ラクーン毛皮を買取に出す際のポイントとは?主な特徴なども併せて紹介

公開日:2022年3月30日
最終更新日:2022年3月30日

「ラクーンの毛皮を使ったコートは高い値段で買い取ってもらえる?」
「ラクーンとは何の動物で、毛皮にはどんな特徴があるの?」
「ラクーン毛皮のアイテムを高く買い取ってもらうにはどうしたらいい?」
ラクーン毛皮があしらわれたアイテムは豊富にありますが、ほかの毛皮と比べて希少性や買取相場がわからない、という人も多いのではないでしょうか。

この記事では、ラクーン毛皮の種類や特徴、年代による毛皮の種類の違い、買取に出す際の注意点などをまとめました。

この記事を読むことで、ラクーン毛皮の価値や、高額買取されているアイテムの傾向や、高く買い取ってもらうためのコツがわかります。それにより、所持しているラクーン毛皮を使ったアイテムを高額で買い取ってもらえる可能性も上がるでしょう。

ラクーン毛皮をできるだけ高額で買い取ってもらいたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ラクーン毛皮とは?

ラクーン毛皮の「ラクーン」とは、英語でアライグマのことを指します。

現在、市場に出回るラクーン毛皮、ラクーンファーと呼ばれるものは、その名の通りアライグマの毛皮が使われたものです。

 

ラクーン毛皮の主な特徴

ラクーン毛皮の大きな特徴は、茶緑褐色から緑褐色のやや長い刺し毛と、暗褐色の綿毛による保温性・耐久性の高さです。

アライグマの尾の部分にあたる、黒と黄褐色のリング状の模様も大きな特徴といえるでしょう。綿毛が染色しやすいため、個性的なデザインの毛皮も多く流通しています。

量産しやすく長く使用できるため、比較的安価で実用性の高い毛皮のひとつです。

 

2007年以前のラクーン毛皮の種類

2007年以前は、アライグマとタヌキの毛皮が一部の消費者の間で同じものと認識されてしまい、問題になっていました。

大きな原因は、アライグマが英語でラクーンと呼ばれるのに対し、タヌキは英語でラクーンドッグと呼ばれ、店頭の商品はどちらもラクーンと表示されるケースがあったためです。

現在は、タヌキの毛皮を使っているものはわかりやすく表示するように決められていますが、2007年以前のラクーン毛皮を使った商品はタヌキの毛皮の可能性もあるため、しっかりと査定してもらう必要があるでしょう。

 

出典:ラクーンの表記に関して|一般社団法人 日本毛皮協会

アライグマの毛皮

アライグマの毛皮、すなわちラクーン毛皮として流通しているのが、アメリカ産のアメリカンラクーン、カナダ産のカナディアンラクーンです。

ラクーン毛皮に使われるアライグマは北米のアライグマであり、アジア東部周辺にのみ生息するタヌキとは別の動物になります。

 

タヌキの毛皮

2007年以前にアライグマの毛皮と混同されていたのが、主にロシア産のロシアンラクーン、中国産のチャイニーズラクーンです。

ほかにも、フィンランドで飼育されているタヌキを使ったフィンラクーンという種類もあり、この3種類は現在、国内で素材名を表記する場合「タヌキ」の名称を併記するよう定められています。

 

出典:ラクーンの表記に関して|一般社団法人 日本毛皮協会

ラクーン毛皮を買取に出す際のポイント

比較的安価で手に入るラクーン毛皮ですが、できるだけ高い値段で買い取ってもらうには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

ここからは、ラクーン毛皮を買取に出す際のコツや、自宅で管理している間に注意すべき点などを解説していきます。

 
  • 正規店で買ったものを買取に出す
  • 2007年以前に購入したものは専門家に鑑定してもらう
  • 日々の手入れを怠らない
  • ブランド品とセットで買取に出す

 

正規店で買ったものを買取に出す

ラクーンの毛皮は安価で入手しやすい傾向にあるため、毛皮自体に高額の査定がつく可能性は少ないでしょう。しかし、さまざまな衣服に使用されていることが多い素材です。

そのため、ブランド正規品にラクーン毛皮が使用されているものであれば、高額での買取も期待できるでしょう。

国内外の数多くのブランドでラクーン毛皮は使われており、ハイブランドも例外ではありません。このようなアイテムは、ブランド正規店で購入したものを買取に出すのがおすすめです。

 

2007年以前に購入したものは専門家に鑑定してもらう

2007年以前に国内で購入したものは、専門家に毛皮の鑑定をしてもらうのがおすすめです。

ロシアンラクーンやチャイニーズラクーン、フィンラクーンの3つの表記であればタヌキの毛皮とわかりますが、「ラクーン」とだけ表記されていてどちらの毛皮かわからないケースもあります。

毛皮の種類を見分けるのは素人には難しいため、表記だけで判断できないものは専門家に鑑定してもらいましょう。

 

日々の手入れを怠らない

毛皮製品の買取で重視されるのは毛皮のコンディションとなるため、日々のお手入れや管理が重要になります。

たとえば、毛皮は臭いを吸収しやすいため、着用したまま香水やヘアスプレーを使用すると臭いが移ってしまいます。ほかにも、摩擦などに弱く、埃を吸い込みやすいなどの特性もあり、大変デリケートな素材です。

使用後は毛を傷めないように軽くたたいて埃を落とし、帽子などは汗や香水などの臭いが残らないよう陰干しします。長期間の保管の際は、光による変色を防ぐため通気性のあるカバーをかけて、毛が押しつぶされないように保管しましょう。

 

濡れた場合はクリーニングに出す

雨や雪などで濡れて、水分が根元まで浸透してしまった場合は、クリーニングに出しましょう。

クリーニングに出す際には「パウダークリーニング」という、毛皮専用のクリーニングにしましょう。通常のドライクリーニングは、毛の艶が失われたりパサついたりする原因になるため、避けてください。

表面が軽く濡れた場合は、よく振って水気を切り、乾いたタオルで毛並みに沿って拭きあげ、日陰干しで自然乾燥させます。毛皮は熱や光に弱いため、直射日光で乾かしたり暖房器具やドライヤー、アイロンで乾かしたりするのは厳禁です。

 

ブランド品とセットで買取に出す

ブランド品の袖口や襟元、フードなど、ワンポイントでラクーン毛皮が使用されている場合は、毛皮部分だけでなくセットで買取に出すのがおすすめです。

ラクーン毛皮は比較的安価なため、毛皮部分だけでは価値がつきにくくなります。買取業者や商品の保存状態によっても変わりますが、ノーブランドのマフラーで相場は1,000円前後といったところです。

毛皮があしらわれたブランド品のアイテムはそのままセットで買取に出し、購入時のタグなどの付属品があれば一緒に持ち込みましょう。ハイブランドのコートなどであれば、高額買取も期待できます。

 

グッドディールではラクーンをはじめ、積極的に毛皮の買取を行っております。毛皮だけではなく、ブランド品の査定・買取実績も豊富なスタッフが査定いたします。価格を知りたいだけでもOK、ぜひお問い合わせください!
お問い合わせはこちら
毛皮の買取について詳しく見る

 

 

アライグマは希少性が低く高値になりにくい

アライグマは希少性が低く、毛皮の量産もしやすいため、高値になりにくい傾向にあります。

しかし、さまざまなブランドで使用される素材のため、ハイブランドのアイテムであれば高値での買取も期待ができるでしょう。できるだけ高く買い取ってもらうためには、手入れにもしっかり気を配り、購入時の状態をキープしておくのが重要です。

 

使わないラクーン毛皮を買取査定に出してみよう

この記事では、ラクーン毛皮の特徴や価値、買取に出す際のポイントなどを紹介してきました。

ラクーン毛皮の希少性は低いものの、さまざまなブランドやメーカーのアイテムに使用されているため、買取価格はブランドの価値にも左右されやすいといえるでしょう。

また、買取価格はトレンドによっても変動する傾向があります。毛皮は時間とともに劣化していく素材である点も含めて、買取を希望の際には早めに専門業者へ相談するのがおすすめです。

 

毛皮の売却をお考えの際は、査定やキャンセルが無料で取り扱い実績の多いグッドディールをご検討ください。グッドディールでは価値のあるものを適性な価値判断のもと、専門知識豊富なスタッフが査定・お買取りさせていただきます。毛皮商品の高価買取を実施しております!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!