天皇陛下御即位記念10万円金貨は買取査定に出すべき?押さえるポイントも紹介

公開日:2022年3月7日
最終更新日:2022年3月29日

10万円金貨について、ご存知でしょうか。何かの記念で作られて、買取などで高い価値を持っているものは、色々と存在しており、その中に10万円金貨があります。

また、10万円金貨は、場合によっては額面以上の価値が出ることもあります。

この記事では10万円金貨がどういったものか、10万円金貨の相場、どのような種類があるか、高く買取してもらうにはどうすれば良いかなどについて解説します。

この記事を読めば、10万円金貨を適切な売値で買い取ってもらうためにはどうすれば良いかわかるでしょう。10万円金貨の相場や、高い値段で売るためにはどのようにすればいいか知りたい方は、是非この記事をチェックしてみましょう。

 

10万円金貨とは?

第二次世界大戦後に発行された記念コインの中でも特に買取価値の高い純金製の金貨があり、製造されている記念金貨の額面には10万円と5万円、そして1万円の3種類が存在しています。

その中で、額面が10万円になっている金貨が10万円金貨であり、10万円硬貨または10万円記念硬貨と呼称することもあります。つまり10万円金貨は、記念コインの中でも特に高価なものと言えます。

 

プルーフ金貨の価値

プルーフ金貨は長年の間造幣局から発売されている硬貨です。コレクター要素が高く、古銭を集めている人々の間で高い人気を誇っています。そもそもプルーフ金貨は、新しい貨幣の試作品として作られる試鋳貨幣のことでした。

それが試作品以上の価値を得た結果、コレクター向けアイテムになりました。未使用のプルーフ金貨複数枚をケースに入れて販売した、プルーフ貨幣セットというものも存在します。

価値はプルーフ金貨ごとに大きく異なるため、古銭専門の買取業者に査定を依頼するなどして、適正価格で買取をしてもらえるようにすることが重要です。

また、貨幣を洗うなどして劣化させてしまうと価値が下がる恐れがあるため、保管方法には注意しましょう。

 

2枚存在する10万円金貨の違い

10万円金貨には、「天皇陛下御在位60年記念10万円金貨」と「天皇陛下御即位記念10万円金貨」の2種類が存在します。表面と裏面ともにデザインが大きく異なるため、判別は容易です。

まず、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は2羽の鳩が向かい合うデザインです。そして、天皇陛下御即位記念10万円金貨は1羽の鳳凰が大きく描かれています。

2枚の10万円金貨について、さらに詳しく解説します。

 

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は、昭和61年から62年にかけて、日本造幣局より発行された金貨です。天皇陛下御在位60年記念10万円金貨について、発行された理由、発行枚数、金の質量、そしてデザインの4つを具体的に解説します。

 

発行された理由

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は、名前の通り、昭和天皇御在位60年記念を祝い、日本造幣局より発行されました。

もう1つの金貨とは、天皇が違うため混同しないようにしましょう。

 

発行枚数

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨の発行枚数は、昭和61年に約1,000万枚、62年に約100万枚となっています。いずれの金貨も、日本造幣局より発行されました。

 

金の質量

金の質量は、直径約33mmに対して重量約20gです。純金製で、天皇陛下御即位記念10万円金貨と比べると質量は少なめになっています。

金質量が少なめになっている理由は、貿易摩擦を解決するために、材料の金を大量にアメリカから輸入したところにあります。金の価値の関係で通貨として使われないことを想定して、額面価格で販売しました。

 

デザイン

デザインは表面が「鳩と水」、裏面が「菊の紋章」になっています。天皇陛下御即位記念10万円金貨と見分けることは比較的容易です。

大きな違いとしては、天皇陛下御即位記念10万円金貨が大きな鳳凰が1羽デザインされているのに対して、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は2羽の鳩が向かい合っているデザインになっている点です。

 

天皇陛下御即位記念10万円金貨

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、平成2年に日本造幣局より発行された金貨です。

天皇陛下御即位記念10万円金貨について、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨同様、発行された理由、発行枚数、金の質量、そしてデザインの4つを具体的に解説します。

 

発行された理由

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨と同様に、明仁上皇が天皇に即位されたことを記念して、日本造幣局より発行されました。

前述のとおり、もう1つの金貨とは天皇が違うため、混同しないように気をつけましょう。

 

発行枚数

天皇陛下御即位記念10万円金貨の発行枚数は、約200万枚です。

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨と比較すると、少なめであると言えるでしょう。さらにそのうち約10万枚は、500円白銅貨とセットで発行されました。

 

金の質量

天皇陛下御即位記念10万円金貨の金の質量は約30gで、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨の約20gより10g重くなっています。10gの違いは、金貨の重さとしては重要な差であると言えます。

純金は1gの差で価値が大幅に変わるため10gはかなり大きな違いであり、天皇陛下御即位記念10万円金貨は、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨と比較すると、かなり価値が高いということになります。

 

デザイン

デザインは表面が鳳凰と瑞雲、裏面が菊の御紋と桐と唐草になっています。

対して、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は、表面が向かい合う2羽の鳩、裏面が菊の紋章のみとなっており、見分けるのは容易です。

 

天皇陛下御即位記念10万円金貨を買取してもらうポイント

天皇陛下御即位記念10万円金貨は上手く買い取って貰うことで高く売ることが可能です。しかし、そのためにはあらかじめ色々なことを知っておかなければなりません。

相場や保存方法、さらには買取業者の選び方など、様々な面においてより買取で優位に立つためのポイントがあります。天皇陛下御即位記念10万円金貨を買取してもらうにあたって、押さえておくべきポイントを具体的に4つ解説します。

 
  • 金相場が高騰している時期を狙う
  • 丁寧に保存する
  • 金貨を自分で手入れしない
  • 複数の買取業者の見積もりを取る

 

金相場が高騰している時期を狙う

買取してもらう際に非常に重要なのが、売るタイミングです。10万円金貨が今いくらであるかは決して一定ではありません。純金であるが故に金相場によって価値が変動します。

金相場は、金の価値の目安となる取引価格のことを指し、基本的には市場に金が多く出回っているときに下がり、逆に少なくなれば上がる傾向にあります。しかし、ただ金の出回っている量だけで価値が決まるというわけではありません。

金相場は社会情勢や経済情勢によっても変動するため、かなり複雑です。間違ったタイミングで売ってしまった場合、大きく損をしてしまうリスクがあります。金貨の買取をしてもらう際は、金相場を注意深くチェックしましょう。

金相場が高くなっている時に買取に出すのがおすすめです。

 

丁寧に保存する

10万円金貨を高値で買取してもらうためには、保存状態も重要です。金貨に傷や汚れがついていたり、欠損などがあったりした場合には買取価格が下がってしまいます。そのため、金貨は丁寧に保存しておきましょう。

保存状態により提示価格通りの買取とならないこともあるため、買取を決める前にあらかじめ査定依頼や問い合わせを行っておけば、安心して買取をしてもらうことができます。

 

金貨を自分で手入れしない

高い価格で買い取ってもらうために、気をつけなければならないことがあります。それは金貨の手入れについてです。原則として、10万円金貨を自分で手入れすることは控えましょう。

保管状態のせいで、金貨が汚れたりくすんだりしてしまうことはしばしばありますが、そこで自ら磨いたり洗浄したりした場合、金貨の状態が悪化してしまうかもしれません。

最悪の場合、手入れをしたせいで価値が下がってしまうことさえあるため、保管していたままで買取に出すことが推奨されます。

 

複数の買取業者の見積もりを取る

金貨を買い取ってもらう際は、一カ所だけではなく複数の買取業者の見積もりを取ることが推奨されます。なぜなら10万円金貨の買取価格は、決して一律ではなく、店舗によって大きく異なることがあるためです。

基本的には金相場を基準に買取価格が決まりますが、その上で店舗ごとに差があります。中には買取価格を公表していない店舗もあり、注意が必要です。

複数の店舗で見積もりを取り、最も適切であると判断できる店舗で買い取ってもらうことが重要であると言えます。

 

グッドディールは最新の相場情報に基づいて、高価査定・買取しております。積極的に古銭・記念硬貨の買取を行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
古銭・記念硬貨の買取について詳しく見る 

 

 

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は銀行で換金する

次に天皇陛下御在位60年記念10万円金貨はどうすればいいかという話になりますが、こちらは銀行で換金してもらった方がより良いと言えるでしょう。

こちらの金貨は、天皇陛下御即位記念10万円金貨と比較すると金の質量が少なめであるため、金貨としての価値が低く、それに伴い買取などで高額の査定になる可能性もかなり低くなっています。

そのため、わざわざ買取で高額を狙うよりは、銀行で10万円に換金してもらった方が良いでしょう。

 

10万円金貨の違いを知って買取してもらう

10万円金貨価値は高く、上手く買取をしてもらえば高額の査定も期待できますが、そのためには買い取ってもらう際のコツを知っておく必要があります。

10万円金貨一つとっても、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨と天皇陛下御即位記念10万円金貨でどのように買い取ってもらうかが異なっているため、そのあたりを理解しておくことも重要です。

10万円金貨の違いや、買い取ってもらうためのコツをしっかりと把握して、適切に買い取ってもらいましょう。

 

グッドディールでは古銭や記念硬貨など、価値のあるものを適性な価値判断のもと、査定・お買取りさせていただきます。古銭や記念硬貨の価値を知りたい、コレクションを売却したい方はぜひグッドディールへ!

 

この記事が参考になったら、シェア・いいね・保存をお願いいたします!

他の記事をみる