法人 造幣局

オリンピック記念硬貨の歴史

記念硬貨は、お祝い事などを記念し閣議の決定を経て発行されます。オリンピック記念硬貨は、オリンピックの開催を祝った硬貨です。硬貨の売り上げ利益は、全てがオリンピック運営費にあてられます。

日本で最初の記念硬貨は、昭和39年の東京オリンピックです。発行された記念硬貨は、これまで紙幣ではなく全て硬貨となっています。

 

長野オリンピック記念硬貨は高値になる可能性がある

長野オリンピックの記念硬貨は、500円白銅貨、5000円銀貨、10000円金貨が第一次~第三次と3回に分けて発行されています。すべて絵柄違いで、合わせて9種類の硬貨があります。

その中でも10000円硬貨は、高い価格がつく金貨である上に、表面に加工を施したプルーフ貨幣となっておりプレミア価値がつきます。長野オリンピック記念硬貨は保存状態によっては高値の買取が期待できるでしょう。

 

長野オリンピック記念500円硬貨の買取価格相場は?

長野オリンピック記念硬貨は、発行枚数や素材によって買取価格が変わります。500円硬貨の素材が白銅貨で、絵柄は第一次~第三次と発行時期で異なっており、スノーボード、ボブスレー、スキーの3種類です。

500円硬貨は発行枚数も多く、1つの絵柄が2,000万枚で希少性は低いです。そのため、500円硬貨の買取相場は1,000円前後となるでしょう。

 

長野オリンピック記念硬貨を高値で買い取ってもらう7つのコツ

長野オリンピック記念硬貨は、保存状態や買取方法によっては高価で買い取ってもらうことができます。できるだけ高価で買い取ってもらうためには、いくつか注意点やポイントを押さえておく必要があるでしょう。

ここでは、査定を依頼する業者の特徴や硬貨の保存方法など、高価で買い取ってもらうための7つのコツを詳しく紹介します。

 
  • 複数の業者の買取相場を比較する
  • 硬貨を自分で磨かない
  • オリンピックが開催されている時期に売却する
  • ケースに入れたままにしておく
  • 金・銀・プラチナなどの時価を確認しておく
  • 付属品を一緒に保管しておく
  • 出張買取を活用する

 

1:複数の業者の買取相場を比較する

硬貨の買取は、1つの業者だけではなく複数の業者の相場を比較することが大切です。業者によっては、買取や価格をつける基準が異なる場合もあります。

業者の中でも、査定やキャンセルが無料の業者を選ぶと良いでしょう。複数の業者での提案を比較し、できるかぎり高値な買取を提案してくれる業者を探し、損をしない売却にしましょう。

 

2:硬貨を自分で磨かない

きれいな硬貨が高値で買取されると思い、自分で硬貨を磨くことはやめましょう。自分で磨いたり洗浄したりすることで、硬貨の表面に傷がつき、せっかく高価で買取できたであろう硬貨の買取価格が下がってしまう可能性があります。

売却するまで保存状態に気をつけて、決して自分では磨かずに保管しましょう。そして、買取業者にそのまま査定してもらうことをおすすめします。

 

3:オリンピックが開催されている時期に売却する

オリンピック開催中の時期は、それ以外の時期と比べてオリンピック記念硬貨への注目度が高まるため、高値で売却できます。500円硬貨の相場は900~1,000円ですが、この時期の売却はより高値な買取価格を期待できるでしょう。

前回のオリンピック記念硬貨の場合であっても、開催される毎に高値で買取されることが期待できるため、タイミングを見計らって売却することがおすすめです。

 

4:ケースに入れたままにしておく

硬貨は購入の際に入っていたケースを捨てずに、そのまま大切に保管しておきましょう。ケースに入れたまま保存しておくと、傷や汚れを防ぎ、硬貨の良い状態を保つことができます。

また、硬貨だけに価値があるのではなく、硬貨とケースがセットになっている物の方が高く買取されるケースが多いでしょう。

 

5:金・銀・プラチナなどの時価を確認しておく

記念硬貨は、金・銀・プラチナ・白銅貨などの貴金属です。それらは時価があり、相場が毎日変動することを覚えておきましょう。

金・銀・プラチナなどの時価は、1ヵ月の間に1,000円以上の差が生じる場合も珍しくありません。できるかぎり高値で売却するために日々の相場推移をチェックし、高値の時期を狙って売却しましょう。

 

6:付属品を一緒に保管しておく

オリンピック記念硬貨の買取に際して、硬貨だけの価格よりもケースや付属品がセットになっている場合の方が高く売却できます。台紙や説明書などの付属品は、コインコレクターにとって貴重であると言えるでしょう。

高価買取をしてもらうために、ケースや付属品など購入時のセットをそのまま保管し、信頼できる業者に査定を依頼してみましょう。

 

7:出張買取を活用する

高価で買い取ってもらうために、買取実績が豊富である業者の出張買取を活用しましょう。出張料や査定料、キャンセル料などを無料で行う業者も多くあります。

家にいながら業者が査定・買取を行うため、店舗に出向く必要性がありません。出張買取を活用すると、記念硬貨を持ち歩き、店舗に出向くことにより落としたり傷つけたりする心配もないでしょう。

 

長野オリンピック記念500円硬貨を売却する方法

長野オリンピック記念の500円硬貨は、売却の時期や保存状態によって価値が変動します。価値が高いうちに売却するためにも、専門ではない業者に依頼して損をしないよう、ポイントを押さえておくことが大切です。

ここでは、長野オリンピック記念硬貨の中で、500円硬貨を安心して売却するための2つの方法について紹介します。

 
  • 専門の業者に買取を依頼する
  • 銀行で換金してもらう

 

専門の業者に買取を依頼する

オリンピック記念硬貨の売却は、金や銀、プラチナなどの貴金属の査定や硬貨の買取を専門としている業者に依頼することが大切です。専門の業者であれば、時価や保存状態、付属品などから適正な買取価格を提案してくれます。

大切に保管しているご自身のオリンピック記念硬貨を、高い価格で売却できるよう、あらゆる知識を持った専門的な買取業者を選びましょう。

 

グッドディールではオリンピック記念硬貨をはじめ、積極的に記念硬貨・古銭の買取を行っております。
お問い合わせはこちら
古銭・記念硬貨の買取について詳しく見る 

 

 

銀行で換金してもらう

オリンピックの記念硬貨は、銀行で申請すれば現在流通している紙幣や硬貨に換金してもらえます。査定などの必要がないため、簡単に現金を得られる方法です。

ただ、硬貨の額面以上の高値で売却できないため、できるかぎり高価で売却したい場合は銀行の換金はおすすめしません。銀行で換金した方がいいのか、買取専門業者に依頼した方がいいのか、見極めることが大切です。

 

500円硬貨以外に長野オリンピックで発行された記念硬貨の4つの種類と相場

長野オリンピック記念硬貨には、500円白銅貨の他に5000円銀貨、10000円金貨も発行されています。それぞれ第一次~第三次と3回に分けて発行されており、発行枚数や絵柄などが異なり、買取価格の相場も変わります。

硬貨を売却するにあたり、長野オリンピック記念コイン価値を知っておきましょう。ここでは、500円硬貨の他にも発行された記念硬貨の4つの種類と相場について詳しく紹介します。

 

1:長野オリンピック記念硬貨・3点プルーフセットの買取価格相場

記念硬貨には、表面を鏡のように磨いたプルーフ貨幣が発行されています。3点プルーフセットは、10000円金貨・5000円銀貨・500円白銅貨となり、未使用で4~6万円が相場です。

オリンピック記念硬貨の中でも長野オリンピックで発行されているプルーフ貨幣の10000円金貨は枚数が少ないため、より高値の買取が期待できるでしょう。

 

2:長野オリンピック記念硬貨・2点プルーフセットの買取価格相場

長野オリンピック記念硬貨の2点プルーフセットは、5000円銀貨と500円白銅貨の2個セットであり、未使用であれば額面~6,500円が相場となります。

長野オリンピック記念硬貨5000円の価値は、綺麗な保存状態であれば額面以上の6,000円前後の買取価格が期待できるでしょう。

 

3:長野オリンピック記念硬貨・10000円金貨の買取価格相場

長野オリンピック記念硬貨の10000円金貨は、他の硬貨とは異なり単独で発行されており、全て表面が鏡のように磨かれているプルーフ硬貨となっています。

10000円金貨1個は5万円前後が相場となり、プレミアム価格が期待できる硬貨です。第一次~第三次までそれぞれ5.5万枚と発行枚数も少ないため、希少価値がある硬貨でしょう。

 

4:長野オリンピック記念硬貨・5000円銀貨の買取価格相場

長野オリンピック記念硬貨の5000円価値は、硬貨の額面~6,000円前後が相場です。発行枚数は、第一次~第三次それぞれ500万枚と数多く発行されています。

500円白銅貨とは異なり額面以上の買取価格が期待できるため、銀行での換金よりも買取業者を利用するのがおすすめです。

 

長野オリンピック以外の日本開催オリンピックの記念硬貨3種類

日本で開催されたオリンピックは、長野オリンピック以外にも冬季の札幌オリンピック、2回にわたり開催された東京オリンピックがあり、それぞれオリンピック記念硬貨が数多く発行されています。

ここでは、3種類のオリンピック記念硬貨について、現在の買取価格の相場も含めて紹介していきます。

 

1:札幌オリンピック(1972年)

1972年に開催された札幌オリンピックは、冬季五輪としてアジアで初めて開催された冬のオリンピックです。この開催を記念して発行された硬貨は、100円白銅貨だけであり、発行枚数は3,000万枚となります。

残念ながらこちらの記念硬貨は、現在はプレミア価値がつかない硬貨とされています。

 

2:東京オリンピック(1964年)

1964年に開催された東京オリンピックは、日本で初めて開催されたオリンピックです。この開催を記念して発行された硬貨は、1000円銀貨1,500万枚と100円銀貨8,000万枚となります。

100円銀貨も1000円銀貨も、そこまで希少価値はなく、額面と同様の金額で買取されることが多い硬貨です。

 

3:2020東京オリンピック(2021年)

2021年に開催された2020東京オリンピックの記念硬貨は、もともと2016年に発行されている硬貨です。その種類として、1000円銀貨が各5万枚ずつ2種類あります。

1000円銀貨の他にも、オリンピック競技大会開催引継ぎ記念や第一次~第四次と4回に分けて数多く発行されています。パラリンピックの開催もあり、全37種類のセットが発行されている特別なオリンピックとなりました。

よって、これらの硬貨は額面以上の買取が期待できる硬貨となっています。

 

長野オリンピック記念500円硬貨の買取価格相場について知ろう

この記事では、長野オリンピック記念硬貨の中でも500円硬貨を取り上げて、オリンピック記念硬貨の歴史とともに、硬貨を高値で売却するコツや発行されている他の硬貨について詳しく紹介しました。

お手元にある記念硬貨を、オリンピック開催時期に合わせたり時価などのタイミングを見計らったりして、高値で買取をしてもらえるよう専門の買取業者に査定を依頼してみましょう。

大切に保管している長野オリンピックの500円硬貨を満足できる価格で売却できるよう、この記事の内容をぜひ参考にしてください。

 

グッドディールでは記念硬貨や古銭など、価値のあるものを適性な価値判断のもと、査定・お買取りさせていただきます。記念硬貨や古銭の価値を知りたい、コレクションを売却したい方はぜひグッドディールへ!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる